皮膚科ブログ

  • HOME
  • 湿疹・膿皮症

【トイプードルの皮膚科専門外来】舐め癖&掻き壊し

2019.04.25

アポキル・ステロイドといった痒み止めのお薬が効かない舐める・掻くといった皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

トイプードルはアトピー、脂漏症、ホルモン異常の他にも心因性の皮膚トラブルが多いなど、かなり難治性になる場合があります。

今回は一見重度ではないのですが、特徴的な皮膚病で同じような症状のわんちゃんの飼主さまには知ってほしいことなので紹介します。

 

【症例】

 トイプードル 4歳 女の子(避妊手術済)

【経過】

〇生後4歳(約半年前)にブリーダーから譲渡

〇引き取ってこの半年ずっと皮膚トラブルがある

〇痒みは「前胸を舐める」「陰部を舐める」「背中を真っ赤になるまで掻く」「顔をこする」「前肢端を舐める」

それでは初診時の状態を紹介します。

続いて、頚部~前胸部です。

 

続いて、左前腕の屈曲部位です。

続いて、胸部とその拡大です。

 

 

続いて、この胸の部位の毛をカットした後の状態です。

 

続いて、背中と皮膚炎の局所拡大です。

背中全体をみると一見なにもないようにみえますが、たった1か所だけ非常に炎症の強い部位があります。

この半年間、背中ではこの1か所だけをずっと掻いているそうです。

背中の他の部位にこの赤み、ないし痒みがでたことはないそうです。

 

 

初診時から2週間後の状態です。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

舐め癖がつよく、真っ赤&脱毛していた部位ですが、舐めるのがとまったため、赤みもなくなり発毛しています。

 

左前腕の内側(屈曲部)ですが、同じく舐め動作がなくなったので皮膚炎が消失しました。

 

この部位には部分的に「感染」があり、心因性である舐め癖と感染の炎症の2種類が混在しています。

 

舐める・掻くといった症状はほぼゼロになりました。

写真は掲載していませんが、背中の皮膚炎&痒みもゼロになりました。

 

 

今回の症例のポイントです。

①舐め癖が強い

四肢端を舐める症状もですが、前胸部をずっなめるという行動は非常にめずらしく、一般的な痒み行動ではありません。

②同じ部位を掻き続ける

背中ですが、広い範囲でみると一見皮膚病変はありませんが、1か所だけ掻き壊して真っ赤になっています。

このように「ピンポイント」で皮膚炎が起きつづけているのも心因性の特徴の1つです。

③痒み以外にも特徴的な行動が多い

これは診察室での表情や動き(行動)をよく観察すればかなりの確率で診断できます。

また日常の行動について飼主さまからお話をきくことで、同じく推測できます。

皮膚病治療だからといって、皮膚の診た目と検査で診断治療するのではなく、そのわんちゃんの「行動」をよく観察することが重要です。

 

こういった症例には感染症の除外のために積極的なスキンケアと、心因性へのアプローチが必要です。

もちろん当院が開発したスキンケア&サプリメントが非常に有効です。

適切な診断&治療とともに【医療にプラスのケア】痒みケアスターターセットをご使用いただければ非常に効果的です。

このタイプはスキンケア単独では絶対によくならないため、スキンケアECプラスとパーソナルケアPⅡ+が非常にお勧めです。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【トイプードルの皮膚病】アポキルが効かない脂漏症②

2018.12.15

トイプードルのアトピー・アレルギーなど脂漏を伴う皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回の症例は以前紹介したトイプードルの脂漏症のその後です。

 前回記事 ⇒ 【トイプードルの皮膚病】アポキルが効かない脂漏症

 

初診時の詳しい状態は前回記事をご覧ください。

改めてよくなった部位の比較を行います。

初診時の状態から。

まずは右前腕。




 


 

 





 


 

 

それでは初診時からわずか6週間後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。


変化としては、

 ・痒み:ほぼなし

 ・脂漏:ほぼなし

 ・毛の再生

 ・エリザベスカラーを完全に外すことに成功

です。

・・・・・・・・・・

【獣医師の解説】

今回の症例のポイントは

 ①脂漏をどうコントロールするか?

 ②痒みをどうコントロールするか?

 ③エリザベスカラーを外せるか?

です。

①に関しては投薬とスキンケアが非常に重要ですが、アポキルでは抗脂漏が難しいためその他のプランが推奨されます。

②痒みは2種類の痒みがあるため、アプローチ方法を2~3つ用意して臨まなければいけません。

 それこそアポキルで痒みをコントロールできない典型症例なのですが、その理由は最後の腰背部~臀部の病変ですね。

 前腕の痒みも心因性が一部含まれていますが、腰背部~臀部の痒みはほぼ心因性といっても過言ではないです。

この心因性のアプローチがなければ③エリザベスカラーを外すは難しいでしょう。

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【トイプードルの皮膚病】舐め癖(心因性)とアトピーの混合型

2018.12.15

トイプードルのアトピー・アレルギーなど手舐め・足舐めなど痒みを伴う皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

今回はトイプードルの症例です。

 

【症例】

トイプードル 5歳5ヶ月 女の子(避妊手術済)

 

【経過】

〇1年半ほど前から突然痒がるようになった

〇季節性は無く、年中痒い

〇四肢端と足裏を舐める

〇口周りを掻く

 

それでは初診時の状態です。

まずは体の正面です。

 

左前肢の足裏とその拡大です。


 

 

それでは、初診時から約2週間後の状態と比較してみましょう。
※写真をクリックすると大きくすることができます。

 

 

足裏の赤く荒れていた部分に綺麗に毛が生え、赤みも引きました。

このような症例にはアポキルと心因性のアプローチを同時に行うことが重要です。

アポキルを使いつつ、当院が開発したサプリメント「ヒーリングケアLFプラス」を使うことでアポキルを徐々に減らすことができます。

当院で開発したスキンケア&サプリメントは以下のオンラインショップでお買い求め頂けます。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【トイプードルの皮膚病】アポキルが効かない脂漏症

2018.11.29

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回はトイプードルの症例です。

 

【症例】

トイプードル 6歳3ヶ月 男の子(去勢手術済)

 

【経過】

○2歳頃から痒み、年々悪化

○季節性はほぼ無し

○エリザベスカラー着用(外すと掻く、噛む)

○食事療法を行ったが改善しなかった

○ステロイド、アポキルを数年飲み続けているが改善しなかった

 

それでは、初診時の状態です。

まずは、体の正面です。

 

頚部です。

 

前胸部です。

 

腹部~内股です。

 

右前肢の付け根です。

 

胴体です。

 

左側面です。

 

左大腿部です。

 

それでは、初診時から約3週間後の状態と比較してみましょう。
※写真をクリックすると大きくすることができます。

     

 

全体的に毛が濃くなり、フケは無くなりました。

痒みも減り、掻くことも無くなったので、このままエリザベスカラーが外せるよう

頑張っていきたいと思います。

【症例報告制作者】 看護士 長尾

  症例のその後 2018年12月15日 アポキルが効かない脂漏症②

  ※エリザベスカラーを完全に外すことができ、脂漏・痒みを完全に抑えることができました。

・・・・・・・・・・

【獣医師の解説】

このタイプも「アポキルが効かない」の典型症例の1つで、トイプードルではよく診ます。

今の皮膚科の問題点がつまったような症例で、「アポキルが効きにくい」「食事療法が間違っている」「心因性が見落とされている」「スキンケアが不十分」というのが初診時にわかるタイプです。

4点すべてが「検査ではわからない(答えがみつけられない)」という抽象的なポイントなのが難治性になる理由ですね。

ただ当院では初診時からこのタイプに即効性のある治療プランを提供できるため、短時間で改善させることができます。

次回、カラーを外して問題ない状態を紹介できると思います。

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【トイプードル】アトピー&脂漏&脱毛&心因性

2018.06.05

トイプードルに多くみられるアロペシアX(毛周期停止)、アトピー・アレルギー、癖やストレスなど精神的な要因を含ん心因性の痒い皮膚病治療に力をいれている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

トイプードルは皮膚病が多いわけではないと思うのですが、トイプードルがゆえの遺伝的体質から難治性の皮膚病になってしまうことがあります。

「難治性」と一言にいっても色々とあるのですが、本当の意味で治りが悪いことはほとんどありません。

多くは典型的な体質のため、1つずつ的確なアプローチをしていくと非常に綺麗に改善します。

「よくならない」ということで当院を受診する飼主さまから過去の治療歴を伺うと、このアプローチで躓く「陥りやすいポイント」が見えてきます。

〇アポキル

 アポキルを使って痒みが止まらないと次の選択肢がない

〇抗生物質

 抗生物質で改善が認められないときに「ずっと同じものを服用し続ける」「効かないため抗生物質を処方しない」「抗生物質を変更しつづける」

〇食事療法

 食物アレルギーを疑い魚、ポテト、動物性蛋白なし、アミノ酸系・・・・色々試す

こういった点は陥りがちなポイントで、迷走する原因になります。

アポキルが効かないときはアポキルが効く痒みとは異なる痒み原因へのアプローチを考えるとうまくいきます。

抗生物質が効かないときは「抗生物質が効く病変なのか再検討」「抗生物質が効くのか検査」「そもそも菌が増える理由はどこにあるのか?」を考えていくとうまくいきます。

食事療法は「そもそも食物アレルギーなのか?」から考えていく必要があります。

要するに皮膚病が治らない原因は1つではなく複数、同時にすべてへのアプローチがそろわないと改善しないこともあります。

今回紹介する症例は、そんなわずかなズレの積み重ねでよって難治性になっていた症例です。

【症例】

 トイプードル 4歳半 男の子

【経過】

 〇4ヶ月前から皮膚トラブル(痒み&脱毛)

 〇手舐め、足舐め、口唇をかく、繰り返す背中の湿疹

それでは初診時の状態をみてみましょう。
まずは顔の正面。

続いて、口唇(左)です。

続いて、右側。

続いて、頚部です。

続いて、胸部とその拡大です。

続いて、腹部です。

続いて、背中とその拡大です。

続いて、側面とその拡大です。

初診時から約3ヵ月後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

非常に綺麗に改善しました。

改善点①毛並み

全体的に薄毛でしたが、フワフワの状態にもどっています。

トイプードルの薄毛ではアロペシアX(毛周期停止)か、その他のホルモン異常かいくつかありますので各種検査が必要です。

時に難しい判断になる検査結果となり悩むことはありますが、それなりのアプローチ方法がありますので改善の余地は高いと考えています。

改善点②湿疹

特に薄毛の部分(胴体)に全体的に認められた湿疹(膿皮症)ですが、抗生物質をやめてもほぼコントロールできています。

※現在初診から半年以上経過しましたが、湿疹の再発はほぼなし

改善点③脂漏

口唇、四肢を中心に「かひ」を認めましたが、綺麗な状態を保っています。

改善点④手舐め・足舐め・痒み

基本はアトピーでいいのですが、アトピー単独であれば過去のシクロスポリンやステロイドで十分に緩和できていたはずです。

改善できなかった理由は心因性なのですが、心因性だけで痒かったわけではないため、アトピー対策と心因性対策の両方を行えばバランスが取れます。

しつこい手舐め・足舐めは心因性へのアプローチにより改善しました。

トイプードルは他の犬種に比較して薬の反応が非常にいいタイプの子が多いので、アプローチ方法さえ間違わなければかなりの確率で治療成績がよくなります。

トイプードルの皮膚病治療でお困りの方は当院を受診してみてください。

なお今回のトイプードルのアトピー、脂漏、心因性、湿疹には当院が開発したスキンケア&サプリメントは非常に効果的です。

当院が開発したスキンケア&サプリメントは以下のオンラインショップからお買い求めいただけます。

脱毛はスキンケア&サプリメントでは改善せず、アトピー・脂漏・湿疹の治療成績にも関わりますので、必ず適切な投薬治療を併用しましょう。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

トイプードルの手舐め・足舐め・腕噛みなどしつこい痒み

2018.06.04

トイプードルのアトピー・アレルギーなど、アポキルが効かない痒い皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

当院の高い治療成績を支えるの特徴の1つは「心因性の診断と治療」と考えています。

というのも心因性は数値化できる検査がないため、今の皮膚科診療から置き去りにされており、治療成績に差が出る原因疾患の一つになっています。

逆にいうと、この心因性掻痒症に取り組むことで治療成績は飛躍的に向上します。

今日紹介する症例はそんな典型的な心因性掻痒症のトイプードルのわんちゃんです。

【症例】

 トイプードル 4歳半 女の子 

【経過】

 〇1歳のころから痒み発症

 〇季節性はない

 〇ステロイドは少しだけ効果あり

 〇シクロスポリンによる改善効果はなかった

 〇一番痒みは足の裏を舐める(手舐め、足舐め)、2番目は腕を噛む&舐める

 〇鼻回りの痒み、目の痒み、耳はたまに

 〇背中も噛む

 〇食物アレルギー対策として病院療法食での食事療法継続中

それでは初診時の状態をみてみましょう。

続いて、頚部~前肢です。

続いて、右前肢の腕の内側です。

続いて、左前肢の腕の内側です。

続いて、右前肢端です。

続いて、右前肢端です。

続いて、背中です。

同じく背中のよく噛んでいる部位の拡大です。

続いて、後足の裏、左右です。

それでは初診時から約2か月後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

この写真では大きな変化がないように見えますね。

続いて、右前肢です。

元々赤みがつよくなかっためこの右前肢も変化はわかりにくいかもしれません。

続いて左前肢です。

この左前肢は赤みもなくなり、毛並みもよくなったのがわかると思います。

続いて、背中のその拡大です。

写真ではわかりにくいですが、噛みちぎって毛並みがわるかったものがきれいになりました。

もちろん背中の痒みはゼロになりました。

最後に両後肢に裏です。

綺麗に改善しました。

当院の症例の中では「見た目は重症ではない」のですが、ステロイドや免疫抑制剤を使用して改善しないというのは難治性の部類に入ると思います。

心因性の搔痒にはステロイド、アポキル、免疫抑制剤(シクロスポリン)といった一般的な皮膚科の治療薬での反応が悪く、心因性への直接的な投薬治療をしなければ改善しないままです。

もちろん心因性の痒みだけしかないわけではないため、治療は複数のアプローチを併用は必要です。

肝心の心因性に対する治療ですが、一つは当院が開発したリラックス系(心因性・癖対策)のサプリメント、ヒーリングケアLFプラスです。

初診時にアポキルとこのヒーリングケアLFプラスを処方しただけですが、2回目の診察までには痒みの大半は消失していました。

そしてアポキルとヒーリングケアLFプラスの2つで抑え切れなかった痒みに追加(初診時にすでに伝えていた予定通り)の処方を行い、ほぼすべての痒みが消失しています。

当院の症例報告で時々でてくるこのヒーリングケアLFプラスですが、アポキルとの相性が非常にいいです。

特にトイプードル、マルチーズ、ヨーキー、ポメラニアン、シーズー、チワワなどの小型犬腫の手舐め・足舐め・腕噛み・腰噛みにはかなり効果的です。

アポキルが多少きくけど、残った痒みに何かプラスというときにお勧めです。

このヒーリングケアLFプラスにはアトピーやアレルギーの緩和、免疫系への強化というメリットもあるため、毎日使うことでアポキルを減らすことができるわんちゃんはかなりいるのではないかと思います。

今回紹介したトイプードルのわんちゃんでもアポキルを併用しましたが、今は週2~3回の頓服的服用でほぼ痒みは落ち着いています。

適切な診断・投薬治療の上での使用をお勧めしていますので、お困りの方はぜひ当院を受診してください。

紹介したヒーリングケアLFプラスは当院のオンラインショップからお買い求めいただけます。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

トイプードルの手足を舐める皮膚病治療について

2017.11.27

トイプードルのアトピー・アレルギーなど、手舐め・足舐めの治療で高い治療成績を残している四季の森どうぶつクリニックです。

先日は脂漏性マラセチア性皮膚炎のトイプードルを紹介しましたが、今日は異なるタイプの症例報告です。

トイプードルはシーズーやフレンチブルドッグよりも多彩な表現形をもった遺伝的素因をもっていますので、「トイプードルのどのタイプか?」を診極めなければいけません。

今日紹介するタイプもかなり非常に多く、世間では難治性皮膚炎であてはまる症例です。

【症例】

 6歳 トイプードル 女の子(避妊手術済み)

【経過】

 〇1年前からつづくかゆみ・赤み・脱毛

 〇足先の痒み、口唇の痒み

 〇手作り食事療法で改善しない

 〇皮膚科を受診するも「特に問題ない」で治療プランは提案されず

それでは初診時の状態です。

まずは口唇です。

続いて前肢端。

この初診時から7週間後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

赤み・フケもなくなり、毛並みもよくなりました。

肝心の痒みもほぼなし、手をなめなくなったということです。

症状の改善に7週間かかったわけではなく、症状は治療8日後の2回目の診察時にはほぼ消失していました。

現在は痒み止めのアポキルを半分に減らしても全くぶりかえすことがなく、頓服服用という治療レベルに到達しました。

今回の症例の治療で非常に有効だったのが当院のサプリメント「ヒーリングケアLFプラス」です。

トイプードルやシーズー、チワワ、ポメラニアン、ヨーキー、ダックスフンドなどの犬種と特に相性がいいです。

このヒーリングケアLFプラスは当院オンラインショップでお買い求めいただけます。

また提携している以下の動物病院でも診察の上、処方を受けることが可能です。

 京都市 よこた動物診療室

 静岡市 あん動物病院

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【トイプードルの皮膚科診療】アトピー&脂漏性皮膚炎

2017.11.26

トイプードルのアトピー・アレルギーや脂漏症の治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

この1週間は大阪の学会参加、京都での遠隔診療と仕事を詰め込みすぎてブログ更新が滞ってしまいました。

遠隔診療については色々報告したいこともあるので、また改めて記事にしたいと思います。

今日はトイプードルの皮膚病治療の症例報告です。

【症例】

  4歳 トイプードル

【経過】

 〇1年前から継続する痒み

それでは初診時の状態です。

薬浴治療のために初診時に毛をカットしたため、全身カット後の状態を紹介します。

まずは全体像。

続いて、頸部とその拡大。

続いて、右前肢。

続いて、左前肢。

続いて、胸~腹部。

続いて、右膝の内側の拡大。

続いて、左内股の拡大。

脛~カカトの拡大。

それでは初診時から6週間後の状態と比較してみましょう。

もちろん毛が生えていますが、毛並みのよさ、そして毛をかきわけた皮膚コンディションの比較に注目してください。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

臭い、フケ、痒みともにほぼパーフェクトの改善が認められました。

トイプードルの皮膚病がみなこのタイプではありませんが、トイプードルの体質の1つとして非常に多い典型例といえます。

治療は非常に簡単でシンプルなアプローチで、投薬治療・スキンケア・サプリメントです。

スキンケアで重要なのはオイルとシャンプー、長期的な体質改善のためにはサプリメントがかなり効果的だと実感しています。

今日紹介したわんちゃんもすでに治療経過半年ほどすぎていますが、投薬治療を減らしつつもぶり返しにくい体質になっています。

当院で開発したスキンケア商品とサプリメントはオンラインショップでもお買い求めいただけます。

院内での薬浴で短期間で改善しますが、メールと写真で継続治療する遠隔診療でも十分改善できるタイプです。

お困りのわんちゃんはご相談ください。

なお、アレルゲン対策としての食事療法は行っておりません。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【0.1秒の診極め】原因不明の痒み~その後~

2017.10.14

トイプードルの痒みを伴う皮膚病治療に力を入れている皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

ちょうど1ヶ月前にトイプードルの皮膚病で「以前の病院で原因不明と言われた」というわんちゃんについて記事を書きました。

「治療後にこれだけよくなりました」ではなく、「今日来院されて、今日から治療します」という症例紹介でした。

 9月15日にUPしたブログ記事  【0.1秒の診極め】原因不明の痒み

心因性と診断し、2週間後、4週間後(先日)と受診していただき、予測通りの改善をみとめましたので治療後を紹介します。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

局所であるため、その拡大も比較して見ましょう。

右半身の大腿部外側にも同じような病変がありましたので、その比較も紹介します。

ガジガジとかじっていたため、局所的に毛がなくなっていましたが、4週間でほぼ100%の毛並みに戻りました。

前回の記事で書いたように診断は「心因性の痒み」です。

診断のための有効な検査は一切無く、「経験」だけです。

今回治療比較が4週間後の写真になっていますが、2週間後はどうだったのか?というと、ここが意外と興味深いポイントです。

実は2週間後の時点で飼主さまはこうおっしゃっていました。

「特にかわらず痒そう」

ただ、僕の診た目での診断は

「よくなってます。診断は心因性、方向性は変えず1種類お薬を増やしましょう」

でした。

その次の3回目の診察が上の写真の通りで、明らかな改善が認められています。

ポイントは3つ、

①初診時の診断
 原因が心因性の場合、その他の治療アプローチでの改善はほぼ見込めません。治療方針のブレをさけるためにも初診時に把握するのがベストです。

②押し切る治療方針
 飼主さまの見ていることと、獣医師が診察で診なければいけないポイントが必ずしも一致するとは限りません。そして治療方針が合っていることと、飼主さまの評価がリンクするとも限りません。
 飼主さまの「よくなっていない」という判断は一つの評価として受け止めますが、診るべきポイントを押さえると「改善している」と評価することは可能です。ブレてはいけません。

③微調整の手段を準備しておくこと
 今回は初診時にすでに「再診時に改善が不十分だったときの次のプラン」を用意していました。その改善のための治療プランが初診時の治療アプローチの変更ではなく、「追加治療」であることが初診時にわかっていることがとても重要です。

基本的で簡単なようですが、本当はかなり大変です。

それでは今回の治療で必須のサプリメントを紹介します。

 ヒーリングケアLFプラス

です。

トイプードル、シーズー、ヨークシャーテリア、ダックスなどのわんちゃんで非常によく使っています。

こちらの商品は以下のオンラインショップからお買い求めいただけます。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【0.1秒の診極め】原因不明の痒み

2017.09.15

トイプードルの痒みの診断・治療に力を入れている犬の皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

今日紹介するのは本日来院されたばかりのわんちゃんのため、治療後の比較写真はありません。

実際よくなるかどうかは別ですが、診断が非常に早かったのでご紹介しようと思います。

【症例】

 トイプードル 1歳弱 女の子

【経過】

 〇3ヶ月前から繰り返すかゆみ
 〇他院受診するも「原因不明」
 〇抗生物質とステロイドで緩和されるも、投薬中止でぶり返す
 〇処方&再発を繰り返したため、原因追及のために当院受診

それでは今日の初診の状態を紹介します。

一見普通のトイプードルちゃんですね。

早速痒みがでている部位をみてみましょう。

この上の写真では主に3つの部位が痒みをだしています。

2箇所は腹部の側面、脱毛している?ようにみえる部位です。

拡大してみましょう。

上の写真で2箇所脱毛してる?ようにみえる場所がわかりますか?

そのうちの1箇所を拡大してみましょう。

かなり集中的にかじっているため、地肌がみえています。

もう1箇所は右後ろ足の側面、太もも~膝~アキレス付近を広範囲にかじっています。

拡大してみましょう。

見慣れていないとわかりにくいですが、まわりの毛よりもみじかくなっているため、相当は範囲をかじっているのがわかります。

それでは反対の右半身をみてみましょう。

左半身と異なり、最近になって1箇所痒がるようになったそうです。

まずは痒みの強い左半身の2箇所の病変部と同じような部位を拡大してみましょう。

まったく何もありません。

それでは右半身の痒みが強い部位を拡大してみましょう。

ここだけ集中的にかじっているのがわかります。

一応顕微鏡で菌がいないか、寄生虫がいないか・・・とみますが、実は検査をするころには診断は決まっていました。

そう、「心因性」です。

心因性の診断を下すポイントになったのは各種検査ではなく、診察室でわんちゃんに近づいたときに見せたわずかなリアクションがきっかけです。

その0.1秒ほどのわずかなリアクションで「あ、この子の性格は心因性の掻痒を引き起こすタイプだ」と確信できました。

もちろん皮膚をよくみることでも心因性の特徴が数多くでていますので、診断は非常に簡単です。

カルテ情報をみて、飼主さまからお話をきいて、わんちゃんをチラッとみて・・・心因性の診断はここでほぼきまります。

簡単とはいいましたが、心因性の診断には根拠がありません。

あえていうなら「根拠は経験値」、検査がないがゆえに経験で判断するしかありません。

正しいかどうかの判定は難しいのですが、きっと改善すると思います。

参考までにこういった症例には3つほどの治療プランを提案するのですが、そのうちの1つが最も重要なヒーリングケアLFプラスです。

あと2種類は症状にあわせて併用しながらコントロールしていきます。

トイプードルやシーズーには非常に相性がいいため、きっといい結果がでると思います。

オンラインショップでお買い求めできますので、同じような症状の方はぜひお試しください。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop