脱毛・アロペシアXの治療

  • HOME
  • 脱毛・アロペシアXの治療

【ボストンテリアの皮膚病】副腎皮質機能亢進症

2018.11.05

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回は急に脱毛したボストンテリアの症例です。

 

【症例】

ボストンテリア 13歳 女の子(避妊手術済)

 

【経過】

〇今年の4月から毛が薄くなってきた

 

それでは、初診時の状態です。

まずは体の正面です。


 

続いて、頚部です。

 

 

続いて、胸部です。

 

続いて、腹部から内股です。

 

 

続いて、右後肢の拡大です。

 

続いて、右側面の全体です。

 

続いて、背中とその拡大です。

 

 

それでは、それでは、初診時から約4ヶ月後の状態と比較してみましょう。
※写真をクリックすると大きくすることができます。

 

一目で分かるくらい、体全体の毛量がぐんと増えました。

特に、ツルツルだった内股はフサフサになりました。

見違えるほど綺麗になり、飼主様にも喜んで頂けて良かったです。

【症例報告制作者】 看護士 長尾

・・・・・・・・・・・・・・・

【獣医師の解説】

一目でわかる「典型的なクッシング(副腎皮質機能亢進症)」です。

多飲多尿:水をよくのむ、オシッコが多くなる

薄毛:背中、腹部、大腿部など胴体を中心に毛が薄くなります。局所の脱毛が起きる場合もあります。

検査所見:ALP高値、超音波検査での副腎腫大など

非常に興味深かったのは、飼主さまから「病気になる前より毛が生えた!」と言われたことです。

この半年くらい「もしかしたら〇〇〇なんじゃないか?」とずっと考えていたことが目の前で確認することができました。

かなり大きな発見なので、今後の治療に生かせると思います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop