皮膚科ブログ

  • HOME
  • 皮膚科ブログ

【チワワの皮膚病治療】毛並みへのアプローチ

2021.08.18

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

今回は、チワワの皮膚病の症例です。

 

【症例】

チワワ 1歳 男の子

 

【経過】

〇耳の後ろ・顎・足先などの脱毛

〇痒みがあり、頭・顎を掻き、足先・腕・腰を舐めたり噛んだりする

 

では、初診時の状態を見ていきましょう。

はじめに、正面です。

 

続いて、身体の側面です。

 

身体側面の右側の拡大です。

 

身体側面の左側の拡大です。

 

続いて、腕の拡大です。

 

続いて、頚部です。

 

頸部の拡大です。

 

続いて、胸部・腹部です。

 

胸部の拡大です。

 

腹部の拡大です。

 

全体的に毛が薄く、背中や頭が部分的にはげてしまっています。

では、初診時から約3ヶ月後の状態を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わずか3カ月でここまで毛並みが良くなりました。

治療前は、足先などを濡れるほど舐めていたのが治療後はほぼ無くなっています。足先の脱毛・赤みもなく、綺麗な毛が生えそろっています。

そして飼主様曰く、だんだんと治っていくにつれ、性格が変わってきたそうです。飼い主様の近くに自ら来るようになり、人懐っこい性格になっていきました。

 

皮膚病による脱毛・痒み・痛みは、外面的な問題以外にも内面的な問題もおこり、飼主様に懐きづらくなったり、怒りっぽくなってしまったり、鬱っぽくなってしまいます。

反対に、適切な治療をしていけば今回の症例の子のように人懐っこく、明るく犬らしい性格になっていくかもしれません。

 

【症例報告制作者】看護師 山崎

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop