皮膚科ブログ

  • HOME
  • スキンケアECプラス

チワワ・トイプードルに多い脂漏性皮膚炎の治療

2018.06.30

チワワ・トイプードルに多い「皮膚が脂っぽい」「フケがでる」など痒みを伴う脂漏性&アトピー性皮膚炎の治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

梅雨も終わり夏の始まりですね。

気温・湿度の影響で皮膚トラブルも増える傾向があるため、シャンプーを含めたスキンケアには力を入れていかなけばいけません。

それでは今日の症例報告です。

【症例】

 トイプードル×チワワ 3歳半 女の子

【経過】

 〇8か月前から続く痒み

 〇冬での改善はなく、通年性(疑い)

 〇4か月漢方治療をしたものの、悪化を認める

 〇当院で3件目動物病院

 〇痒みは、頚をかく、前肢なめる、後肢(スネ~甲)の痒み

それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは全体。

続いて、頚部とその拡大。

続いて、右前肢です。

続いて、左前肢です。

続いて、胸部とわきの拡大です。

全体的に皮脂が多くべたついており、慢性的な皮膚炎により皮膚が硬く分厚くなっています。

初診から時に薬浴して3週間後の2回目の再診時のときとの比較をみてみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

初診時の薬浴前に毛をカットした影響で被皮が少なくみえますが、

 ①皮脂がほとんどない(サラサラ&臭い無し)

 ②皮膚がやわらかくなっている

 ③皮膚炎がほとんどない

 ④色素沈着の減少

が認められています。

もちろん肝心の痒みもほとんど解消されました。

トイプードルとチワワには遺伝的に「アトピー」と「脂漏」が出やすい傾向があります。

こういった症例ではスキンケア&投薬治療をメインとして、再発防止(体質改善)のためにサプリメントという3つのアプローチが効果的です。

今回の皮膚科診療でのポイントとしては「治療効果の予測」かと思います。

病気に対するアプローチ方法にはさまざまな考え方があるため、治療に正解はないのですが「痒みを確実、かつ最短で抑える治療法」を提案できたことではないかと思います。

医療にはインフォームドコンセントという言葉があり、丁寧な説明をして治療プランのいいところ・悪いところの説明の上で飼主さまに同意・選択してもらうことがいいとされていて、飼主さまが治療法を選ぶことがいいような風潮がありますが、「こうしたら確実によくなりますよ」というベストを選択してもらうことも適切なインフォームドコンセントだと思います。

そのため「やりたいこと、やりたくないことなど拘りがあれば希望をききますが、『おまかせ』がベストです」と伝えることが多いです。

今回は過去の東洋医学とは正反対の西洋医学でのアプローチで、飼主さまの不安もあったかと思いますが、医療には「経験」が非常に重要なため「おまかせ」が一番いい選択肢だと思います。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【チワワの皮膚科専門外来】1度の診療で遠隔治療が可能

2016.10.25

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

随分と涼しく、夜は肌寒さも感じるようになりましたね。

来月の予定ですが、11月3日(木)に東京都葛飾区内の動物病院で皮膚科診療を行います。

東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいの方で、当院まで通院が困難な方への初診を行います。

ブログでその受付を告知しなければ・・・と思っているうちに、問い合わせへのメールに終われ・・・・・定員に達したため受付を終了しました。

ブログでの初のお知らせが受付終了のお知らせになってしまい、申し訳ありません。

そんな当院の遠隔診療ですが、原則直接診療は初診の1回きりです。

この1回の診療で改善まで導くのが遠隔診療の最大のポイントです。

今回紹介するわんちゃんも7月に埼玉の動物病院で開催した皮膚科診療を受診されたチワワちゃんです。

【症例】

 チワワ 6歳

それでは初診時の状態をみてみましょう。

この初診から1ヵ月半後、飼い主さまにご自宅で撮影していただいた写真を見てください。

まずは脇~肘(左)の内側です。

つづいて、右腕の肘付近です。

つづいて、頚部~胸部です。

まったく同じ視点での比較ではありませんが、かなりきれいになっているのがわかると思います。

ポイントはメールと写真で改善までのイメージができることです。

実際に診察を行いますが、その診察時に治療を悩むことはありません。

もちろん顕微鏡検査・血液検査・超音波画像診断なども行いますが、確認作業であり、検査結果が出揃う前から治療内容がほぼ確定できるほどぶれることはありません。

すべての皮膚科疾患が遠隔診療の適応になるわけではないのですが、典型例であれば10中8,9改善可能です。

この夏に関東・関西圏で20頭以上のわんちゃんを診察しましたが、全頭十分な改善が確認できました。

遠方にお住まいで通院が困難な方でも、当院の遠隔診療で高い治療成績が見込めるわんちゃんもいますので、お困りの方は一度ご相談ください。

東京で開催している皮膚科診療を受診されたい方は、

直接受診後の遠隔診療、またはご自宅までの往診をご希望の方は、

あくまで経験からの判断ですが、遠隔診療での改善の見込みがあるかの判定を行います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

チワワの皮膚病治療の進め方②

2016.08.29

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

夜は随分と涼しくなりましたね♪

先日のブログで「チワワの皮膚病治療の進め方(初診時)」を掲載しました。

本日はその続きです。

改めて全体像を紹介します。

治療は2つに分かれます。

まず1つめは「痒みのコントロール」です。

9日後の状態と比較しましょう。

最もひどかった首の傷をみていただきたいと思います。

治療前の痒みレベルを10として、9日後は「4」まで改善しました。

傷も消失しました。

しかしまだ全体的に皮膚・毛並みで正常になったという感じはありませんね(まだ9日ですから)。

もう一押し、痒みの治療に集中していきます。

その後次の治療ステップに入ります。

そこから2~3ヶ月できっと変わると予測しています。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

チワワの皮膚病治療の進め方(初診時の紹介)

2016.08.21

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

お盆休みも終わり、夏も終盤ですがまだまだ暑い時期が続いていますね。

今日は昨日初診で来院されたチワワの皮膚病を紹介します。

【症例】 

  チワワ 約3歳 女の子(未避妊)

【病歴】

 〇2年前の保護引取り時から継続する慢性皮膚病
 〇通年性の痒み
 〇ステロイドで痒みの改善があるが、服用をやめると痒みがぶり返す

初診時の状態です。

慢性的な痒みを伴う皮膚病で、フケ・皮脂が多く、独特の臭いもあるため、パッと見た目で「チワワの慢性皮膚炎のよくあるパターン」に見えます。

きっとその判定で間違いないと思うのですが、このわんちゃんには「チワワによくある皮膚炎」意外にもう一つ隠れた基礎疾患があると予測しています。

アトピー、アレルギー系の治療やスキンケアだけでは改善しない基礎疾患です。

初診時の診極めで重要なのはそこまで想定してこの後の治療方針を立てることだと思います。

まずは1ヶ月で痒みの改善を、そしてそのあと3ヶ月で毛並みの改善を目指します。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【診極め】診断は瞬間に、治療は一寸の狂いなく②

2015.12.07

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

日曜日にセミナーのために名古屋駅まで行きましたが、街はクリスマスモードでとても華やかでした♪

今年のクリスマスの予定はまだ決まっていませんが、麻衣子先生となにかおいしいものでも食べようと思っています。

今日は先日紹介したチワワの皮膚病の症例報告とほぼ同じ内容です。

平成27年10月28日のブログで 【診極め】チワワの脂漏性マラセチア性皮膚炎 で紹介した黒のチワワの治療症例を紹介します。

※画像をクリックすると大きくすることができます。

それでは顔の左右から。


続いて、頚部。

続いて、身体側面左から。

続いて、頚部の左側。

同じく頚部の左側の拡大です。

続いて、身体側面を右から。


頚部の右から。

続いて、腹部側面の右から。

最後に後ろ足。

非常に綺麗に改善しました。

治用に要した期間は7週間です。

このタイプの皮膚病は診た瞬間に治療方針を決めることができ、1~2ヵ月後が頭の中にイメージできる疾患です。

もちろん先入観で診てはいけないため、必ず複数の病態パターンを想定し、必要な検査をしながら目標地点まで最短ルートを描くことが重要です。

今年は「診極め」と評して、「改善しました」という事後報告ではなく、受診直後の状態を紹介し「今から治療を開始します」という背水の陣のような症例報告を数多く取り組んできました。

その診極めも今年は今回の症例報告で一旦終了なのですが、今年紹介した全症例で想定どおり改善させることができました。

ただ1年通してみたときに、この「初診時に診極め」の精度は90~95%だと思いますので、残りの部分でまだまだ反省すべきことは多々あると感じています。

医療ですので100%は絶対にないというのことはわかっているのですが、、+1%を積み上げるのに膨大な努力と時間を費やしながら100%にどれだけ近づけることができるのか・・・

ここまで到達すると1%がとてつもなく大きく、未知の世界でもあり、1年後のプラス1%さえ僕にはわかりません。

来年は今年できなかったことが一つでもできるように、また色々と考えて診察に取り組もうと思います。

昨日より今日、今日より明日

昨日できなかったことが今日できるように、今日できなくても明日できるように

がんばります。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【診極め】診断は瞬間に、治療は一寸の狂いなく

2015.12.05

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

1年最後の12月、月日が経つのが早いと感じますね。

去年の自分に今の自分が想像できたのか?と考えると、来年の自分のポジションすらわかりません。

この数年はこの「社会におけるポジション」という言葉に振り回されて走り続けている自分がいます。

日々悩みはつきませんが、走り続けるための症例報告をします。

平成27年10月28日のブログ 【診極め】チワワの脂漏性マラセチア性皮膚炎 で紹介した症例の治療経過です。

本日平成27年12月5日に受診されたので、比較してみたいと思います。

初診時の状態は比較写真だけでなく、前回の記事もご参考にしてください。

当院受診までの経過は数年間に及び、当院は4件目の動物病院でした。

※画像をクリックすると大きくすることができます。

まずは顔の正面から。

続いて、下顎~頚部です。

若干小さいので、下顎の部分だけ単独で拡大してみましょう。

続いて、前肢です。

続いて身体の側面と、その拡大です。

赤み、痒み、臭いすべてクリアでほぼ症状はありません。

治療にかかった期間はわずか6週間、初診時に提案した検査項目・治療方針以外の追加・修正はなく、一寸の狂いもありませんでした。

前回の記事で黒チワワちゃんの症例も紹介したのですが、同じく痒みのコントロールができており順調です。

ただ被毛がまだ十分に再生していないので、もう少し先に紹介しようと思っています。

適切な医療に併用する大事なポイントはスキンケアとサプリメントです。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【診極め】チワワの脂漏性マラセチア性皮膚炎

2015.10.28

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

先日のブログで「休日はスイッチをOFFに」とか言ってましたが、今週の休日は事情により明日の午後にスイッチを切る予定です。

実質の休日は半日ですが、麻衣子先生と素敵な半日を過ごしたいと思っています♪

では初診時の診極めの新しい症例です。

チワワによく認められる難治性になる典型的な皮膚病です。

実はもう1症例同じ時期に、まったくタイプのチワワの症例が来院されましたので、同じく紹介します。

皮膚病をみるときに教科書的な診断名からアプローチすると「間違ってはいないけど改善しない」という迷走につながることが多々あります。

大事なのは

 体質 × 診断名 = 表現形

というイメージを持って初診時に診ることです。

すると診断名のもつ意味が違ってきます。

僕がよく「教科書だけでは治らない」といっているのはこのことです。

教科書には間違ったことは書いていないのですが、治療に大事なことが書かれているとは限りません。

そのため臨床家は「読む」ではなく「診る」が大事なんですね♪

  痒みの改善に必要なのは1週間

  ベタベタの皮膚がサラサラになるのに2~4週間

  被毛がフワフワになるには2~3ヶ月

必ず改善できます。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【チワワの皮膚科専門外来】脂漏性マラセチア性皮膚炎

2014.09.13

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック院長平川です。

今年の上半期は移転準備を理由に症例報告に手をつけていなかったのですが、最近気持ちを切り替えて取り組むようになり、少しばかり自分にスイッチが入ったような気がします。

何でも治せます!なんていえませんが、美しくアグレッシブに攻める診療をお魅せできればと思います。

今回もチワワですが、前回の症例報告でチワワにはいくつかパターンがあるというお話しをしました。

「脱毛」、「アレルギー」、そして「脂漏」です。

脂漏にも大きく2パターンあるのですが、そのうちの1つを紹介します。

【症例】

 チワワ  7歳  男の子

【経過】

 〇3年前から皮膚病、1年通して発症している。
 〇季節性があり夏が最も悪い
 〇過去に抗生物質、シャンプーを処方されたが改善なし

初診時の状態をみてみましょう。

まずは頚部から。

同じく頚部の拡大です。

続いて、頚部のやや下の全胸部~前肢です。

続いて右前腕とその拡大。

続いて、左前腕とその拡大です。

続いて、腹部。

続いて、右内股と膝部分の拡大です。

この初診時から6週間後の状態と比較しています(治療は5週間です)。

それぞれ画像をクリックすると拡大してみることができます。

まずは頚部と、その拡大です。

続いて、前胸部~前肢。

続いて、右前肢とその拡大。

続いて、左前肢。

初診時と角度が若干かわっていますが、内股です。

※後肢の拡大がありませんが、治療後の撮影を忘れてしまいました。しかし同様に改善しています。

スキンケアのため部分的に被毛をカットしているため短くなっていますが、皮膚のコンディションが正常に戻っているのがわかると思います。

このタイプは初診時に治療の方向性を明確にすることが可能であり、この最速の治療結果にはスキンケアが最も重要です。

四季の森どうぶつクリニック
獣医師 平川将人

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop