症例別

【シェルティーの皮膚科診療】アポキル+抗生物質が効かない 

2021.09.21

こんにちは、犬の皮膚科専門院の四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回は、シェルティーの症例です。

 

 

 

【症例】

シェルティー  4歳  女の子(不妊手術済)

 

【経過】

〇1歳前から季節性のない痒み

〇アポキル、抗生物質、ステロイドでの治療を受けたが良くならず

〇湿疹が完全に無くなったことがない

 

 

それでは初診時の様子をご覧下さい。

 

 

まずはお腹側の全体です。

 

こちらは、胸辺りのアップです。

分かりにくいかもしれませんが、毛がすかすかな状態です。

 

そして、お腹の部分とそのアップの写真です。

膿皮症の症状もお分かり頂けると思います。

毛の質もごわごわしていて、皮膚の状態も悪いです。

 

 

 

こちらは側面からみた写真です。

 

更に、毛をかき分けたところです。

アンダーコートが正常に生えていないのと、こちらも膿皮症の症状が分かります。

 

 

 

それでは改善した様子をご覧ください。約、1年後の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの治療には、まず腸内環境を整える為にサプリメントの服用、外側からのアプローチにスキンケア用品を使った自宅でのスキンケアを行って頂きました。

 

膿皮症や基礎疾患への治療の為の投薬治療も開始し、1ヶ月後には痒みが減り、湿疹もかなり減りました。

治療開始から4ヶ月後には毛並みも回復し、まだ完全なゼロではなかった湿疹の治療を続け、開始から6ヶ月頃には湿疹がゼロになりました。写真でもお分かり頂けるように、毛の量が正常な量になりました。毛の質もふわふわです。

その後もサプリメントと、スキンケアを続けて頂いています。

投薬にはアポキルや抗生物質も使いました。今回改善に繋がったのは、きちんと見極めて正しく投薬することと、他の原因に対するアプローチが必要でした。

 

このように原因を見極めて治療し、適切な治療を続けていくと、このように改善することができます。

 

わんちゃんの皮膚病や毛並みの事で何かお悩みがありましたら、是非当院にご相談下さい。

また、関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診させて頂き、その後の診察をオンライン診療で行うこともできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくはこちらからご覧頂けます。⇒東京サテライト

 

 

 

今回の治療に使用した、獣医師開発のオリジナルのサプリメント(スキンケアECプラス)と、スキンケア商品はこちらのホームページからご覧いただけます。⇒サプリメント・スキンケア商品

 

 

 

【症例報告制作者】  看護師 森

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【ウェスティの心因性治療】舐め癖による脱毛

2021.09.18

心因性の治療にも力を入れている皮膚科専門の動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回はウェスティの舐め癖治療の症例です。

 

 

【症例】

ウェスティ  2歳3ヶ月  女の子(不妊手術済)

 

【経過】

〇生後7か月から手をよく舐める

〇痒くより、舐める・かじる行動が多い

〇ステロイドの服用、サイトポイント(注射)での治療効果はあまり無かった

 

 

 

それでは初診時の様子です。

まずは全体の写真です。

 

 

 

次は首と、首~胸のアップの写真です。

 

 

 

 

続いては足(前足)の写真です。

よく舐める場所なので変色や赤み、毛も薄くなっています。

 

 

 

 

 

そしてお腹側の全身写真と、胸とお腹のアップです。

薄毛と、お腹の辺りには色素沈着が見られます。

 

 

 

 

 

こちらは側面から見た写真です。

一見、足以外はそんなに問題ないように見えるかもしれませんが、地肌の色が少し分かります。

毛の量が正常な量ではないのです。

 

 

毛をめくってみると、アンダーコートが正常に生えていないことが分かります。毛の質もごわごわしています。

そして脂漏症の症状も出ています。

 

 

 

 

 

それでは3ヶ月後の状態をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、心因性とホルモン疾患に対する治療を行いました。

手などを異常に舐めるのは痒みのせいではなく、心因性の場合があります。痒みのせいなのか、そうではないのかを見極めて治療をすることで、この子の場合は1ヶ月も経たないうちに手舐めの頻度が半分ほど減りました。

1ヶ月経つ頃には足先の赤み、腫れが引き、それから更に1ヶ月後には毛が生えてきました。お腹の色素沈着も改善されています。

 

そして、ホルモン疾患への治療により正常な毛が再生してきています。

特に首~胸、お腹や股の部分はふわふわの毛が再生して、毛量が増えているのがお分かり頂けると思います。

脂漏症の症状も落ち着いた事で、毛並みもぺったりした感じからふんわりした質感になりました。

 

 

その子によってどんな疾患や心因性の原因があるかは、個体によって様々です。

当院ではその子それぞれに合った治療を探り行っています。

ですので、皮膚病がなかなか良くならない、原因がよく分からないなど、わんちゃんの皮膚病の事でお困りのことがあれば是非、当院までご相談下さい。

 

尚、関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診させて頂き、その後の診察をオンライン診療で行うこともできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくはこちらからご覧頂けます。⇒東京サテライト

 

今回の治療で使用したサプリメント(パーソナルケアpⅡ+)、飼主様に頑張って頂いたスキンケアの商品はこちらからご覧頂けます。⇒サプリメント・スキンケア商品

 

 

 

【症例報告制作者】  看護師 森

 

 

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【MIX犬の毛並み治療】免疫・ホルモン異常の脱毛

2021.09.07

毛並みの治療も行っている皮膚科専門の動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

今回はMIX犬の症例です。

 

 

【症例】

MIX(ポメラニアン×スピッツ)  6ヶ月  女の子

 

【経過】

〇お迎えしてすぐに痒みと脱毛

〇全身の痒み

〇手足などを噛んだり舐めたりすることもある

 

 

それでは初診時の様子をご覧ください。

まずは全体の写真です。

 

 

 

続いては首から胸の写真です。

地肌の色が見えています。

 

 

 

続いては脇~足の写真です。

毛が薄くなっているのがお分かり頂けると思います。

 

 

 

 

そしてお腹側の全体と、お腹~足の写真です。

全体的に毛が薄く、お腹に至ってはほとんど毛がありません。

 

 

 

 

こちらは側面の様子です。

側面や背中も薄毛になっています。

 

 

これは側面の毛をめくったところです。

アンダーコートも見られず、脂漏症の症状もみられます。

 

 

 

それでは治療開始から3ヶ月後の写真をご覧下さい。

かなり毛の量が増えました。

毛並みも以前とは違いふわふわしています。

 

 

 

 

今回の治療にはアポキルはほとんど使用していません。

基礎疾患である免疫やホルモン異常への治療を行いました。並行して腸内環境を整える為のサプリメントも使っています。

治療スタートから、1ヶ月後には毛並みが良くなってきて、痒みも減りました。

最後の写真(3ヶ月後)でもお分かり頂けるように、アンダーコートが再生し、毛並みも変わり、脂漏症の症状も無くなりました。

 

このように、なぜ痒みや毛並みの異常が起こっているかの原因を見極めて、適切な治療を行うことで毛並みをも改善させることができます。

 

 

皮膚病が良くならない、原因が分からないなど、わんちゃんの皮膚病の事でお困りのことがあれば是非、当院までご相談下さい。

 

尚、関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診させて頂き、再診をオンライン診療で行う継続治療を受けることもできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくはこちらからご覧頂けます。⇒東京サテライト

 

今回の治療でも使用したサプリメント(スキンケアECプラス)はこちらからご覧頂けます。⇒サプリメント

 

 

 

【症例報告制作者】   看護師 森

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【パピヨンの皮膚科治療】アポキルが効かない、膿皮症

2021.08.17

こんにちは、パピヨンの膿皮症などの治療も行っている皮膚科専門の動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回は、パピヨンの症例です。

 

【症例】

パピヨン 4歳 女の子(不妊手術済み)

 

【経過】

〇2020年8月頃からお腹を舐めるようになった

〇お腹、四肢、お尻の脱毛

〇アポキルが効かず、ずっと治らない

 

それでは、初診時の写真をご覧ください。

まず最初に、正面です。

 

続いて、身体の全体と拡大したものです。

 

こちらは、お腹とその拡大です。

 

 

 

こちらは、お尻の写真です。

 

初診時から、約5か月後と比較してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

膿皮症の治療には抗生剤の処方が一般的ですが、この子はあえて飲まず、ホルモン異常のアプローチとお家でのスキンケア、腸内環境を整えるサプリメントでの治療を行いました。

お腹や身体のかさぶたは無くなり、脱毛があったお腹、四肢、お尻か綺麗に生え揃いました。そして、以前は硬かった毛も人生で初めて柔らかく、フワフワになりました。

 

今回治療で使ったスキンケア商品やサプリメントは、オンラインショップでもご購入いただけます。

 

このようにアポキルが効かない、なかなか治らないという方や他の皮膚の症状でお困りの方も是非当院までご相談ください。

関東圏にお住まいの方には、継続治療をオンラインで行う遠隔診療も提供しています。

※症状によってできないこともございます。

詳しくは東京サテライトのご案内をご覧ください。

 

【症例報告作成者】 看護師 佐野

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【マルチーズの脂漏症】免疫、ホルモン異常へのアプローチ

2021.08.17

マルチーズの脂漏症、アトピーの治療も行っている皮膚科専門病院の四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回は、マルチーズの症例です。

 

 

【症例】

マルチーズ  7歳  男の子(去勢済み)

 

【経過】

〇4、5ヶ月前から症状が出た

〇アポキルを一週間服用後痒みは治まったがまた再発

〇1歳の頃には脂っぽかった

 

 

それでは初診時の様子をご覧下さい。

 

まずは首から胸の写真です。

地肌が見え、毛が薄くなっています。

 

 

次はお腹全体と脇、胸辺りです。

 

 

 

こちらは脇の寄り写真です。

脂漏症の症状もお分かり頂けるかと思います。

 

そしてお腹部分です。

お腹の部分の毛がありません。

 

そして側面からの写真です。

 

こちらは側面からの首から肩のものです。

毛がぺったりしてオイリーなのが分かります。

こちらも地肌の色が見えています。

 

そして最後は足です。

 

 

 

それでは治療後との比較をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は治療開始から3ヶ月後のものになります。

まずお分かり頂けるのは毛並みだと思います。脂漏症特有の脂っぽさが無くなり、ふわふわの毛になりました。

 

今回は月に1度程度の院内薬浴と、基礎疾患と心因性(舐め癖)への投薬治療を行いました。治療開始から1ヶ月も経たないうちに痒みが減り、皮脂量も減ってきました。

元々、シャンプーをして3日で脂っぽくなっていたのが、3ヶ月後には、シャンプーをして1ヶ月経っても毛がふさふさしている状態にまでなりました。

 

このように、痒いから痒み止めを服用する。のではなく、その子にある基礎疾患や、必要な処置、色々な方向からのアプローチによって症状は改善します。そして、その基礎疾患や、性格、状態はその子によって色々あります。

ずっと皮膚病が良くならない、原因が分からないなど、わんちゃんの皮膚病の事でお困りのことがあれば是非、当院までご相談下さい。

 

尚、関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診させて頂き、再診をオンライン診療で行う継続治療を受けることもできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくはこちらからご覧頂けます。⇒東京サテライト

 

今回、院内薬浴、飼主様の行うスキンケアで使用しているスキンケア用品は、獣医師開発のオリジナルの物になります。

気になる方はこちらからご覧いただけます。⇒スキンケア・サプリメント

 

 

 

【症例報告作成者】  看護師 森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【イタグレの皮膚病治療】痒みと毛並みの異常

2021.06.19

 

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回は、イタリアン・グレーハウンド(通称イタグレ)の皮膚病治療の症例報告です。

 

【症例】

イタリアン・グレーハウンド 3歳 男の子(去勢済み)

 

【経過】

〇元々身体に湿疹が出やすかった。

〇2020年7月から左の頚部が脱毛し、痒みが出てきた。

〇脱毛部分が少しづつ拡大してきた。

 

それでは、初診時の状態を見ていきましょう。

 

こちらは頚部の左側と、その拡大です。

 

 

頸部正面です。

 

胸部です。

 

この初診時から、治療後の状態と比較してみましょう。

 

 

 

 

 

主に症状が出ていた、左側の頚部の湿疹と脱毛は見事に再生しています。

左側の頚部以外に、毛も密度があまりなく皮膚の色が見えている頚部の正面は、真っ白できれいな毛が生えてきており、胸部はツルツルで毛がほぼ生えていない状態から、毛の流れがわかるくらい見事に毛が生えそろいました。

 

【症例報告制作者】 看護師 山崎

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【パピヨンの脱毛治療】アロペシアX(毛周期停止)

2021.06.15

 

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回は、パピヨンの脱毛症「アロペシアX(毛周期停止)」の治療症例です。

 

【症例】

パピヨン 6歳 男の子

 

【経過】

〇2年前から毛並みが悪くなり、一時期良くなったが再び脱毛してしまう。

〇頚部・胴体・臀部に脱毛が顕著に出ており、痒がる。

 

 

それでは、初診時の状態です。

まずは、身体の正面です。

 

続いて身体の側面とその拡大です。

 

 

続いて頚部とその拡大です。

 

 

続いて胸部です。

 

続いて腹部です。

 

続いて背中全体です。

 

最後に‎臀部です。

 

 

それでは、治療後の状態と比較してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初診時と比べると、明らかに毛量が増え毛が生えそろってきました。

脱毛で皮膚が丸見えになってしまっていた部分にも、見違えるほどきれいな被毛が再生しています。

治療前のゴワゴワして硬くなっていた毛も、パピヨンらしい柔らかな毛になり、毛ツヤもアップしました。

 

【症例報告制作者】 看護師 山崎

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【柴犬の皮膚病治療】アポキルが効かない特別な理由

2021.06.12

【症例】

 柴犬 12歳 女の子(不妊手術済)

【経過】

 〇10歳から皮膚トラブル(それ以前は、皮膚トラブルはなし)

 〇顔(目・耳・口唇・下顎)を掻く

 〇お尻を吸ったり噛む

 〇四肢・四肢端・お腹を舐める

 〇アポキルが効かない

 

はじめに顔の正面と横側から。


目のまわりや耳、口まわりが赤く、毛がまだらになってしまっています。

 

続いて腹部、左後足の内側、そして右後足の内側です。

 

こちらも皮膚が赤く、毛が生えそろっておらず毛並みも悪いです。

 

では、この初診時から約8カ月後の状態と比べてみましょう。


 

まだらだった顔周りの毛は見事に生えそろい、赤みもなくなりました。

腹部も赤く硬くなっていた皮膚はピンク色のやわらかい皮膚に戻り、ふわふわな毛も生えてきました。

作成:看護師 山崎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当院で紹介している柴犬のほぼすべてが「特別な治療」を行っています。

この症例も例外ではなく、特別な治療で改善しています。

柴犬は「アトピー」「アレルギー」と言われやすいのですが、もし単純なアトピーであればアポキルやサイトポイントでコントロールできます。

もし食物アレルギーであれば、対応している食事療法できれいに改善します。

そうでないときは・・・・

「食物アレルギーではないかも?」

「何か見落としているかも?」

という視点が必要です。

当院ではそういった「アポキルが効かない」の症例で、見落とされている視点からアプローチすることで治療成績を向上させています。

この症例にもアポキルを使っていますが、本当の意味でアポキルが効かないのではありません。

「アポキルが効かない」ではなく「アポキルが効かない理由が見落とされている」です。

お困りの方は当院への受診をお勧めします。

関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診て、再診をオンライン診療で継続治療を受けることもできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

 東京サテライト開設ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【東京サテライト】フレブルの脂漏症の根本的治療

2021.05.20

フレンチブルドッグのアトピー・アレルギー・脂漏症などの皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

先日、獣医師同士の「今後のオンライン診療について」という会議(もちろんオンライン会議)があったのですが、「本当に1回の直接診療で皮膚病治療ができるのか?」とご質問がありました。

「医療に絶対はない」が口癖ということもあって「絶対ではない」「一部例外はいる」と前置きしつつも、「10中8,9以上の症例で十分な治療成績がでる」とお答えしました。

というよりは、「1回も診なくても写真だけで十分」というのがより的確な表現かもしれません。

 

ということで、東京サテライトの症例報告です。

東京サテライトの診療は1回目は直接対面での診療となりますが、2回目以降はオンライン診療へ移行します。

実際に目で確認できるのは初回の1回なのですが、事前にメール&写真で評価してから診る流れを取っており、本当は「実際に診る初回の1回の前のメールの時点で治療法は確定」しています。

この「事前の評価」がぶれたことはまだ1例もいません。

「診てから考える」ではなく、「決まってから診て、確認する」です。

今回もそんな「メール&写真で決めた通りの診療」で改善した症例報告です。

【症例】

フレンチブルドッグ

beforeは看護師がいないため、飼主様保定ということもありわかりやすいポジションで撮影できていません。

afterは飼主さまご自宅での撮影のためいつものようなきれいな比較画像ではありませんが、ご了承ください。

 

お腹のフォーカスが少し甘いので、この写真の1カ月前の写真で脂漏&毛並みの改善をお伝えします。

著しい改善が認められました。

診断と治療法の決定は写真だけで、当日は確認と説明です。

検査もしますが、基本的には「除外」のためであって、検査で病名と治療法がわかるとは捉えていません。

関東にお住いの方で、痒みを伴う皮膚炎の治療でお困りの方は問合せフォームよりお申込み&ご相談ください。

診療に関する詳細は、東京サテライトをご確認ください。

 

最近はインスタも更新していますので、ぜひフォローしてください♪

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【トイプードルの皮膚病】アトピー・ホルモン異常・心因性

2021.02.17

こんにちは。アトピー治療に力を入れている四季の森どうぶつクリニックです。

今回はトイプードルの症例を紹介します。

【症例】

トイプードル

【経過】

痒み(掻く、噛む)

梅雨頃から夏に悪くなるが、症状は一年通してある

 

それでは初診時の状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではここからは治療後との比較です。

※写真をクリックすると大きくすることができます

 

 

 

 

 

 

かなり改善していますね。

痒みも落ち着き、掻いたり噛んだりすることもかなり減りました。

また、毛量も増え、毛質もかなり良くなりました。

投薬治療に加え自宅でのスキンケアなども行い、ここまで改善することができました。

当院ではアトピー性皮膚炎以外にも、様々な皮膚病に力を入れて治療を行っています。

皮膚病のことでお悩みの方はぜひ当院までご相談ください。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop