皮膚科ブログ

  • HOME
  • 皮膚科ブログ

【標準医療が変わる瞬間③】より根本的な治療法

2019.12.08

犬の膿皮症(湿疹)、脂漏症、アトピーなど痒みを伴う皮膚病に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

以前にも紹介した「新しい治療法」についての続きです。

 【標準医療が変わる瞬間】脂漏症の新しい治療法

 【標準医療が変わる瞬間②】未来の医療は想定外にある

今年の春から新しく取り組み始めた治療ですが、多くのわんちゃんでかなりいい治療成績を出すことができていますので、個人的に「これはすごい!」と思った症例を紹介したいと思います。

【症例】

 フレンチブルドッグ 

【経過】

 〇湿疹が再発しやすい&治らない

初診時は1~2年前、一般的な治療と当院のスキンケア&サプリメントである程度は改善していたのですが、当初から「検査でわからない皮膚の異常があるからどこかで治療した方がいい」「いい治療法が見つかったらやりましょうね」と布石は置いていた症例です。

ぶり返しがあったことと、新しい治療提案ができるようになっていたので、「今ならこれ、治せますよ!」と新しい治療に了承をいただくことができました。

それでは新しい治療法を試す前と、治療後6週間後の状態を比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

まずは症例を正面から。

続いて頚部です。

続いて、胸部です。

続いて、腹部です。

続いて、右側面全体です。

続いて、右側面の右腕~右肩の拡大です。

続いて、左側面の左膝側面の拡大です。

非常に綺麗になりましたね。

元々ある程度の治療&ケアを続けていたのでそこまでひどくなかったので、いつもの症例報告に比べると治療前の重症度が軽いとは思います。

しかしこれはかなり貴重な治療症例で、当院でも1年前はこのレベルまではできなかったものです。

特に右肩と右膝の側面の病変、派手さがないので一見地味かもしれませんが、これは今の標準医療ではおそらく治りません。

当院でも1~2年前までは苦戦するタイプと認識していたものですが、今は「いける」と自信をもって治療に臨むことができています。

飼主さまにも「過去最高によい状態」と評価していただくことができました。

湿疹を薬で抑えるというよりも、「皮膚そのものをよくする治療」といっても過言ではない「根本的な治療法」です。

原因の一つの見方としては「遺伝」のため二度とでないとまではいえませんが、しばらくはいい状態が続くと思います。

この治療法はまだまだ驚きの治療結果を導くことができ、次回も衝撃的な症例報告をしたいと思います。

2019.12.9  【標準医療が変わる瞬間④】一つ上の治療成績

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop