エリザベスカラーを外したい

  • HOME
  • エリザベスカラーを外したい

【ゴールデン・レトリーバーの皮膚病】掻き壊しとしつこい手舐め

2018.10.26

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回はゴールデン・レトリーバーの症例です。

 

【症例】

ゴールデン・レトリーバー 6歳4ヶ月 女の子(避妊手術済)

 

【経過】

〇3年前から下顎を血がでるまで掻き壊す

〇腹部を舐める、噛む

〇足裏を真っ赤になるまで舐める

〇2年前からエリザベスカラーを使用

〇この2年間、アポキルを毎日服用しいてるが改善しない

〇食事療法を行ったが改善せず

 

それでは、初診時の状態です。


 

まずは下顎とその拡大です。

 

 

下顎全体的に痒いのではなく、毎回同じ部位を書き壊しています。

続いて、腹部です。

 

続いて、足裏です。

 

それでは、初診時から約7週間後の状態と比較してみましょう。
※写真をクリックすると大きくすることができます。

 

舐める、掻くなどの行為も減り、エリザベスカラーも外すことができました。

腹部、足裏の赤みもだいぶ良くなったと思います。

 

このような症例には、当院が開発したヒーリングケアLFプラスが非常に有効です。

スキンケア&サプリメントは以下のオンラインショップでお買い求め頂けます。

 


・・・・・・・・・・・・・

【獣医師の解説】

心因性による痒み行動(舐め壊し、掻き壊し)の割合が高い症例です。

初診時から心因性に対する積極的な治療が必要です。

心因性のためサプリメントは非常に理にかなったアプローチですが、程度が強いため投薬治療の併用が必須です。

お薬の種類の選択、お薬の投薬量の設定が非常に難しいため、治療に相当な慣れがなければ難しい症例でもあります。

食事療法やアポキルでの治療ではほとんど改善しないため、視点を変えたアプローチが重要です。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop