ヒーリングケアLFプラス

  • HOME
  • ヒーリングケアLFプラス

ポメラニアンの脱毛症治療 

2017.07.01

当院は「かゆみ」を主とした皮膚病治療に力を入れている皮膚科動物病院ですが、ポメラニアンやトイプードルの脱毛症の患者さまも非常に多く来院されています。

今回はその「痒み」と「脱毛症」の両方をかかえたポメラニアンの症例報告です。

【症例】

 ポメラニアン 2歳 男の子(去勢済み) 

【経過】

 〇去年の6月のカット以降、毛がはえてこない

 〇去年の9月頃から脱毛が進む

 〇腹部側面、かかとを昔よりなめる(心因性?)

 〇かかりつけの病院にてレーザー+抗炎症薬+サプリメント(R&U、栄養剤)

まずは全体からみていきましょう。

続いて、頚部。

続いて右前腕。

同じく、右前腕側面。

続いて、左前腕。

同じく左前腕側面。

続いて、身体の右側。

同じく、身体の右側の頸部~胸部の拡大。

続いて、身体の左側。

続いて、身体の左側の頸部~胸部の拡大。

ポメラニアンやトイプードルに多い脱毛症アロペシアX(毛周期停止)の特徴をもっています。

ただ「脱毛」しか症状がない通常のアロペシアXとことなり、今回は「痒み」という症状もかなり強くでています。

痒みが強い部分は腹部側面(色素沈着が強い部位)、手首のあたりです。

アロペシア単独であれば顔・四肢の脱毛はほとんどないため、手首の脱毛は「アロペシアX」の症状とはいえません。

それでは、この初診時から9週間後の状態と比較してみましょう。
※画像をクリックすると、拡大してみることができます。

まだ被毛は短めですが、かなりの改善がみとめられました。

毛の数としては80%以上の改善と判断しています。

それでは簡単な解説です。

今回は通常のアロペシアXとは異なります。

理由は「アロペシアX」だけでは起こらない痒み、特に手首の痒みがその特徴を表しています。

そのため今回は脱毛症に対するアプローチと、痒みに対するアプローチの両方を行いました。

では本来の脱毛症ではおこらない「痒み」に対してどのようなアプローチを行ったか?というと、もちろん最初は「アポキル」です。

アポキルは、副作用が非常に少なく、飲みやすく、痒み全般をかなりの精度でおさえてくれる非常にいいお薬です。

しかし今回は処方する時点で「効きが悪い」という前提で処方しました。

もちろん「効けばOK」という期待もありましたが、「効かなければ次は〇〇〇」という次のプランを用意して、あえて最初にアポキルを選択しました。

アポキルの効果はというと、やはり「痒みはまったく改善なし」という効果なしの治療結果でした。

もちろん想定範囲内ですので、アポキルの処方は終了し、予定通り次に考えていたサプリメントを処方しました。

「痒み止めのアポキルを撤回して、次に出すのがサプリメント?」と思われるかもしれませんが、この症例の最大の見せ場はここです。

すると痒みもほとんど収まり、上の写真の通り舐めすぎていた手首の脱毛部位も綺麗な被毛が再生しています。

この流れであればもうお分かりだと思いますが、サプリメントは当院のオリジナルサプリメント、ヒーリングケアLFプラスです。

たかがサプリメントですが、されどサプリメントです。

的確な診断があれば、サプリメントはお薬を超える改善を示すことすらあります。

今回も初診時に「これはLFプラスで改善するだろうな」と判断してあえて「アポキル→LFプラス」という処方の流れをつくりました。

当院では医療を提供するクリニックでもあるのですが、医療だけではないサプリメントの重要性もお伝えできればとも考えています。

脱毛症を治すサプリメントではないのですが、痒み・舐め癖の治療選択肢としてヒーリングケアLFプラスは非常におすすめできます。

当院のオンラインショップで購入することが可能です。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop