皮膚科ブログ

  • HOME
  • パーソナルケアPⅡ+が有効な症例

【犬の舐め癖の治療法】「舐める=痒い」とは限らない

2019.05.10

手を舐める、足を舐めるなど身体の一部を執着してなめることによって起きる皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

犬の皮膚科をしていると、「舐める」という症状をよく診ます。

痒いから舐めていることもありますが、痒みと関係なく舐めているわんちゃんも多くいます。

痒みから舐めている場合は痒みを抑えればいいのですが、痒みと関係なく舐めていれば痒み治療ではまったくうまくいきません。

今回はそんな「痒いではない舐め癖」のわんちゃんです。

【症例】

 マルチーズ 4歳 男の子(去勢済)

【経過】

〇元々臍ヘルニア(デベソ)があり、気にして舐めていた

〇しつこく舐めることでヘルニアの袋部分が破れてしまい、手術で縫合整復

〇術後も舐め癖はつづき、臍に裂開部分あり

〇アポキル服用するもあまり効果がなかった

 

それでは初診時の状態です。

 

次は臍(へそ)の拡大です。

穴が開いています。

おそらく臍ヘルニアを舐めすぎて破裂した後、手術で整復&縫合するも術後に舐めすぎで一部離開してしまったと思われます。

舐め続けたことでずっと穴が開いている状態が続いているのでしょう。

 

非常につよい舐め癖があり、胸~内股にかけてほとんど毛がありません。

ここから8週間後の状態と比較してみましょう。

ほとんど舐めなくなり、毛も再生していますし、皮膚コンディションもかなり改善しています。

臍の皮膚裂開部分も完全に閉じることができています。

 

この症例では「腹部を舐める」という症状が非常に強いのですが、痒くて舐めていたわけではありません。

そのため痒み止め「アポキル」では十分な改善ができません。

こういった症例には心因性のアプローチ(投薬&サプリメント)が重要になってきます。

サプリメントとしては今年当院で開発した「パーソナルケアPⅡ+」がお勧めで、今回の治療症例でも併用しています。

今まで「舐め癖」は仕方がないと言われていた部分もありますが、当院では皮膚トラブルにつながる過剰な舐め癖は治療対象としてみています。

また投薬&サプリメントを長期継続することで十分改善可能と考えています。

 

パーソナルケアPⅡ+は以下のオンラインショップでお買い求めいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【マルチーズの皮膚病】アポキルと併用すべき心因性治療

2018.11.29

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回はマルチーズの症例です。

 

【症例】

マルチーズ 7歳 男の子(去勢手術済)

 

【経過】

〇手足を舐める、爪をかじるのがひどい

〇季節性は無く1年中続く

〇2~3ヶ月前から口唇を痒がる

 

 

それでは、初診時の状態です。

まずは、体の正面です。

 

 

左側の口唇周りとその拡大です。

 

 

 

右側の口唇周りとその拡大です。

 

 

手舐めがひどいのですが、爪を執拗にかじっているため、写真でわかるほどの皮膚炎はありません。

 

 

それでは、初診時から約8週間後の状態と比較してみましょう。
※写真をクリックすると大きくすることができます。





 

口唇の赤みや腫れも引き、痒がることも少なくなったそうです。

数年つづいた手舐めも「たま~に舐める程度」となり、爪をかじるのは一切なくなりました。

このような症例には当院が開発したサプリメントが非常に有効です。

当院で開発したスキンケア&サプリメントは以下のオンラインショップでお買い求め頂けます。


【症例報告制作者】 看護士 長尾

・・・・・・・・・・

【獣医師の解説】

数年単位で続く手舐め・足舐め・爪かじりと、ここ最近の口唇の痒みです。

口唇と四肢端の痒みであればアトピー・アレルギー関連を疑うのもありですが、今回は発症のタイミングにかなりズレがあります。

確かに口唇が極端に赤く腫れてはいますが、口唇の痒みは7歳手前からの発症のため、典型的なアトピーではないかと思います。

この発症のタイミングが違う点からも、手先の痒みと口唇の痒みのアプローチをまったく同じにしてはいけないことがわかります。

今回は、口唇には赤く腫れていることに対する積極的な痒み治療をメインとし、手先は心因性アプローチをメインとしています。

この症例ではアポキルがある程度効きますが、アポキルが最優先というわけではないため、最初だけしっかり使ってどんどん減らしていくことが可能というタイプです。

実際1日1回から始め、すでに3日に1回という頻度まで減っています。

初診時にアポキルがどの部位にどの程度効くのか、アポキル以外に必要な心因性治療がどのレベルで必要なのかを判定することが重要です。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

脂漏性皮膚炎の長期管理について初診と1年後

2017.03.07

脂漏性マラセチア性皮膚炎の治療に力を入れている皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

最も有名なのはシーズーなのですが、その他の犬種でも起こりえます。

犬種によって若干質感がことなりますが、トイプードル、チワワ、マルチーズなど小型犬で多く認められます。

今日はマルチーズの症例で、治療直後だけでなく約1年経った今でも長期管理ができているわんちゃんを紹介します。

【症例】

 マルチーズ 3歳 女の子(避妊手術済)

 ※来院時の年齢

【経過】

 〇1歳の頃に発症し、その後改善なく今日まで通年性の発症

それでは初診時の状態、治療後(約1~2ヵ月後)、1年経過した現在の3つのタイミングでの比較でみてみましょう。

まず痒みの強かった口唇部分、初診時・拡大・治療後との比較・現在の順番で掲載します。

上の写真では口唇の状態がわからないので、毛をかきわけてみます。

毛をカットしたものではなく、かいて擦り切れている状態です。「

治療によりしっかりと毛が伸びるようになりました。

※脱毛疾患ではないため、痒みが取れると毛がのびてきます。

そして1年後の現在。

※最後の写真が1年経過している現在です。

非常にいい状態がキープできています。

続いて、右前腕(手首と肘の中間)です。

初診時、初診時の毛カット後、治療後との比較、現在の順番で掲載しています。

以下の写真が今の状態です。

続いて、右前肢端(甲の部分)です。

初診時、初診時の毛カット後、治療後との比較、現在の順番で掲載しています。

※比較写真は、初診時の毛をカットした状態と、治療直後の状態を比較したものです。

以下の写真が、初診時から約1年経過した今の状態です。

続いて、右後肢です。

初診時、初診時の毛カット後、治療後との比較、現在の順番で掲載しています。

以下の写真が初診時から1年経過した写真です。

※初診時の毛カット前が皮膚病にみえないのはカメラ性能と光の影響、そして毛が被っているためです。

遺伝的な素因があるため、完治するタイプではないのですが、継続治療をつづけることで徐々にぶり返しにくくすることはできると考えています。

現在は月1回の薬浴、投薬治療の併用で一定の維持管理ができています。

こういった脂漏性疾患ではスキンケア、アトピー管理には免疫調整のためのサプリメントが長期管理に重要になっています。

また、遠方にお住まいの方には遠隔診療を提供しています。

このタイプであれば遠隔診療でも十分に対応できると考えています。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【皮膚科専門外来】膿皮症が治らない理由①

2016.11.29

皮膚病治療を専門に行う動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

11月は残り2日ありますが、当院の診療日はもう終わりましたので気持ちでは今年もいよいよあと1ヶ月、そろそろ1年を振り返るような時期になりました。

社会人になると1年はあっという間ですね!

今日の治療症例ですが、めずらしく「診断名」も紹介しようと思います。

【症例】

  マルチーズ 7歳 男の子(去勢手術済み)

【症歴】

 〇最初の発症は1年前、背中に湿疹
 〇過去に6件の動物病院を受診するも改善なし
 〇シャンプーして数日で油っぽくなる

それでは初診時の状態です。

まずは正面から。

続いて頚部の背側やや左から。

つづいて、背中全体。

続いて、背中の拡大。


続いて、側面から。


側面の皮膚病変の拡大。

それでは、治療後との比較です。

湿疹が治っただけでなく、毛並みもよくなり、油っぽさもなくなりました。

以前はシャンプーして数日でべったりとしていたのですが、以前のようにサラサラをキープできるようになったということです。

肝心の診断名は、「甲状腺機能低下症による膿皮症」です。

教科書で甲状腺機能低下症について調べると

 「膿皮症になりやすい」

と書かれています。

また、膿皮症について調べると

 「甲状腺機能低下症が原因になっていることも」

と書かれています。

油っぽいため脂漏について調べると、

 「甲状腺機能低下症が原因になっていることも」

と書かれています。

膿皮症の診断は間違いではありません。

抗生物質を使うことも正しいです。

耐性菌を疑って培養検査を行うことも正しいです。

スキンケアも重要ですので、シャンプー療法も適切な判断です。

・・・しかしこれだけでは治らないのも事実です。

1つ1つが正しいことと実際に治ることは別ですので、すべてにアプローチしなければいい結果は得られません。

足りないアプローチはひとつ、「なぜ膿皮症になったのか?」を考えることです。

「木をみて森をみず」という言葉があるように、目の前にみつけたわかりやすい診断名でとどまらず、全体を見渡すことが重要です。

うまく行かなければ1歩、2歩ひいて・・・ときにはスタートラインまで戻って全体を見渡し、仕切りなおすことも重要です。

と、書いてみると簡単なようにみえるかもしれませんが、1件1件診療の背景は異なりますので正直難しいこともあります!

それは膿皮症が100件来院しても、甲状腺機能低下症を併発しているわんちゃんはおそらく1件いるかどうか・・・ですので、全頭に疑いをかけるわけにはいかないのが現状です。

治りにくい場合や、脂漏、毛並み・・・などさまざまなことを考慮して疑っていく病気です。

ただ、問診と視診で10分あれば第一候補に入る疾患でもあるので、特徴を掴めば診断は限りなく早くなります。

ということで次回の症例報告も同じ甲状腺機能低下症の予定です。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop