皮膚科ブログ

  • HOME
  • スキンケアECプラス

1年以上消えたことがない繰り返す湿疹・膿皮症治療

2018.07.07

アトピー・脂漏・膿皮症などになりやすいパグの皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

【症例】

 パグ 2歳 女の子

【経過】

 〇1年前から顔、頭、背中から腰に湿疹

 〇最近はお腹にも湿疹拡大

 〇赤いブツブツ・湿疹が消えたことは1度もない

それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは正面から。

続いて、頭部(上から)です。

続いて、頚部とその拡大です。

続いて、前胸部です。

続いて、胸部と脇の拡大です。

続いて、胸~内股まです。

続いて、身体の側面(やや後方から)です。

毛並みが薄く、小さな円形脱毛が無数にあるためムラになっているのが特徴です。

続いて背中とその拡大です。

同じく小さな円形脱毛が複数あるのがわかると思います。

最後に後ろからです。

それでは初診時からわずか4週間後の状態と比較してみましょう。



赤い湿疹・ブツブツが完全に消えただけでなく、毛並みもよくなり黒光りするような回復です。

犬の皮膚病で最も多い細菌性膿皮症ですが、アプローチには3つのポイントがあります。

①膿皮症の原因は?

②どうやって治す?

③再発を防ぐには?

簡単なようで、ものすごく難しいです。

②は抗生物質とシャンプーと比較的簡単ですが、①と③の答えにたどり着くのはそう簡単ではありません。

人でいうと、「なぜ風邪をひいたのか?なぜ花粉症になるのか?」であり、「2度と風邪をひかないためには?」というテーマに近いものを感じます。

ただ年齢、経過、犬種、診た目からある程度の予測はできますので適切なアプローチは可能です。

その一つが当院のスキンケアECプラスです。

繰り返す膿皮症の再発防止のために開発したサプリメントです。

当院のオンラインショップからお買い求めいただけます。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【根本的治療】犬の膿皮症が治らない&繰り返す理由

2018.05.30

犬の皮膚病で最も多くみられる細菌性の皮膚炎「膿皮症」の根本的な治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

よく飼主さまに聞かれる質問の1つに「どうして膿皮症になるんですか?」があります。

教科書上での膿皮症の原因は、「皮膚表面の細菌感染」です。

ただ「どうして皮膚で細菌が増えるのか?」まで考えると、アトピー&アレルギーや内分泌疾患による皮膚コンディションの異常や、食事の影響、気温&湿度などの局所環境の影響・・・などとなり、そう簡単に特定できないのが今の皮膚科の現状です。

この「どうして皮膚で細菌(しかも常在菌)が増えるのか?」を考え続けて生まれたのがスキンケアECプラスなのですが、膿皮症のすべてがスキンケアECプラスで解決するわけではありません。

やはり症例によって膿皮症の原因(体質)は異なりますので、その子の体質に合わせたアプローチが必要です。

今日は「繰り返す&治らない膿皮症の原因を特定し、根本的な治療に成功した症例」で、しかも「スキンケアECプラスを使用していない症例」ということでかなり珍しいパターンです。

【症例】

 パグ 4歳 女の子(避妊手術済み)

【経過】

 〇2歳のころから皮膚トラブルがつづく

 〇この1年以上はずっと繰り返していて、良くなっていない

 〇耳、顔のしわ、内股のブツブツ、四肢端のなめ

 〇抗生物質ではよくならない

 〇アレルギー検査では何も異常がでなかった

 〇ロイヤルカナンの食事療法を1年継続したが改善なし

 〇現在完全手作りをしているがよくならない

繰り返す膿皮症の「あるある」がたくさん詰め込まれているタイプの症例です。

「抗生物質でよくならない」という点だけに注目しても色々考えるべきことがあるのですが、もし感受性のある抗生物質を使っていても良くならないとすれば別に問題がると考えなければいけないタイプです。

また食事療法も「あるある」があり、動物医療の食事療法のトップであるロイヤルカナンの療法食でも改善なく、ポジション的には正反対である完全手作り食でも改善なく、いったい何を食べればいいのか?食事は関係ないのか?と悩んでしまう状態です。

アレルギー検査についても同様で、突破口を探して検査をされたと思いますが、「何も異常がでなかった」というのもアレルギー検査のあるあるです。

では、まずは初診時の状態をみてみましょう。


まずは顔とそのシワの拡大です。

続いて、下顎です。

同じく下顎のやや左側です。

続いて、右前肢端です。

続いて、胸部とわきの拡大です。

続いて、腹部とその拡大です。

それでは初診時から約3ヶ月弱後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

※四肢端の写真に治療後がないのですが、非常に綺麗に改善しています。

当院での症例報告の中では軽症なので一見目立ちにくい症例かもしれませんが、この症例は非常にみどころのある症例です。

理由は始めでも触れたとおりで、「細菌性膿皮症が治らない&再発しやすい原因を特定し、根本的治療ができた症例」だからです。

しかも当院がよく伝えている「スキンケアECプラスを使うと膿皮症が再発しません」とはまったく異なるアプローチをしているのもポイントです。

具体的には、

①抗生物質の試用期間はわずか3週間弱

②抗生物質を終了して7週間経過しても1つも湿疹が再発していない

③スキンケアECプラスは使用せず

そして最大の特徴は、

④膿皮症の再発予防のために、抗生物質の服用以外の治療を併用している

です。

みなさんに知っていただきたいのは、「膿皮症の原因は1つではない」、だからなんでもスキンケア&サプリメント&食事療法ではないということです。

やはり適切な医療があれば治療結果はここまで変わりますので、ぜひ受診していただけばと思います。

どれだけインターネットで調べてもでてこない想定外の診断名と治療アプローチ、そして何より治療結果で「今まで治らなかった理由」を実感していただけると思います。

肝心の「④抗生物質ではない再発予防につながるアプローチ」ですが、当院と提携している先生には検査結果とを添えた解説メールをお送りします。

当院との提携をご希望の方はお問い合わせください。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【遠隔診療】北海道の皮膚病を治療する

2017.08.08

アトピーや脂漏性皮膚炎の治療に力を入れている皮膚病治療専門病院、四季の森どうぶつクリニックです。

6月に北海道まで往診に行ったその後についてです。

  そのときの記事  【名古屋→北海道】片道1000kmの往診

北海道の飼主さまのご自宅のお風呂場で一緒に薬浴・スキンケア指導を行い、2週間後に飼主さまにお写真を送っていただきました。

今回は初診時と、2週間後の比較をお伝えします。

※初診の記事もご覧の上お読みいただければ幸いです。

まずは右腕から。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

続いて、左腕。

続いて、右後肢の足首付近(スネ~甲にかけて)です。

最後は、背中の拡大です。

初診6月14日から5日後には、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先生のおっしゃったとおり、その日の夜には痒みもおさまりぐっすり眠れるようになりました。
いままでの治療がいったい何だったのかと思うくらいです。
痒みや、薬のせいでだるそうで元気のなかった〇〇〇(名前)が、
以前のように元気いっぱいわがままいっぱいに戻った姿を
夫とニコニコしながら眺めています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とメールをいただくことができ、1週間後には痒みはなくなっていたようです。

今回ご紹介させていただいたパグちゃんには脂漏性皮膚炎と背中の膿皮症の2つがありました。

どちらもよく診る典型的なタイプであったので、治療はとてもシンプルです。

当院の治療方針で継続していけば、もう2度と元に戻ることはないと思います。

今回は飼主さまに北海道という遠方まで往診に呼んでいただくという診察の機会をいただくことができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

1件1件が常に大切な診療であることには変わらないのですが、病気を治すことが仕事の獣医師として思い出にも残る診療をさせていただきました。

ありがとうございました。

今後もしっかり対応させていただきます。

メールと写真で継続治療を行う遠隔診療については、HPに詳細を記載していますので、ご参考にしてください。

また、今回のパグちゃんの治療の一つで行った薬浴・スキンケア・サプリメントは以下のオンラインショップでお買い求めいただけます。

なお、みなさまにお伝えしたいことは、「当院はモノを販売するクリニックではなく、医療を提供するためのクリニック」ということです。

あくまで医療にこだわって取り組んでいますので、適切な皮膚科医療とともにご利用ください。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【名古屋→北海道】片道1000kmの往診

2017.06.14

こんにちは、メールと写真で継続治療を行う遠隔診療にも対応している皮膚病専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

当院ではオフィシャルHPに掲載しているように、ご自宅までの往診にも対応しています。
※写真で改善の見込みあり、と判断できる場合に限ります。

過去にも関西・関東での往診を何度か行ってきましたが、今日は名古屋から飛行機に乗り、北海道まで往診に行きました。

1件の診察+ご自宅薬浴で総14時間コースです。

「北海道でリフレッシュ?」と言われそうですが、明日から通常診療なので、観光・グルメなしで、離陸時刻23分前に空港駅につくという「路線検索」でも出てこないウルトラ乗り継ぎプランをつくり、空港を全力ダッシュして帰ってきました(笑)

こういったご自宅往診では1日1件しか診ることはできませんが、「呼んでいただけたら行きます」という気持ちで受けています。

今日は10歳のパグちゃんでした。

1歳のころから背中にフケ、5歳のころから頚部・四肢にフケがでるようになったということです。

最近は夜も痒くて寝れない、オシッコ中も痒くて途中でオシッコをやめてしまう・・・というかなり強い痒みを感じているようです。

まずは全体像。

続いて右前腕の内側。

同じく右前腕の正面から。

続いて、左前腕のやや外側から。

続いて、左後肢のカカト~甲の部分です。

最後に背中のフケです。

今日ご自宅でスキンケア治療の指導を兼ねて薬浴して、投薬開始です。

今戻ってきたばかりで、明日顕微鏡検査・血液検査を行う予定のため、「何1つ検査をしていない」という状態です。

おそらく今晩から眠れると思います。

そして1週間後にはフケも臭いも随分とすっきりしていると考えています。

検査結果から診断名をつけることと、治療方針をたてることは別、これも「診極め」です。

またご報告します。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

パグの脂漏性皮膚炎 ~初診の診極め通り~

2015.10.21

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

下町ロケットを見て以来なんだかやる気がでてきています。

普段であれば数日でスイッチが切れることも多々あるのですが、週1ドラマのおかげでしばらくテンション高く維持できそうです(笑)

ではやる気になった僕は何をするのか?

そういえば・・・ではないのですが、毎年「来年は何をしよう」と明確な目標を立てるようにする習慣があり、過去には

 平成25年(一昨年)に考えたこと ⇒ 移転しよう! (平成26年6月移転)

 平成26年(去年)に考えたこと ⇒ 自宅でできるスキンケア・サプリメントを全国へ (平成27年6月実現)

今年もあと少しですが、来年に向けた新しいチャレンジを絞り込む時期になりました。

色々考えていたことがあったのですが、実現可能かな?と手ごたえを感じるものがあるので、来年の目標は決まりました♪

閃きは確信へ」というほどではないのですが、いけそうな気がします。

さて、今日は以前から継続で掲載しているパグちゃんの治療経過です。

  第1回 ⇒ 初診日 平成27年8月26日

  第2回 ⇒ 再診日 平成27年9月8日

  第3回 ⇒ 再診日 平成27年9月25日

そして本日紹介するのが、 平成27年10月16日の状態です。

もうすでに良くなっている途中なので、すべての部位ではなく主要な部位だけ掲載します。

※画像をクリックすると拡大してみることができます。

正面からみたらもう皮膚病の面影はほとんどありません。

初診時に「3ヵ月後にはパグらしい雰囲気に」とお伝えしましたが、2ヶ月またずにほぼ改善したといえます。

ここからは100点ではなくとも、どう簡単に維持管理するか?が重要になります。

よく書いていますが、「改善させるための治療法」と「悪くなった原因」は違うこともよくあるため、これからの治療は「悪くなった原因をいかに長期的にコントロールするか」にかかっています。

なので初診時と同じことを続けているだけではいけません。

徐々に治療の方向性をシフトしていきます。

このパグちゃんの症例報告に関しては一旦終了です。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

パグの脂漏性皮膚炎~改善法と治療法は異なる~

2015.10.06

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

冬につづいて一番好きな秋になりましたね♪

今日紹介するのは、8月から診ているパグちゃんの症例です。

 第1回8月26日 ⇒ パグの皮膚病 ~脂漏性皮膚炎の治療方針~

 第2回9月8日 ⇒ パグの脂漏性皮膚炎 ~診断は後からついてくる~

少しタイムラグがでてきていますが、最新の状態を比較でお伝えします。

※画像をクリックすると大きくすることができます。

初診時からわずか6週間ですが、痒みだけでなく皮膚コンディション、被毛ともにかなり正常に近づいています。

重要なことは、初診時にここまでの軌跡を描けるか?です。

初診時に考えることは3つ

 ①必要な検査は何か?
  ※想定できる病気は限られていますので、その評価をします。

 ②最速の改善方法は何か?

 ③想定される治療法は何か?

です。

・・・・・・②と③、同じように聞こえるかもしれませんが、実は違います。

初診時から行うべき「最速の改善方法」と、この皮膚病の治療法は違います。

もちろん「最速の改善方法」も広い意味で治療法の1つといえなくもありませんが、長期的にみるとこの初診時から行う「最速の改善方法」はもうしばらくすると必要がなくなってきます。

必要ではなくなるものとしては「病気の原因に対する治療法」とはいえないので、初診時に必要なことは「皮膚病の原因になっていたものに対する直接的治療法ではなく、起きてしまったことに対する修正方法」ともいうべきでしょうか。

以上のことから検査結果をみることもなく、初診時から積極的なアプローチをしかけます。

第2回の記事にあるように、検査結果が出揃い診断が確定に近づくころにはすでに改善が認められます。

教科書上は①と③しかありませんが、臨床で必要なことは②です。

②がなければ理論上、教科書上正しくてもうまくいかないことすらあります。

治る皮膚病と治らない皮膚病・・・・・・日本全国に同じ教科書があり、情報が浸透する時代にも関わらず難治性皮膚病が生まれる理由の一つは、教科書に②が書いていないからだと思っています。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

パグの脂漏性皮膚炎 ~診断は後からついてくる?~

2015.09.08

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

随分と涼しくなっているのですが、雨が続いているせいか湿疹に悩まされるわんちゃんが多いですね。

今日は湿疹の話ではありませんが、同じく気温・湿度が高い時期に悪化しやすい脂漏性皮膚炎のわんちゃんの紹介です。

8月26日に掲載したパグの脂漏性皮膚炎の症例のその後です。

【症例】

 パグ 約5歳 男の子(去勢済み)

【病歴】

 〇生後6ヶ月すぎからの皮膚病
 〇季節性の悪化あり
 〇食事療法で改善なし
 〇免疫抑制剤は嘔吐する
 〇アレルギー検査済み

では初診時の状態です。

前回の記事は初診のあとに作成し、このようにまとめました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
獣医師としては初診時に何を考えるか?

大きく2つ、診極めることが重要です。

1つは、初診時に鑑別診断としてどのような病名・病態を候補にし、優先すべき検査が何かを判断することです。

2つ目は同時に治療方針が何か、検査結果の如何にかかわらず初診時に想定できていることです。

検査結果が予測不可能な結果であることはほぼないため、検査結果で初診時の想定した治療内容が考え直されるようなことはほぼほぼありません。

1ヶ月後には臨床症状(痒み・フケ)の改善と皮膚機能の正常化が認められ、3ヵ月後にはパグらしい雰囲気になっていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この初診からわずか3週間後の状態を比較してみましょう。

画像をクリックすると拡大してみることができます。

ほとんどの痒みは改善しました。

フケ・臭いも90%以上改善しています。

皮膚もやわらかく、しっとり肌に再生しています。

あと1~2ヶ月後にはふわふわの被毛が再生していると思います。

このわんちゃんも検査結果は2回目の再診時、4回目の再診時にわけて説明し、皮膚がきれいに改善したところでようやく確定診断となりました。

大事なのは初診時に何を選択するのか?

必要な検査の選択、そして治療法の選択、ほとんどの症例で初診時に診極めことが可能です。

検査結果を想定しながら初診時から積極的な治療法を選択することができれば、わずか3週間で見間違えるほど改善することができます。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

パグの皮膚病~脂漏性皮膚炎の治療方針~

2015.08.26

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

今日はいつもと違った症例報告を行います。

どう違うのか?

それは「まだ治療が終わっていない症例」です。

来院したばかりで、2~3ヵ月後を目標に改善を目指していきます。

症例はパグ、初診時の状態をみてみましょう。

顔を左側から。

下顎~頚部です。

胸部です。

右前肢とその拡大です。

両後肢です。

甲の部分の拡大です。

左の後肢を外側から。

獣医師としては初診時に何を考えるか?

大きく2つ、診極めることが重要です。

1つは、初診時に鑑別診断としてどのような病名・病態を候補にし、優先すべき検査が何かを判断することです。

2つ目は同時に治療方針が何か、検査結果の如何にかかわらず初診時に想定できていることです。

検査結果が予測不可能な結果であることはほぼないため、検査結果で初診時の想定した治療内容が考え直されるようなことはほぼほぼありません。

1ヶ月後には臨床症状(痒み・フケ)の改善と皮膚機能の正常化が認められ、3ヵ月後にはパグらしい雰囲気になっていると思います。

四季の森どうぶつクリニック
平川将人

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【パグの皮膚科専門外来】皮膚バリア機能改善

2014.10.31

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック院長平川です。

秋もまだ半ばですが、もう冬が目の前に来たような肌寒さを感じますね。

当院では仕事のピークが春の4~5月と、秋の10月の2回あるのですが、今年もその2度目のピークがちょうど終わりようやく一安心です。

この先は来春まで穏やかな日々が続くと思うのですが、前回のブログに書いたように次のシーズンに向けて新しい取り組みをしているので、有意義な半年にしたいと思います。

そんな最近の僕を元気にしてくれたのはノーベル賞を受賞した天野氏のあるインタビューで「どれだけ失敗しても、寝て朝おきると新しいアイデアが浮かび、「今日はうまくいきそう」と思ってやっていた」という内容の言葉です。

レベルは違いますが、以前できなかったことをできるようにするために・・・のエネルギーになりますね!

では今日はパグの症例報告です。

【症例】

 パグ 5歳 女の子(避妊手術済)

【病歴】

 〇2年前からワキ、お腹の赤みと痒み
 〇冬より夏が悪化しやすい
 〇今年の6月からさらに悪化し、今が最も悪い
 〇背中には皮膚病はでない
 〇抗生物質+抗真菌剤を服用し、改善がないためさらに抗生物質を1種類追加併用するも改善なし

それでは初診時の状態です。

この状態は来院そのままの状態で、バリカンでカットなどは行っていません。

初診時から3ヶ月弱の治療後との比較をみてみましょう。

※すべてクリックすると画像を大きくしてみることができます。

このタイプもパグに多い難治性皮膚疾患の一つですね。

院内薬浴を併用することで著しい改善が認められます。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【犬の皮膚科専門外来】パグの慢性皮膚炎の治療

2014.01.17

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック獣医師平川です。

難治性の皮膚疾患に陥り易い代表犬種としてフレンチブルドッグ、柴犬、シーズーが挙げられますが、それ以外にも難治性になりやすい犬種がいます。
その一つがパグ、このパグという犬種も独特の体質をもっているため、犬種に合わせた視点をもたなければいい治療成績を引き出すことができません。

【症例】
     パグ 5歳 女の子 

【過去の病歴】

 〇10カ月前から皮膚病
 〇過去に3件の動物病院を受診し、改善なし
 〇ワキ、耳、お腹、顔、足先の痒み

それでは初診時の状態を見てみましょう。

まずは顔の左側、その拡大です。

続いて、顔の左側です。

続いて、左耳です。

続いて、両前肢です。

左右ともに同じ病変が認められるため、左前肢の上腕~ワキと、手首のあたりを拡大してみます。

ワキの部分を内側からみてみます。

続いて、腹部です。

10カ月改善が認められなかったこの初診時の状態から6週間後と比較してみましょう。

まずは顔から。

※画像をクリックすると拡大します。

※画像をクリックすると拡大します。


※画像をクリックすると拡大します。

続いて、左耳です。


※画像をクリックすると拡大します。

続いて、左前肢です。


※画像をクリックすると拡大します。


※画像をクリックすると拡大します。


※画像をクリックすると拡大します。

続いて、腹部です。

全身に脂漏を伴う慢性皮膚炎がありましたが、ほぼ綺麗に改善することができました。
パグの場合は遺伝的にこのような脂漏性皮膚炎が発症しやすい体質があると考えられるため再発がないとは言えませんが、完治に近い治療ができたと思います。

たった6週間という短い治療期間を可能にしたことも、初診時に改善までの道筋をほぼ正確に描くことができたからだと考えています。
治療しながら迷走してしまうと、数カ月単位の時間のロスが生まれてしまうこともあるため、初診時に病変をしっかりと診極めることが重要です。
また治療には院内のスキンケアを併用したことがもっとも効果的だったと思います。

四季の森どうぶつクリニック
平川将人

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop