皮膚科ブログ

  • HOME
  • 皮膚科ブログ

【根本的治療】抗生物質を使わず犬の膿皮症を治す方法

2020.03.18

再発しやすい犬の膿皮症の治療に力を入れている皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

犬の膿皮症治療といえば抗生物質ですが、治りにくいこもはもちろん、よくなってもお薬が無くなると再発しやすい場合も多々あります。

今回紹介する症例は、

 ①抗生物質で治らない膿皮症をどのように治していくか

 ②抗生物質がないと再発する膿皮症を抗生物質なしで治し、再発させないためにどうするか

を順番に実現させた非常にわかりやすい症例です。

【症例】

 ビーグル 3歳

【経過】

 〇半年前から膿皮症が治らない

 

それでは初診時の状態から。

続いて、頚部~前胸部です。

続いて、胸部と腹部、内股の拡大です。

 

 

続いて、右側面と右大腿部外側の2枚です。

 

半年前からこの状態がずっと続いているという主訴でした。

この初診時に以下の治療を行いました。

 ①抗生物質

 ②食事療法

 ③Medicareスキンケアシリーズ

 ④スキンケアECプラス

この4点で1か月後には皮膚炎(膿皮症)と痒みはおさまったのですが、抗生物質をやめて1~2か月後には再発してしまいました。

ただ、この再発も初診時の想定の範囲内で「もう1つ治療した方がいい」という問題点が残っていました。

そのため抗生物質が終了となった時点で、「短期間で再発したら残ったもう一つのアプローチを行いましょう」と事前にお伝えしていました。

再発時は「想定通りの再発」であり、予定通り次のアプローチを行いました。

この2回目の治療には初診時で採用した「抗生物質」は併用しませんでした。

この2回目の治療から2か月後の状態と初診時の状態を比較してみました。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

 

 

抗生物質を使わずすべての膿皮症が消失しました。

湿疹はゼロ、皮膚炎もゼロ、痒みなし、毛並みも非常にきれいに改善されています。

膿皮症の原因は「細菌感染」とされ、殺菌がメインとなっているのが今の皮膚科診療ですが、根本的には「最近が増える理由」を抑えるべきだと考えています。

この根本的な治療が食事療法、スキンケアECプラス、そして適切な医療、すべてが揃うことだと思います。

 

あと、最大のポイントは「初診時にこの流れを想定できること」だと考えています。

 

※今回の治療症例も提携病院には詳細な症例報告をお送りしています。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【犬の皮膚病】アポキルが効かない痒みの2つの原因

2020.03.18

痒みを伴う犬の皮膚病治療に力を入れている皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

アポキルを毎日服用しているのに痒い(掻く・舐める・齧る・嚙む・こする)症状が改善しないときにどうすればいいのか?と悩んでいる飼主さまも多いのではないでしょうか。

今回はそんな症例報告です。

【症例】

 3歳 ジャックラッセルテリア

【経過】

 〇1年前から全身が痒い

 〇アポキルを毎日服用しても「少しマシ」という程度

 〇掻きむしる、かじる、噛む、こするなど症状が強い

それでは初診時の状です。

続いて、頚部です。

続いて、右前腕のやや内側と外側からの2枚です。

続いて、胸部と腹部の2枚です。

 

最後に、右後肢の外側です。

 

この初診時から3か月後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

続いて、胸部と腹部の2枚です。

当院に来院するまではアポキルを毎日服用していても「痒い!」という状態でしたが、3か月後には「1週間以上服用していないけど特別痒くない」というレベルまで改善しました。

もちろん掻きむしることはほぼありません。

 

この症例には標準医療ではアプローチできない原因が2つ隠れています。

アポキルは非常にいいお薬ですが、すべての掻痒を抑えるわけではありません。

医療にエビデンスは非常に重要かと思いますが、すべてが検査で分かるわけではありませんし、未知の疾患もあるため、エビデンスがなくても「安全性高く劇的に改善させる」という形も医療の1つかと思っています。

なんとか今年中に世界に向けて発表したいと思います。

※提携病院には詳細な症例報告を配布しています。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【関東往診】スキンケアECプラスと食事療法だけで改善した柴犬

2020.02.21

こんにちは、獣医師の平川です。

当院のオンラインショップでは「痒みケアスターターセット」ご購入の方には無料相談メールをお送りして、簡単なアドバイスを提供しています。

場合によっては診療をお勧めするのですが、今回はこの無料相談がきっかけとなって診察につながりました。

お住まいは関東でしたので、久しぶりに関東まで往診に行ってきました。

まずは無料相談メールでいただいた写真から紹介します。

柴犬に多い慢性皮膚病の典型例の1つですね。

この時点では直接受診ではないのですが、当院のスキンケア&サプリ(ECプラス)と適切な食事療法をご提案しました。

そこからわずか2か月後です!

 

投薬治療を一切しておらず、当院のスキンケア&サプリメント&食事療法だけでここまでよくなりました!

激しい色素沈着と毛並みの異常がありましたが、非常に綺麗に改善していますね。

すべての症例がスキンケア&サプリメントで改善するわけではないのも重要ですが、ここでみなさんに知ってほしいのは

「食事療法&サプリ(スキンケアECプラス)」のセットは非常に大事ということです。

意外と「食事はこだわって選んでいる」と自信のある方も多いのですが、おそらく大半の食事療法が「よくならない原因」の一つになっています。

もちろんよくなっていればいいのですが、よくなっていない以上は「今の判断はよくない」と考えなおす必要があるかと思います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【アポキルが効かない理由】3つの原因を同時に治療

2020.02.08

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回はイタリアングレーハウンドの症例です。

 

【症例】

イタリアングレーハウンド 3歳 女の子(避妊手術済)

 

【経過】

〇1歳になる前から痒みが出てきた

〇アポキルを服用しても改善しない

〇へそ、腰、後肢、陰部、足先を舐める

〇頭~首を掻く

 

それでは、初診時の状態です。

まずは、体の正面です。

 

顔(右側)です。

 

頚部です。

 

体全体(右側)です。

 

頚部(側面)です。

 

右大腿部です。

 

足先です。

 

臀部です。

 

それでは、治療後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

口唇周囲の皮膚炎が改善されています。

続いて、頚部です。

元々皮膚炎が強かった部位ではないのですが、非常に重要な部分で、「毛並み」が改善しています。

 

遠目ではわかりにくいのですが、拡大することでよくわかります。

続いて、頚部の右側面の拡大です。

毛並みが非常によくなっているのが分かりますね。

続いて、右後肢側面(膝周辺)です。

膝の周囲の皮膚炎、脱毛(かじっていた)部分が非常に綺麗に改善しています。

続いて、肢端です。

かじっていたため地肌がみえていましたが、かなり綺麗に改善していますね。

続いて、左大腿部尾側(腰背部)です。

ここもかじっていたため毛が短くなって脱毛していましたが、綺麗に改善しました。

今回の症例のポイントです。

「アポキルが効かなかった」

純粋な痒みであればアポキルは非常によく効きます。

かといって掻く・こする・舐める・齧るといった掻痒症状が、すべて「痒い」から来ているとは限りません。

痒くなくても掻いたり齧ったりすることだってあります。

今回の症例では診た瞬間に「純粋な痒み」以外に2つの問題があることに気づかなければ治療がうまくいきません。

1つは「イライラしている」という心因性の問題です。

2つは「遺伝的な皮膚コンディション異常」によって起きている問題です。

この2つに同時にアプローチすればアポキルが効いてきます。

アポキルが効かないという表現ではなく、アポキルが効く痒み以外の問題点を見つければしっかり効くということです。

ということで、治療成功に必要なのは初診時にこの2つが判断できること、そして効果的な治療方針を立てれることになります。

 

アポキルを服用しているのに十分な効果が得られないと悩んでいる方は当院までご相談ください。

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【日進月歩の医療】お待たせしました。今なら治せます。

2020.01.28

こんにちは、フレンチブルドッグの皮膚病治療に力を入れている皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今日は3年前から通院しているフレブルのわんちゃんの紹介です。

改善するのに3年かかったわけではないのですが、有力な治療法がなく待っててもらっていた症例です。

元々顔・四肢端の痒み(アトピー)、背中の湿疹(膿皮症)で当院を受診され、これらの問題点は少ない通院頻度でコントロールできていたのですが、薄毛だけが目立って残っていました。

意外とこのタイプのフレブルわんちゃん多いですね。

「生まれつき」「こういうもの」と思われている方が99%と思いますが、これは「異常」です。

ただ当時は有力な治療法がなかったため、「これを治すことができたらもっとよくなるので、いい治療法が見つかったらご提案しますね」とお伝えしていました。

あれから約3年、医療は進化しています。

「お待たせしました。今なら治せますよ!」

しっかりと説明した上で治療に取り組むことに同意していただけました。

そこからわずか2ヵ月後、

 

治療結果は劇的、非常に綺麗な毛並みに再生しました。

脱毛症の治療として毛生え薬を使ったわけではありません。

「皮膚コンディション」を改善させれば毛は生えるということです。

1年前まではできなかったことなので、これからはフレブルの治療成績が今まで以上に向上していくと感じています。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【標準医療が変わる瞬間⑥】脂漏症の根本的治療法

2019.12.29

シーズーの脂漏症(マラセチア性皮膚炎)の治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

ここ最近非常に力を入れている「新しい治療法」ですが、この年末も相当数のいい結果を得ることができました。

 【標準医療が変わる瞬間】脂漏症の新しい治療法

 【標準医療が変わる瞬間②】未来の医療は想定外にある

 【標準医療が変わる瞬間③】より根本的な治療法

 【標準医療が変わる瞬間④】一つ上の治療成績

 【標準医療が変わる瞬間⑤】膿皮症の再発を抑える方法

過去に5症例掲載していますが、今回もこの治療法の続きです。

【症例】

 シーズー

【経過】

 〇過去何年も治療してきたがよくなったことがない

当院受診時に脂漏症が重度で、院内薬浴&積極的な内服治療、そして食事療法・サプリメント・自宅でのスキンケアと当院の標準治療をしっかり受けていただいた症例です。

初診時から約2年治療させていただき、前半のうちに著しい改善を認めましたが、院内薬浴を終了してからは他のシーズーの症例に比べると「脂漏がぶり返しやすい」傾向がありました。

そこで「新しい治療法が奏功するのでは?」とご提案して受けていただくことにしました。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

まずは左側面(胸部)とその拡大です。

 

続いて右側面(胸部)とその拡大です。

毛が生えた(伸びた)ではなく、皮膚コンディションが著しい改善を示しました。

過去2年間治療してきた飼主さまがビックリするほどの変化で、「シャンプーから時間がたってもベタベタしない!」と評価していただけました。

2年間ずっと診ていた僕も「すごい、これほどとは」と正直驚きでした。

今までこのタイプに対して、「スキンケア&サプリメント」「食事療法」、そして「院内薬浴&投薬治療」で相当数の症例報告をしてきましたが、1つ・・・いや2つくらい上のレベルに治療成績が上がったと思います。

 

それにしてもこれも生命の神秘?とでもいうのか、個人的にとても興味深いことだと思っていることがあります。

この数回紹介しているタイプですが、病気として異なるタイプだと思いませんか?

皮膚が硬い症例だったり、脂漏症だったり、ブツブツタイプだったり、背中の脱毛症タイプだったり、毛が薄く太腿の毛が束で抜けるタイプだったり・・・

なのに治療法がすべて一緒、ホント不思議なことありませんか???

まるでなんにでも効くような魔法の治療法????

 

医療にそんな都合のいいことはないので、それはないのですけどね。

わざとわからないように書いてみましたが、実は共通点があります。

なのでこの不思議な治療法がどの症例に効くのか10中8,9以上の確率で当てることができます。

医療の100%はないので絶対はないのですが、それでも実績でいえば90%をゆうに超える確率です。

答えは言えませんが、ヒントは

 

「正常を知る」

 

です。

なんの正常を知るか?

1つは

「犬種の遺伝的正常を知る」

です。

この1つ目で相当数の症例を判定することができます。

なので今なら初診時にほぼ目星をつけて治療に臨むことができます。

 

ただ、この1点だけでは適応症例の全範囲をカバーできません。

残り(2つ目)は、

「治療結果の正常を知る」

です。

ある治療法に対して「この治療をしたら〇〇の結果を得られるはず」という正常を知っていれば、

そうならなかった(上手くいかなかった)ことが異常だと判定できます。

その手ごたえが「もう1つ隠れている病気がある」の根拠になります。

 

さてこのテーマで来年論文を書いてみようと思うのですが、唯一のネックが「異常所見なし」なんですね。

診断できる客観的な評価法は今のところありません。

だからこその「想定外」なんですけどね。

しかも「〇〇が奏功した1例」とかではなく、症例数が膨大なだけに悩みどころとなっています。

だれかの手助けがほしい・・・

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【2019仕事納め】心の〆日

2019.12.28

こんにちは、獣医師の平川です。

いよいよ本日28日(土)が今年最後の診療日となりました。

少し前の記事 【年末の恒例行事】2019年回顧録で1年をふり返ってみましたが、個人的には1年間モチベーション高くしてやりきった感がります。

しかも最後の最後の12月にまた「閃き」でおもしろいことを思いついてしまい、我慢できずに新しい取り組みを始めてしまいました。

これもまた「想定外」でまったく新しい治療なんですが、勝手なイメージでうまくいくのではないか・・・と期待しています。

かなり楽しみです。

 

そしていよいよ年末年始、12月は区切りなので特別ですね。

何が特別かというと、月末恒例の「マリオカート」の話、今年のマリオカートも明日が最後です。

いつもはゴールの翌日には「レディ、Go!」というマリオカートなのですが、年に1回スタートラインに立たなくていい休みがこの年末年始です。

明日から少し自分で自分に課した重みを忘れて過ごしたいと思います。

 

最後に当院受診の飼主さまへ。

本当に1年ありがとうございました。

1件1件来ていただけることに感謝して、お役に立ちたい、期待に応えたいという想いで診療に向き合っています。

今年できなかったことも、来年できるようにという想いも一瞬たりとも忘れずに日々取り組んでいます。

今できていないことも、いつかできる日がきますので、これからもぜひご期待ください。

来年もどうぞよろしくお願いします。

それでは、よいお年を♪

 

四季の森どうぶつクリニック

平川将人

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【標準医療が変わる瞬間⑤】膿皮症の再発を抑える方法

2019.12.22

犬の膿皮症(湿疹)、脂漏症、アトピーなど痒みを伴う皮膚病に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

以前にも紹介した「新しい治療法」についての続きです。

 【標準医療が変わる瞬間】脂漏症の新しい治療法

 【標準医療が変わる瞬間②】未来の医療は想定外にある

 【標準医療が変わる瞬間③】より根本的な治療法

 【標準医療が変わる瞬間④】一つ上の治療成績

今年覚えたこの治療法ですが、10中8,9で高い治療成績を出しています。

今回もフレブルのわんちゃんです。

【症例】

 フレンチブルドッグ

【経過】

 〇膿皮症が再発しやすい

 〇アトピー(顔・四肢端)の痒みがある

それでは初診時の状態です。

ここまではフレブルのよくある「膿皮症&アトピー」ですね。

このタイプの膿皮症の多くは当院のスキンケア&サプリメント(スキンケアECプラス)と適切な食事療法で改善することができます。

ただこの症例は他の症例と異なり、再発しやすい傾向がありました。

そこで検査結果で異常がでないのですが、ある疾患が隠されているのではないかと予測して治療を開始することにしました。

「膿皮症をコントロールしている状態」の治療前、治療後をみてみましょう。

 

  

 

 

 

以下、治療後との比較です。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

いつも紹介している「劇的な変化」ではないですが、毛並みが非常に改善しているのが伝わるかと思います。

この治療後からは膿皮症がぶり返しにくくなっています。

赤みがなくなる、かさぶたがなくなるといった分かりやすい比較ではないですが、この治療変化の方がずっと大事です。

皮膚そのものがよくなる、皮膚コンディションの改善ができています。

「なぜ皮膚が弱いのか」のより根本的な治療がここにあります。

膿皮症を繰り返す、アトピーの改善が芳しくない、脂漏症が治りにくいなどのお困りごとがあれば当院にご相談ください。

より根本的な治療が可能かもしれません。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【ポメラニアンの脱毛治療】アロペシアX(毛周期停止)

2019.12.20

こんにちは、ポメラニアンの脱毛症(アロペシアX、毛周期停止)の治療に力を入れている皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

今回はポメラニアンの症例です。

 

【症例】

ポメラニアン 6歳 女の子(避妊手術済)

 

【経過】

〇急に毛量が減り、頚部、体の側面、臀部がスカスカに

〇腹部~内股に湿疹あり

〇痒がっている

 

それでは、初診時の状態です。

まずは、体の正面です。

 

頚部です。

 

脇~胸です。

 

腹部~内股です。

 

体の側面(右側)とその拡大です。

 

臀部です。

 

それでは、治療後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

 

 

 

 

 

 

スカスカだった部分に毛が生え、毛量が増えました。

腹部の湿疹があった所も綺麗になっています。

 

アロペシアX、毛周期停止といった脱毛系の治療は非常にデリケートです。

何がデリケートかというと、

①診断 

 血液検査での確定診断は不可能

②治療 

 専用の治療薬はなく、報告がある治療薬の取り扱いが繊細

③結果 

 一般的には治療結果がでるのに最短でも6カ月、平均1年越え・・・と時期だけでなく結果がでるかどうか不確定要素が強い

 

治療方針は色々とありますので、色々と組み合わせを変えながらご提案をしていきます。

毛並みの再生をお約束できるものではありませんが、お悩みの方はご相談ください。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【標準医療が変わる瞬間④】一つ上の治療成績

2019.12.09

犬の膿皮症(湿疹)、脂漏症、アトピーなど痒みを伴う皮膚病に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

以前にも紹介した「新しい治療法」についての続きです。

 【標準医療が変わる瞬間】脂漏症の新しい治療法

 【標準医療が変わる瞬間②】未来の医療は想定外にある

 【標準医療が変わる瞬間③】より根本的な治療法

前回のブログで「衝撃的」と書いた症例を紹介します。

 

【症例】

 フレンチブルドッグ 女の子 避妊手術済

【経過】

 〇今まで何件も動物病院を受診したが、よくなったことがない

それでは症例を紹介します。

比較写真は、写真をクリックすることで大きくすることができます。

 

今までもかなり重度な皮膚炎の治療前・後の比較を掲載してきたので、特別感はないかもしれませんが、細かいところでその内容が違います。

今回は重度の脂漏症のため週2回を目安とした「頻繁なシャンプー」が推奨されるタイプですが、著しい改善で「2週間シャンプーしていないのに脂っぽくない&痒くない」というレベルまで改善しました。

個人的にはこのレベルは去年までの治療では到達できなかったので、今後の脂漏症治療の基本になる1例になったと考えています。

逆にいうと、今まで診てきた中にもこの病態(治療内容)が当てはまる症例は数多くいたので、今となっては十分ではなかったと反省というか悔しいというか、複雑な想いもあります。

ここ数年「どこかに突破口があるはず」と探してきた課題に答えが見つかったようなのでとてもうれしいです。

参考までにアポキルですが、初期治療としては処方しませんでした。

アポキルを使う選択肢もなきしもあらずですが、「アポキルがベターではない」「アポキルがなくても改善は可能」「むしろアポキル以外の方がいいこともある」ということを把握して症例を診る目が非常に大事かと思っています。

 

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop