皮膚科ブログ

【柴犬の皮膚病専門診療】アポキルの効かない痒み

2021.07.23

こんにちは、柴犬の皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回は、柴犬の皮膚病の症例です。

 

【症例】

柴犬 5歳 男の子

 

【経過】

〇アポキルが効かない。

〇1歳前から皮膚が弱い。

〇~3歳に顔(目・耳・口)・頸・脇・四肢・内股に痒みが出る。

 

 

それでは初診時の状態を見ていきましょう。

 

まず最初に身体全体です。

 

こちらは肩の部分の拡大です。

 

続いて頚部です。

 

最後に腹部です。

 

初診時から、約半年後の状態と見比べていきましょう。

 

 

 

 

 

初診時よりも、格段に毛量が増しピンクの皮膚が見える範囲が減っています。調子はどんどんよくなり、皮膚の赤みも落ち着いてきました。

そして、診療前は行けなかった散歩が行けるようになるまで回復しました。

また、以前は朝は飼主様が起こしていたのに、自分から朝早くから起きるようになり「自分の犬じゃないみたい」と、飼主様は驚いていました。

 

今回の症例の子は、アポキルが効かず、鼻・下顎を床にこすり付け、満足するまでやったら落ち着くということがあったそうです。

柴犬は純粋な痒みのほかに、「その部分が気になる(心因性掻痒症)」から掻く・噛むという行動をすることがあります。

「痒い」と「気になる」を見分け、症状に合わせた治療を施すことが不可欠になります。

 

当院では、アトピー・アレルギーと心因性とを区別し、その子にとって最も最適な治療法を日々考え、模索しています。

 

【症例報告制作者】看護師 山崎

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【フレンチブルドッグの皮膚病治療】痒みと薄毛

2021.07.23

フレンチブルドッグのアトピー、脱毛などの治療も行っている皮膚科専門の動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回は、フレンチブルドッグの症例です。

 

【症例】

フレンチブルドッグ  1歳6ヶ月  女の子(不妊手術済)

 

【経過】

〇1歳未満から痒みや皮膚炎が出ている

〇アポキルを服用しても良くなったり悪くなったりを繰り返している

〇耳にも症状あり

 

 

それでは初診時の写真をご覧下さい。

 

 

こちらの顔の写真からは、顔全体に赤みが出ているのがお分かりになると思います。

 

 

 

続いては、首、胸、お腹、股の写真です。

全体的に薄毛であることが分かります。

 

 

 

 

 

 

こちらは前足です。


 

 

そして後足です。

足も地肌の色が分かる程の薄毛です。

 

 

こちらは耳の写真です。

ゴワゴワして硬くなっています。

 

 

 

 

 

それでは治療後の状態と比較してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療後の写真は3ヶ月後のものです。

痒みを抑えるだけのアポキル服用では改善しない例です。

この子はお家でのスキンケアと、腸管免疫の改善、投薬治療を行いました。基礎疾患であるホルモン異常へのアプローチ、投薬が重要になります。

 

この治療を始めてすぐに耳の痒みが減りました。写真でも分かる様に、耳のゴワゴワも無くなり、耳の中が腫れていたのが分かります。

そして顔などの痒みもほぼ無くなり、赤みもひいてきました。

フレンチブルドッグは短毛なので気付きにくいのですが、地肌の色が分かる毛並みは異常な状態なのです。写真で比べてみると本来の毛並みはこんなにも密なんだと言うことがお分かり頂けると思います。

今回の治療にアポキルはほぼ使っていません。隠れた基礎疾患を見極めて治療を行うことが重要です。

 

今回治療に使用したサプリメントやスキンケア商品は獣医師が開発したオリジナルのものです。

気になる方はこちらからご覧いただけます。

サプリメント・スキンケア商品 

 

 

このようにアポキルで治らない、原因が分からない、など、わんちゃんの皮膚の事でお悩みの方はぜひ当院までご相談下さい。

尚、関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診させて頂き、再診をオンライン診療で行う継続治療を受けることもできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくは東京サテライトのご案内をご覧ください。

 

 

【症例報告作成者】  看護師 森

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【チワワの皮膚科診療】ホルモン異常と心因性へのアプローチ

2021.07.23

心因性の噛み癖などの治療にも力を入れている皮膚科専門の動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回はチワワの症例です。

 

 

【症例】

チワワ  11歳9ヶ月  男の子(去勢済み)

 

【経過】

〇元々皮膚トラブルはなかった

〇2年前から急に左手を舐める&噛む、身体に湿疹

〇ステロイドなどを服用したが改善しない

〇エリザベスカラーをつけている

 

 

それでは初診時の写真をご覧下さい。

まずは全体の姿です。

 

 

胸から股まで毛が薄いのが分かります。

 

こちらは首の写真です。

 

そして、胸とお腹の部分です。

薄毛と、赤み、所々に湿疹があります。

 

 

次は腕です。

こちらも毛が薄い状態です。

 

特に左には舐め壊し、噛み壊した様な跡もあります。


 

こちらは側面の写真です。

 

 

 

 

それでは治療後の状態と比較してみましょう。

並べてみると、全体的に毛量が増えたのがお分かり頂けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは側面の毛をめっくったところです。

アンダーコートが再生しています。

 

 

治療後の写真は4ヶ月後のものです。

今回は腸内免疫の改善と、投薬治療を行いました。

ホルモン異常へのアプローチに加え、心因性へのアプローチも行いました。手を舐め壊したり、噛み壊したりするのは心因性が原因の場合があります。

 

目を離す時にはつけていましたが、2ヶ月後にはエリザベスカラーが外せるようになりました。4ヶ月後には完全に外せています。

毛はアンダーコートも再生してボリュームが出て、毛の質も柔らかくなったように見えます。

今回、腸内環境を整える為と(スキンケアECプラス)、心因性へのアプローチに(パーソナルケアPⅡプラス)サプリメントも使っています。

 

 

このように中々治らない、原因が分からない、など、わんちゃんの皮膚の事でお悩みの方はぜひ当院までご相談下さい。

尚、関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診させて頂き、再診をオンライン診療で行う継続治療を受けることもできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくは東京サテライトのご案内をご覧ください。

 

 

【症例報告制作者】 看護師 森

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【柴犬の皮膚病治療】投薬治療の必要性

2021.07.06

柴犬のアトピー・アレルギーなど痒い皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院の四季の森どうぶつクリニックです。

今回は柴犬の症例です。

 

 

【症例】

柴犬  4歳9ヶ月  女の子(不妊手術済)

 

【経過】

 

 〇生後半年から痒みや皮膚炎が出ている

 〇1歳頃から更に少しずつ悪化し、時々ステロイドを服用するが状況は変わらず

 〇目を掻く&こする、腕を噛む、膝を噛む、お尻を舐める

 

それでは初診の時の状態をご覧ください。

まずは全体の姿です。

 

次は脇の部分です。

皮膚もごわごわとしているのが分かります。

 

続いては股の写真です。

柔らかい皮膚は症状が出やすい部分でもあります。薄毛、赤みが分かります。

 

こちらは後ろ脚です。

痒みで噛んだり舐めたりして毛が無くなり、皮膚も硬くなっています。

 

こちらは、側面の毛をめっくっています。

柴犬はもっと毛が密集しているはずなのですが、すかすかな印象を受けます。

 

そしてこちらは、側面からの写真です。

 

 

 

 

それでは治療後の状態と比較してみましょう。

 

こう言っては失礼かもしれませんが、別のわんちゃんかな?と思うほどの変化です。

表情も違って見えます。

 

 

 

 

 

 

この子は、投薬治療と当院での薬浴での治療になりました。

薬浴では、スムーズな毛の再生の妨げになる古い角質や、過剰な皮脂などを、獣医師開発のオリジナルクレンジングオイルやシャンプーを使って除去します。

 

しかし柴犬のこのタイプの皮膚病はスキンケアで治るものではありません。

根本的には隠れた基礎疾患であるホルモン異常や、痒みの原因になるアトピーへのアプローチが必要です。

今回は食事療法とサプリ(スキンケアECプラス)で腸内環境の改善を試み、投薬治療により柴犬本来のアンダーコートのなるモフモフとした状態まで回復しました。

 

このように色々な要因が重なって皮膚病を発症するのは珍しい事ではありません。

中々痒みが治まらない、原因が分からない、など、わんちゃんの皮膚の事でお悩みの方はぜひ当院までご相談下さい。

関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診させて頂き、再診をオンライン診療で行う継続治療を受けることもできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくは東京サテライトのご案内をご覧ください。

 

院内薬浴でも使用している、獣医師開発のオリジナルスキンケア用品は、オンラインショップ犬の皮膚科メディカルスキンケアセンターでもご購入いただけます。

【症例報告制作者】 看護師 森

 

♦♦♦獣医師のコメント♦♦♦

このタイプは柴犬のまさに典型的な皮膚病です。

一般的にはアポキルが使われやすいのですが、効果がないとまでは言わなくもアポキルの服用だけで痒みをコントロールするのは難しいです。

理由は「基礎疾患の見落し」、柴犬に多いある基礎疾患が見落とされています。

チェックポイントは「毛並み」、柴犬本来のアンダーコートがありません。

このアンダーコートにアプローチすることができなければ治療は成功しないため、柴犬の多くが「アポキルで痒みが改善しない」という状況に陥っています。

確かにスキンケアも重要ですし、食事療法や腸内免疫の改善も重要なのですが、やはり柴犬は「投薬治療」が必須の犬種です。

確かにお薬に頼らない「体質改善」というテーマは魅力的ですが、適切な投薬治療なくして柴犬の皮膚病治療は成功しないため、必ず投薬治療が必要とお考え下さい。

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【柴犬の皮膚病治療】アポキルが効かない「傷になる痒み」

2021.06.25

柴犬のアトピーやアレルギーなどの痒みを伴う皮膚病治療に力を入れている皮膚病治療専門動物病院の四季の森どうぶつクリニックです。

 

【症例】

柴犬 6歳 女の子(不妊手術済)

【経過】

 〇2歳の頃から皮膚トラブルがあり、症状に季節性はなく一年中発症。

 〇痒みがあり口周り、目、首、耳、脇を掻く。

 〇搔き始めたら止まらなくなってしまう。

 〇鳴きながら掻くこともある

 〇四肢端、足裏をかじる。

 〇アポキルを毎日服用してもよくならない

始めに顔の正面と横顔から。

 

 

 

 

口周りが赤くなっているのと毛が薄くなっている部分があります。

続いて、胸部、前腕です。

 

 

 

 

続いて、身体の側面とその拡大です。

 

 

 

では、初診から約6ヶ月後の状態と比較してみましょう。

 

常に掻きすぎで傷になっていた口唇も改善し、全体的に毛量が増え、毛ツヤもよくなりました。

顔の正面や身体の側面を見ていただくと、モコモコになっているのが分かります。

4年ぶり(子犬の頃以来)に毛並みがよくなり、飼主様も「びっくり!!」と言っていただけました。

 

アポキルを服用していても改善がない柴犬の皮膚トラブルでお困りの方は当院までご相談ください。

関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉など)にお住いの方には、継続治療をオンラインで行う遠隔診療を提供しています。

詳しくは東京サテライトのご案内をご覧ください。

 

【症例報告制作者】 看護師 佐野

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【ドーベルマンの皮膚病治療】痒みと脱毛

2021.06.24

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回はドーベルマンの皮膚病の症例です。

 

【症例】

ドーベルマン 3歳 男の子

 

【経過】

〇1歳から皮膚病を発症

〇ニキビが体中にでき、頭部や腹部が脱毛している

〇季節性がなく、一年中発症する

〇痒み(掻く・噛む)

 

では、初診時の状態を見ていきましょう。

 

まずは身体側面です。

 

 

次に胸部正面です。

 

次に脇腹です。

 

次に大腿部です。

 

そして耳とその内側です。

 

 

では、初診から約4カ月後の状態と比較してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

脱毛が顕著にみられていた身体の側面は、とてもきれいに毛が再生しました。

全体的に毛の密度が増したことが見て取れます。

毛量が増しただけでなく毛ツヤも良くなっており、初診時の時と比べフケも減っています。

 

【症例報告制作者】 看護師 山崎

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【イタグレの皮膚病治療】痒みと毛並みの異常

2021.06.19

 

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回は、イタリアン・グレーハウンド(通称イタグレ)の皮膚病治療の症例報告です。

 

【症例】

イタリアン・グレーハウンド 3歳 男の子(去勢済み)

 

【経過】

〇元々身体に湿疹が出やすかった。

〇2020年7月から左の頚部が脱毛し、痒みが出てきた。

〇脱毛部分が少しづつ拡大してきた。

 

それでは、初診時の状態を見ていきましょう。

 

こちらは頚部の左側と、その拡大です。

 

 

頸部正面です。

 

胸部です。

 

この初診時から、治療後の状態と比較してみましょう。

 

 

 

 

 

主に症状が出ていた、左側の頚部の湿疹と脱毛は見事に再生しています。

左側の頚部以外に、毛も密度があまりなく皮膚の色が見えている頚部の正面は、真っ白できれいな毛が生えてきており、胸部はツルツルで毛がほぼ生えていない状態から、毛の流れがわかるくらい見事に毛が生えそろいました。

 

【症例報告制作者】 看護師 山崎

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【パピヨンの脱毛治療】アロペシアX(毛周期停止)

2021.06.15

 

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回は、パピヨンの脱毛症「アロペシアX(毛周期停止)」の治療症例です。

 

【症例】

パピヨン 6歳 男の子

 

【経過】

〇2年前から毛並みが悪くなり、一時期良くなったが再び脱毛してしまう。

〇頚部・胴体・臀部に脱毛が顕著に出ており、痒がる。

 

 

それでは、初診時の状態です。

まずは、身体の正面です。

 

続いて身体の側面とその拡大です。

 

 

続いて頚部とその拡大です。

 

 

続いて胸部です。

 

続いて腹部です。

 

続いて背中全体です。

 

最後に‎臀部です。

 

 

それでは、治療後の状態と比較してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初診時と比べると、明らかに毛量が増え毛が生えそろってきました。

脱毛で皮膚が丸見えになってしまっていた部分にも、見違えるほどきれいな被毛が再生しています。

治療前のゴワゴワして硬くなっていた毛も、パピヨンらしい柔らかな毛になり、毛ツヤもアップしました。

 

【症例報告制作者】 看護師 山崎

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【柴犬の皮膚病治療】アポキルが効かない特別な理由

2021.06.12

【症例】

 柴犬 12歳 女の子(不妊手術済)

【経過】

 〇10歳から皮膚トラブル(それ以前は、皮膚トラブルはなし)

 〇顔(目・耳・口唇・下顎)を掻く

 〇お尻を吸ったり噛む

 〇四肢・四肢端・お腹を舐める

 〇アポキルが効かない

 

はじめに顔の正面と横側から。


目のまわりや耳、口まわりが赤く、毛がまだらになってしまっています。

 

続いて腹部、左後足の内側、そして右後足の内側です。

 

こちらも皮膚が赤く、毛が生えそろっておらず毛並みも悪いです。

 

では、この初診時から約8カ月後の状態と比べてみましょう。


 

まだらだった顔周りの毛は見事に生えそろい、赤みもなくなりました。

腹部も赤く硬くなっていた皮膚はピンク色のやわらかい皮膚に戻り、ふわふわな毛も生えてきました。

作成:看護師 山崎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当院で紹介している柴犬のほぼすべてが「特別な治療」を行っています。

この症例も例外ではなく、特別な治療で改善しています。

柴犬は「アトピー」「アレルギー」と言われやすいのですが、もし単純なアトピーであればアポキルやサイトポイントでコントロールできます。

もし食物アレルギーであれば、対応している食事療法できれいに改善します。

そうでないときは・・・・

「食物アレルギーではないかも?」

「何か見落としているかも?」

という視点が必要です。

当院ではそういった「アポキルが効かない」の症例で、見落とされている視点からアプローチすることで治療成績を向上させています。

この症例にもアポキルを使っていますが、本当の意味でアポキルが効かないのではありません。

「アポキルが効かない」ではなく「アポキルが効かない理由が見落とされている」です。

お困りの方は当院への受診をお勧めします。

関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診て、再診をオンライン診療で継続治療を受けることもできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

 東京サテライト開設ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

治療実績 ー犬種別ー

2021.05.20

【皮膚科総論】

皮膚科ブログ(New!2021.5.20)

柴犬

柴犬の全症例

湿疹・膿皮症

アトピー・アレルギー

脂漏症

心因性掻痒症

エリザベスカラー

アポキルが効かない

内分泌疾患

・・・・・・・・・・

ブルドッグ種

ブルドッグ種の全症例(New!2021.5.21

湿疹・膿皮症

アトピー・アレルギー

脂漏症

心因性掻痒症

エリザベスカラー

アポキルが効かない

・・・・・・・・・・

シーズー

シーズーの全症例  (New!2019.10.18)

湿疹・膿皮症

アトピー・アレルギー

脂漏症

心因性掻痒症

エリザベスカラー

アポキルが効かない

・・・・・・・・・・

プードル種

プードルの全症例(New!2019.11.23)

脱毛・アロペシアX

湿疹・膿皮症

アトピー・アレルギー

脂漏症

心因性掻痒症

エリザベスカラー

アポキルが効かない

・・・・・・・・・・

チワワ

チワワの全症例(報告順)

湿疹・膿皮症

アトピー・アレルギー

脂漏症

心因性掻痒症

エリザベスカラー

アポキルが効かない

脱毛

・・・・・・・・・・

ダックスフンド

ダックスの全症例(報告順)

湿疹・膿皮症

アトピー・アレルギー

脂漏症

心因性掻痒症

エリザベスカラー

アポキルが効かない

・・・・・・・・・・

ミニチュアピンシャー

ミニチュアピンシャーの全症例(報告順)

アトピー・アレルギー

脱毛

・・・・・・・・・・

パグの皮膚病

ポメラニアンの脱毛・皮膚病

シュナウザーの皮膚病

レトリバー種の皮膚病

ウェスティの皮膚病

ボストン・テリアの皮膚病

ヨークシャー・テリアの皮膚病

コッカー・スパニエルの皮膚病

マルチーズの皮膚病

キャバリアの皮膚病

パピヨンの皮膚病

その他の犬種の皮膚病

・・・・・・・・・・

皮膚科ブログ(症例報告以外)

天真爛漫ブログ(院長の気ままなブログ)

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop