皮膚科ブログ

  • HOME
  • 脱毛・アロペシアXの治療

【ボストンテリアの皮膚病】副腎皮質機能亢進症

2018.11.05

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回は急に脱毛したボストンテリアの症例です。

 

【症例】

ボストンテリア 13歳 女の子(避妊手術済)

 

【経過】

〇今年の4月から毛が薄くなってきた

 

それでは、初診時の状態です。

まずは体の正面です。


 

続いて、頚部です。

 

 

続いて、胸部です。

 

続いて、腹部から内股です。

 

 

続いて、右後肢の拡大です。

 

続いて、右側面の全体です。

 

続いて、背中とその拡大です。

 

 

それでは、それでは、初診時から約4ヶ月後の状態と比較してみましょう。
※写真をクリックすると大きくすることができます。

 

一目で分かるくらい、体全体の毛量がぐんと増えました。

特に、ツルツルだった内股はフサフサになりました。

見違えるほど綺麗になり、飼主様にも喜んで頂けて良かったです。

【症例報告制作者】 看護士 長尾

・・・・・・・・・・・・・・・

【獣医師の解説】

一目でわかる「典型的なクッシング(副腎皮質機能亢進症)」です。

多飲多尿:水をよくのむ、オシッコが多くなる

薄毛:背中、腹部、大腿部など胴体を中心に毛が薄くなります。局所の脱毛が起きる場合もあります。

検査所見:ALP高値、超音波検査での副腎腫大など

非常に興味深かったのは、飼主さまから「病気になる前より毛が生えた!」と言われたことです。

この半年くらい「もしかしたら〇〇〇なんじゃないか?」とずっと考えていたことが目の前で確認することができました。

かなり大きな発見なので、今後の治療に生かせると思います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【トイプードル】アトピー&脂漏&脱毛&心因性

2018.06.05

トイプードルに多くみられるアロペシアX(毛周期停止)、アトピー・アレルギー、癖やストレスなど精神的な要因を含ん心因性の痒い皮膚病治療に力をいれている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

トイプードルは皮膚病が多いわけではないと思うのですが、トイプードルがゆえの遺伝的体質から難治性の皮膚病になってしまうことがあります。

「難治性」と一言にいっても色々とあるのですが、本当の意味で治りが悪いことはほとんどありません。

多くは典型的な体質のため、1つずつ的確なアプローチをしていくと非常に綺麗に改善します。

「よくならない」ということで当院を受診する飼主さまから過去の治療歴を伺うと、このアプローチで躓く「陥りやすいポイント」が見えてきます。

〇アポキル

 アポキルを使って痒みが止まらないと次の選択肢がない

〇抗生物質

 抗生物質で改善が認められないときに「ずっと同じものを服用し続ける」「効かないため抗生物質を処方しない」「抗生物質を変更しつづける」

〇食事療法

 食物アレルギーを疑い魚、ポテト、動物性蛋白なし、アミノ酸系・・・・色々試す

こういった点は陥りがちなポイントで、迷走する原因になります。

アポキルが効かないときはアポキルが効く痒みとは異なる痒み原因へのアプローチを考えるとうまくいきます。

抗生物質が効かないときは「抗生物質が効く病変なのか再検討」「抗生物質が効くのか検査」「そもそも菌が増える理由はどこにあるのか?」を考えていくとうまくいきます。

食事療法は「そもそも食物アレルギーなのか?」から考えていく必要があります。

要するに皮膚病が治らない原因は1つではなく複数、同時にすべてへのアプローチがそろわないと改善しないこともあります。

今回紹介する症例は、そんなわずかなズレの積み重ねでよって難治性になっていた症例です。

【症例】

 トイプードル 4歳半 男の子

【経過】

 〇4ヶ月前から皮膚トラブル(痒み&脱毛)

 〇手舐め、足舐め、口唇をかく、繰り返す背中の湿疹

それでは初診時の状態をみてみましょう。
まずは顔の正面。

続いて、口唇(左)です。

続いて、右側。

続いて、頚部です。

続いて、胸部とその拡大です。

続いて、腹部です。

続いて、背中とその拡大です。

続いて、側面とその拡大です。

初診時から約3ヵ月後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

非常に綺麗に改善しました。

改善点①毛並み

全体的に薄毛でしたが、フワフワの状態にもどっています。

トイプードルの薄毛ではアロペシアX(毛周期停止)か、その他のホルモン異常かいくつかありますので各種検査が必要です。

時に難しい判断になる検査結果となり悩むことはありますが、それなりのアプローチ方法がありますので改善の余地は高いと考えています。

改善点②湿疹

特に薄毛の部分(胴体)に全体的に認められた湿疹(膿皮症)ですが、抗生物質をやめてもほぼコントロールできています。

※現在初診から半年以上経過しましたが、湿疹の再発はほぼなし

改善点③脂漏

口唇、四肢を中心に「かひ」を認めましたが、綺麗な状態を保っています。

改善点④手舐め・足舐め・痒み

基本はアトピーでいいのですが、アトピー単独であれば過去のシクロスポリンやステロイドで十分に緩和できていたはずです。

改善できなかった理由は心因性なのですが、心因性だけで痒かったわけではないため、アトピー対策と心因性対策の両方を行えばバランスが取れます。

しつこい手舐め・足舐めは心因性へのアプローチにより改善しました。

トイプードルは他の犬種に比較して薬の反応が非常にいいタイプの子が多いので、アプローチ方法さえ間違わなければかなりの確率で治療成績がよくなります。

トイプードルの皮膚病治療でお困りの方は当院を受診してみてください。

なお今回のトイプードルのアトピー、脂漏、心因性、湿疹には当院が開発したスキンケア&サプリメントは非常に効果的です。

当院が開発したスキンケア&サプリメントは以下のオンラインショップからお買い求めいただけます。

脱毛はスキンケア&サプリメントでは改善せず、アトピー・脂漏・湿疹の治療成績にも関わりますので、必ず適切な投薬治療を併用しましょう。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【チワワの皮膚科専門外来】脱毛症の治療

2017.10.06

チワワの痒み・脱毛疾患の治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

当院は主に「痒みを伴う」で皮膚病をみていますが、皮膚つながりで「脱毛」に関する疾患にもよく遭遇します。

今回紹介する症例は、「痒みを伴わない脱毛疾患」として来院されています。

【症例】

 チワワ 1歳 男の子(去勢済み)

【経過】

 〇生後半年くらいから眉間に脱毛がみられた。

 〇ここ2~3か月耳介の裏三分の一エリアが脱毛。

 〇被毛が全体的に薄くなった。

 〇フケの量が増加。

それでは、全体からみていきましょう。

続いて、左耳。

続いて、頸部。

続いて、体の右側。

それでは、初診時から3ヶ月後の状態と比較してみましょう。
※画像をクリックすると拡大してみることができます。

かなり綺麗に再生しました。

飼主さまにも「フワフワ&フサフサ」とよろこんでいただけました。

この手のタイプも典型的な所見がならんでいるため、診断は一瞬です。

いくつの検査をして絞り込みますが、初診時にほぼ確定しています。

チワワの薄毛、脱毛、皮膚病でお困りの方は当院までご相談ください。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

ポメラニアンの脱毛症治療 

2017.07.01

当院は「かゆみ」を主とした皮膚病治療に力を入れている皮膚科動物病院ですが、ポメラニアンやトイプードルの脱毛症の患者さまも非常に多く来院されています。

今回はその「痒み」と「脱毛症」の両方をかかえたポメラニアンの症例報告です。

【症例】

 ポメラニアン 2歳 男の子(去勢済み) 

【経過】

 〇去年の6月のカット以降、毛がはえてこない

 〇去年の9月頃から脱毛が進む

 〇腹部側面、かかとを昔よりなめる(心因性?)

 〇かかりつけの病院にてレーザー+抗炎症薬+サプリメント(R&U、栄養剤)

まずは全体からみていきましょう。

続いて、頚部。

続いて右前腕。

同じく、右前腕側面。

続いて、左前腕。

同じく左前腕側面。

続いて、身体の右側。

同じく、身体の右側の頸部~胸部の拡大。

続いて、身体の左側。

続いて、身体の左側の頸部~胸部の拡大。

ポメラニアンやトイプードルに多い脱毛症アロペシアX(毛周期停止)の特徴をもっています。

ただ「脱毛」しか症状がない通常のアロペシアXとことなり、今回は「痒み」という症状もかなり強くでています。

痒みが強い部分は腹部側面(色素沈着が強い部位)、手首のあたりです。

アロペシア単独であれば顔・四肢の脱毛はほとんどないため、手首の脱毛は「アロペシアX」の症状とはいえません。

それでは、この初診時から9週間後の状態と比較してみましょう。
※画像をクリックすると、拡大してみることができます。

まだ被毛は短めですが、かなりの改善がみとめられました。

毛の数としては80%以上の改善と判断しています。

それでは簡単な解説です。

今回は通常のアロペシアXとは異なります。

理由は「アロペシアX」だけでは起こらない痒み、特に手首の痒みがその特徴を表しています。

そのため今回は脱毛症に対するアプローチと、痒みに対するアプローチの両方を行いました。

では本来の脱毛症ではおこらない「痒み」に対してどのようなアプローチを行ったか?というと、もちろん最初は「アポキル」です。

アポキルは、副作用が非常に少なく、飲みやすく、痒み全般をかなりの精度でおさえてくれる非常にいいお薬です。

しかし今回は処方する時点で「効きが悪い」という前提で処方しました。

もちろん「効けばOK」という期待もありましたが、「効かなければ次は〇〇〇」という次のプランを用意して、あえて最初にアポキルを選択しました。

アポキルの効果はというと、やはり「痒みはまったく改善なし」という効果なしの治療結果でした。

もちろん想定範囲内ですので、アポキルの処方は終了し、予定通り次に考えていたサプリメントを処方しました。

「痒み止めのアポキルを撤回して、次に出すのがサプリメント?」と思われるかもしれませんが、この症例の最大の見せ場はここです。

すると痒みもほとんど収まり、上の写真の通り舐めすぎていた手首の脱毛部位も綺麗な被毛が再生しています。

この流れであればもうお分かりだと思いますが、サプリメントは当院のオリジナルサプリメント、ヒーリングケアLFプラスです。

たかがサプリメントですが、されどサプリメントです。

的確な診断があれば、サプリメントはお薬を超える改善を示すことすらあります。

今回も初診時に「これはLFプラスで改善するだろうな」と判断してあえて「アポキル→LFプラス」という処方の流れをつくりました。

当院では医療を提供するクリニックでもあるのですが、医療だけではないサプリメントの重要性もお伝えできればとも考えています。

脱毛症を治すサプリメントではないのですが、痒み・舐め癖の治療選択肢としてヒーリングケアLFプラスは非常におすすめできます。

当院のオンラインショップで購入することが可能です。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

ステロイドの副作用で脱毛したシェルティの治療症例

2017.03.25

愛知・名古屋で犬の皮膚病治療のみを行う動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

春になりましたが、まだ少し寒さを感じます。

一時期ストレスから口内炎・吹き出物が多発し、寝不足も重なって絶不調でしたが、今はいいスパイラルに入り絶好調です♪

今日紹介するのは脱毛症のわんちゃんです。

普段は「痒みを伴う皮膚病」を診る機会が圧倒的なのですが、今回は「痒みを伴わない脱毛症」です。

【症例】

 犬 シェルティ

それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは全体像です。

綺麗な毛並みで、一見脱毛症があるようにはみえません。

今回の病変は1箇所だけ・・・

この左耳の裏側の脱毛です。

脱毛している部分と、正常な被毛がある境の部位を拡大してみましょう。

白くめくれたようなフケが大量に付着しています。

診断はここで決まります。

初診時から約2ヵ月後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

非常に綺麗な毛並みが再生しました。

このタイプは「完治」といえます。

原因は非常にシンプルで、「ステロイド外用薬の塗りすぎによる副作用」です。

当院としては「脱ステロイド」を正義の御旗のように謳うことはなく、積極的にステロイドを使う方なのですが、「使いこなすこと」がとても大事だと考えています。

ステロイドを使いこなすというのは、ステロイドを使っていいシーンと使わない方がいいシーンの診極めであり、使うべきときにしっかりと使う、使ってはいけないシーンを間違えないことです。

そして「使いすぎに早く気づくこと」、ですね。

今回のわんちゃんがステロイドを使うキッカケになった皮膚病をみていないため、「使うべきだったのかどうか?」に関してはわからないのですが、使いすぎに気づかなかったのが原因だと思います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

耳の先端でフケを伴う脱毛症「耳介辺縁皮膚症」

2016.10.02

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

看護師の協力を得れるようになってから症例報告が随分と楽になっています♪

今回は今まで掲載しなかったような症例も紹介しようと思います。

症例はチワワちゃん、耳の脱毛です。

元々通院されていたわんちゃんなので、初診ではありませんが「トラブルに気づいた最初の診察のとき」を紹介します。

特徴は耳の脱毛、特に辺縁でフケを伴って束になって抜け落ちます。

めずらしい皮膚病ではなく、結構よくあります。

診たことない先生はいないと思います。

進行すると激しい症状がでることもあるのですが、多くのわんちゃんで無症状ですし、「これが原因!」と特定することも困難なため、個人的には「攻め込みにくい皮膚病の一つ」でした・・・(苦笑)

長年しっくりくる「上手な治し方」を掴みきれていなかったのですが、最近は発症の原因を推測できるようになったり、治療成績も随分と高くなりなんとなく掴めた気がしています。

では、治療後と比較してみましょう。

おおよそ2~3ヶ月で改善が認められます。

最近治療したわんちゃんはみな予測どおりに改善したので、知り合いの先生にもコツを伝えてみました。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

医療に必要なものは経験か?それとも検査結果か?

2016.09.16

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

四六時中お話している「初診時の診極め」ですが、実は現代医学で重要視される「根拠」とは正反対にあるものです。

日常の診療でよくあるパターンですが、診た瞬間「きっとこうだろうな」という経験からの判断に対して、初診時には検査結果が出揃っていないこともあるため客観的な根拠がないこともあります。。

もちろん初診時に顕微鏡検査や一部の血液検査、画像診断などでの総合評価が加わっての判断のため、後日出揃う検査結果をみて想定外の「こんな結果がでるとは・・・」ということはほぼ皆無です。

しかし時に出揃った検査結果が予想通りではなく、診断名に悩むこともあります。

それは「診極め」に問題がある・・・という意味ではなく、「診極め」と「根拠となるべき検査結果」がリンクしないときです。

今日はそんな症例報告です。

【症例】

 9歳 紀州犬 男の子(去勢済み)

【病歴】

 〇3ヶ月前からお腹の脱毛、背中の脱毛と広がってきた

初診時の状態、症状は背中のみになっています。

診た目の診断面は「感染症」、この判断で間違いではないですが、ポイントは基礎疾患の評価です。

高齢期になり、フケを伴う円形脱毛症が複数・・・・・疑うべきは「内分泌疾患」です。

初診時の「診極め」は

 〇感染症は内服&スキンケアで改善可能
 〇基礎疾患に内分泌疾患として候補は2疾患、甲状腺疾患または副腎疾患のどちらかがあるはず!

です。

検査結果は・・・・

 〇一般&生化学検査は甲状腺疾患・副腎疾患の両方を示唆
 〇エコーは副腎疾患の可能性を残す
 〇ホルモン測定では、副腎検査が正常値、甲状腺検査のみの異常値

副腎疾患の検査精度はあまり高くなく、正直なところ検査結果より自分の判断が正しいことの方が圧倒的に多いのですが・・・

実際の治療レベルとしては、

 〇甲状腺疾患の治療薬は、万が一副腎疾患だったとしても副作用はまずないだろう
 〇副腎疾患の治療薬は、万が一副腎疾患でなければ使うべきではないし、副作用が起きたら大変

のため、自分の判断は一旦保留としました。

ということで、初期治療は「まず甲状腺疾患の投薬治療を試験的に開始、ただし副腎疾患であれば改善しないためあくまで試験的治療である」としました。

しかし初診時から6ヶ月後、感染は完全に治ったにもかかわらず、被毛の再生は若干あるものの、十分とはいえませんでした。

そこで飼主さまとよくよく相談して、検査結果上では副腎疾患を確定する結果はなかったのですが、投薬治療を副腎疾患へシフトすることにしました。

それから2ヶ月・・・・

※クリックすると拡大することができます。

フワフワにもどってきました!

この時代の医療は難しいですね。

個人的に重要視している経験は根拠にならず、必要な根拠は検査結果(データ)です。

しかし検査の正確さは100%に遠く及びません。

そのため最後の最後の判断は検査結果に頼りきらずに、たとえ検査結果がそろわなくても、検査結果を否定する医療であっても経験を優先すべきと日々感じています。

時代はAI(人工知能)にシフトする方向でもう変わることはありませんが、AIがこの難問をどうクリアするのか見物ですね♪

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

ポメラニアンのアロペシアX(毛周期停止)の治療成績②

2016.05.17

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

昨日非常にうれしい連絡がありました♪

GWの東京遠隔診療で診察したシーズーのわんちゃんの飼主さまから、

「痒みは気にならない程度です。(以前は寝ていても突然起きてガシガシ噛んだり舐めたり、足でボリボリ掻いてました)今はないです。

炎症は赤い所はないです。(以前赤く(かさぶたの様なフケ?)腫れぼったかった足の関節(踵?)が薄いピンク色程度になりました。(かさぶたなし)

シャンプーして4日目ですが、匂いは気になりません。

べたつきも気になりません。(毛並みもいい状態)

フケはほとんど落ちなくなり、目の上、喉 お腹 手足 フケかさぶたほとんどない状態です」

というご連絡をいただきました。

事前の問診で「2次医療施設で長期間、さまざまな治療を受けてきました」という経過があったため、少し心配でしたが、予測通りのいい反応が10日間という非常に短期間で得られたことで本当に一安心です。

ですが、何度もお話するように、すべてが遠隔診療の対象になるわけではありません。

その疾患の一つに、ポメラニアンやトイプードルに多い脱毛症「アロペシアX(毛周期停止)」という疾患があります。

当院のブログでも何度も取り上げてきた疾患ですが、今日は少し前にも紹介したわんちゃんのその後を紹介しようと思います。

   以前の紹介記事 ⇒ ポメラニアンの脱毛症「毛周期停止」「アロペシアX」の治療

まずは初診時の写真を改めてご紹介します。

初診時から約2.5ヶ月後をみてみましょう。

本来あるべき毛並みの80~90%は改善したと評価できます。

それに伴い湿疹もほぼ消失し、皮膚コンディションそのものが改善したということも言えると思います。

ポメラニアンやトイプードルに多い「アロペシアX」「毛周期停止」という脱毛症ですが、必ずしも同様の治療成績がだせるわけではありません。

「やってみないとわからない」というものですが、この2~3年は以前よりも随分と治療成績があがってきました。

しかし同時に「それでも改善しないわんちゃんもいる」のは事実で、事前に予測することもできません。

そのため最近は新しい治療に取り組み始めました。

おそらくいい反応が得られるのではないか・・・と予想しています。

1~3ヵ月後にまたお知らせができるように取り組んでみようと思います。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

雑誌「犬の気持ち」に掲載されました♪

2016.04.19

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

寒くなったり、雨上がりに夏のような暑さを感じたり、風が強かったり・・・季節の変わり目を実感しますね。

今日はベネッセの犬の気持ちの雑誌に掲載されたわんちゃんの症例報告です。

【症例】 ポメラニアン

【経過】 全身の脱毛で治療を行うも改善がない

去年の2月に途中経過を掲載しましたので、その続きです。

この脱毛症は「毛周期停止」といい、かつては「アロペシアX」とよばれていたり、ポメラニアンに特に多いため「ポメハゲ」ともいわれていた非常に有名な脱毛症です。

積極的な治療をしなければ改善しないことが多く、いかに適切に診断し、積極的な治療をするかが治療のポイントになります。

初診時の状態をみてみましょう。

まずは顔を正面から。

続いて、脱毛がでやすい頚部です。

続いて胸部。

続いて、この脱毛症の特徴的な胸部~頚部の脱毛です。

最後に大腿部、尾側からみた写真です。

それでは治療後の写真です。

まずは頚部。

続いて、胸部。

続いて側面。

最後に大腿部です。

フワフワの美しい被毛が再生しました。

そしてタイトルにあるとおり、ベネッセの犬の気持ちの雑誌5月号に掲載されています。

獣医師として来院された飼主さまのリクエストに応えることは当然でもありますが、「飼主さまの笑顔」につながる仕事ができたことは何より獣医師冥利につきるなと改めて感じることができました。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

ポメラニアンの脱毛症「アロペシアX」「毛周期停止」の治療

2016.03.28

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今日はFNSうたの春まつりをみながらブログを書いています。

この時期ですので卒業に関連した内容なのですが、みなさまは卒業式に何か思い出は残っていますか?

僕は卒業式の日に女の子に第2ボタンを・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もらわれたこともないので、いい思い出は何もないです(笑)

さ、そんなさみしい思い出話は早々にやめて、数ヶ月お休みしていた症例報告にきりかえましょう。

日々同じような診察をしているようで、新しい発見が次から次にみつかるのが診療最前線なのですが、つい先日も新しい発見がありました。

今回紹介するのははるか昔から有名な病気、「ポメハゲ」「アロペシアX」「毛周期停止」の名前で呼ばれる脱毛症の治療です。

まずは初診時の正面・・・は向いていませんが、実はこの脱毛症は「かわいい子に多い」というのが定説になっています。

バンザイの姿勢で、胸のあたりをみてみましょう。

大きな湿疹がたくさん認められます。

続いて、腹部です。

同じく大きな湿疹が数多く認められます。

続いて、側面。

この疾患に特有の脱毛が認められますね。

この湿疹が全身に無数にあります。

最後に背中を上からです。

重度ではありませんが、典型的なアロペシアXです。

その診断を下して治療開始からわずか4週間後をみてみましょう。

まずは胸とお腹です。

湿疹は非常に綺麗になっています。

胸の辺りはすでに新しい被毛が再生しており、数ヵ月後にはフワフワになっているのが予想できます。

続いて、側面です。

アロペシアで脱毛が進行しやすい頚部の側面を拡大してみます。

同じくアロペシアXで脱毛が早期から認められる胸部側面です。

当院の治療の中で湿疹が治るのは当然として、「治し難い脱毛症」で早くも被毛の再生が認められています。

個人的にはこんなに早くの再生があるのは初めてなので、ちょっと驚きました。

多くの疾患で「おおよそ〇ヶ月でよくなるでしょう」が予測できる中で、この脱毛症だけは被毛の再生時期を予測することが難しいです。

中には半年以上かかることもあります。

今回のポメちゃんはかなり早い時期での再生が認められたと思います。

このアロペシアXの脱毛症の治療にはさまざまな考え方があり、「命に関わらないため治療の必要性はない」とされがちですが、個人的には病気の1つとして積極的な治療は選択肢の1つだと思います。

その理由は今回の症例の膿皮症です。

この膿皮症、おそらくアロペシアが原因で起きています。

ポメラニアンは本来ではそうそう難治性の膿皮症になることはないのですが、「アロペシアがゆえに膿皮症が治らない」となる症例が少なくありません。

従来では「アロペシアは毛が生えないだけ」とされていましたが、「皮膚コンディションが低下する病気」として捉えて治療が必要だと思います。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop