皮膚科ブログ

  • HOME
  • 皮膚科ブログ

【マルチーズの皮膚病】アポキルと併用すべき心因性治療

2018.11.29

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回はマルチーズの症例です。

 

【症例】

マルチーズ 7歳 男の子(去勢手術済)

 

【経過】

〇手足を舐める、爪をかじるのがひどい

〇季節性は無く1年中続く

〇2~3ヶ月前から口唇を痒がる

 

 

それでは、初診時の状態です。

まずは、体の正面です。

 

 

左側の口唇周りとその拡大です。

 

 

 

右側の口唇周りとその拡大です。

 

 

手舐めがひどいのですが、爪を執拗にかじっているため、写真でわかるほどの皮膚炎はありません。

 

 

それでは、初診時から約8週間後の状態と比較してみましょう。
※写真をクリックすると大きくすることができます。





 

口唇の赤みや腫れも引き、痒がることも少なくなったそうです。

数年つづいた手舐めも「たま~に舐める程度」となり、爪をかじるのは一切なくなりました。

このような症例には当院が開発したサプリメントが非常に有効です。

当院で開発したスキンケア&サプリメントは以下のオンラインショップでお買い求め頂けます。


【症例報告制作者】 看護士 長尾

・・・・・・・・・・

【獣医師の解説】

数年単位で続く手舐め・足舐め・爪かじりと、ここ最近の口唇の痒みです。

口唇と四肢端の痒みであればアトピー・アレルギー関連を疑うのもありですが、今回は発症のタイミングにかなりズレがあります。

確かに口唇が極端に赤く腫れてはいますが、口唇の痒みは7歳手前からの発症のため、典型的なアトピーではないかと思います。

この発症のタイミングが違う点からも、手先の痒みと口唇の痒みのアプローチをまったく同じにしてはいけないことがわかります。

今回は、口唇には赤く腫れていることに対する積極的な痒み治療をメインとし、手先は心因性アプローチをメインとしています。

この症例ではアポキルがある程度効きますが、アポキルが最優先というわけではないため、最初だけしっかり使ってどんどん減らしていくことが可能というタイプです。

実際1日1回から始め、すでに3日に1回という頻度まで減っています。

初診時にアポキルがどの部位にどの程度効くのか、アポキル以外に必要な心因性治療がどのレベルで必要なのかを判定することが重要です。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop