皮膚科ブログ

  • HOME
  • アポキルが効かない

【キャバリアの皮膚科診療】報告のその後、さらに改善

2018.01.19

犬の皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

皮膚病になりやすい犬種、治りにくい犬種の筆頭として柴犬・シーズー・フレンチブルドッグがあげられますが、キャバリアも皮膚病になりやすく&治りにくい犬種の一つです。

今回は以前紹介したキャバリアの皮膚病症例が、その後さらに改善している様子を紹介したいと思います。

前回紹介したときのブログは、【キャバリアの皮膚科診療】アポキルが効かない です。

まずは前回紹介したときの「治療前→治療後」の写真を紹介します。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

このときからさらに約2か月経過したときの皮膚コンディションを紹介します。

ふわふわ、もこもこ、さらさらです。

トラブルがゼロではないのですが、見違えるようによくなったと思います。

ここ最近ではアポキルを服用することはほとんどなく、間近の診察では処方していません。

アポキルは非常にいいお薬ですが、どんな皮膚病の痒みにも効くわけではありません。

「なぜ皮膚病になっているのか?」を判断することがとても重要です。

今回の症例では投薬治療がかなり有効でしたが、疾患としてはスキンケアも必ず併用しなければいけない皮膚病です。

当院のオンラインショップでお買い求めいただけます。

すべての皮膚病がスキンケア&サプリメントで改善することはないのですが、お薬を服用することだけで治るわけではないので非常に重要なポイントだと思います。

スターターセットをご購入の方には無料相談に対応しています。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【キャバリアの皮膚科専門診療】アポキルが効かない

2017.10.22

痒みを伴う皮膚病治療に力をいれ、キャバリアの皮膚病の来院も非常に多い皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

ここ最近は心因性や脱毛症など、かなり難易度が高い症例報告をしてきましたが、難治性なのは心因性や脱毛症だけではありません。

今回は基本的な治療であるはずなのに、非常に難しいタイプの症例報告です。

【症例】

 キャバリア 女の子(避妊済) 7歳11か月

【経過】

 〇初発はH28年、年末頃から

 〇足裏(右後肢)の痒みからはじまり、四肢全体へ広がる

 〇顔・頚部・脇・お腹と背中以外の全体へ拡大

 〇過去にアポキル・抗生物質・アレルギー療法食を併用するも改善せず

それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは正面から。

続いて、頚部。

同じく頚部の拡大。

続いて、右耳の外側。

同じく右耳の外側の拡大。

同じく右耳の外側の拡大。

続いて、右前肢。

同じく右前肢の内側。

同じく右前肢の手首・甲。

同じく右前肢の外側。

続いて、胸部(腹側)。

同じく胸部の拡大。

続いて、腹部。

同じく腹部の拡大。

続いて、身体右側面。

同じく右側面の前腕。

続いて、右後肢の側面。

約3ヵ月後の状態を比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

著しい改善が認められました。

部分的に毛が薄いところもありますが、徐々に再生してきています。

今回の症例は簡単なようで難しいです。

理由は3つあります。

1つは、「なぜ7歳になってから急に皮膚病になったのか?」です。

2つめは、「なぜ抗生物質、アポキル、食事療法をしながら改善しなかったのか?」です。

最初の課題はこの2つ、初診時なり治療初期にこの課題に詰める必要があります。

最後の3つめは、「再発しないためにはどうすればいいか?」です。

これからの課題はこの3つめです。

今までも「病気の原因と、治療法は違うこともある」といってきたのはここです。

今回の症例は投薬治療があってこその治療成績ですが、治療のためにスキンケアは必須といえます。

また再発予防の一つにはサプリメントも有効と考えています。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop