皮膚科ブログ

  • HOME
  • 皮膚科ブログ

【トイプードルの皮膚科治療】アポキル、ステロイドか効かない異常な噛み癖

2021.11.23

トイプードルの皮膚科治療にも力を入れている、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回は、トイプードルの症例をご紹介します。

 

 

 

【症例】

トイプードル  14歳1ヶ月  男の子(去勢済)

 

【経過】

〇アポキル、ステロイドを服用していたが効果なし

〇サイトポイントも効果がなかった

〇出血するほど噛む

 

 

では、初診時の様子です。

 

 

まずはお顔(横向き)の写真です。

目の周り、口の周りの脱毛が激しく、肌もごわごわとしています。

 

 

 

 

次に足の写真です。

噛んだり、舐めたりする事が辞められず、赤み、腫れ、脱毛、出血、傷跡があります。とても痛々しい状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは4ヶ月後の写真をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手足を異常な程舐めたり噛んだりし、飼主様が声をかけても辞めず、更に酷いと悲鳴をあげながら出血するまで噛むほどでした。

他にもクッションやバスタオルなども噛み、怒りっぽくなったそうです。

5年間このような状態が続き、アポキルやステロイドの服用、サイトポイントの注射をしても効果が出なかったのです。

 

今回、当院では心因性に対する必要な投薬治療を行い、同時に腸内環境を整え(スキンケアECプラス)、投薬とは別にサプリメントでも心因性にアプローチをしました(パーソナルケアpⅡ+)。

3ヶ月後には舐める回数が大幅に減り、毛の量も増え、明らかな元気が出てきました。心因性の原因を抱える子たちは、改善により性格にも変化が見られる事が多いのです。

 

この子の場合は投薬治療が必要な例です。必要な投薬は大切な治療です。

この様にただ痒くて掻くのではなく、心因性からくる痒みの衝動を上手くコントロールすることが大切です。

 

皮膚病には色々な原因があります。

噛み癖や、アポキルが効かないなど、わんちゃんの皮膚病の事でお困りの事がありましたら、是非当院にご相談下さい。

 

今回の治療でも使用した当院オリジナルのサプリメント、スキンケアECプラス(腸内環境を整えます)、パーソナルケアpⅡ+(心因性のアプローチに服用しました)、は当院のホームページでご覧頂けます。⇒サプリメント&スキンケア製品

 

尚、関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診させて頂き、その後の診察をオンライン診療で行うこともできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくはこちらからご覧頂けます。⇒東京サテライト

 

 

【症例報告作成者】 看護師 森

 

 

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop