皮膚科ブログ

【犬の皮膚科専門外来】シーズーの脂漏性皮膚炎④ 

2013.09.30

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの獣医師平川です。

あの暑い夏はどこへ?というくらい涼しくなってきましたね。

アトピーや脂漏のわんちゃんにとっては少し過ごしやすい季節になりつつあるかと思います。

では、ここ数回紹介しているシーズーの脂漏性マラセチア性皮膚炎の第4回目です。

  シーズーの脂漏性皮膚炎① ~メディカルスキンケア~

  シーズーの脂漏性皮膚炎② ~メディカルスキンケア~

  シーズーの脂漏性皮膚炎③ ~メディカルスキンケア~

初回のスキンケアから3週間後(スキンケア3回実施)の状態を、初回との比較でみていきましょう。

部分的に被毛をバリカンでカットした部分もございます。

目的は被毛があることで皮膚のコンディションを正確に比較できないこともあるかと思い、飼主さまから了承を得たうえで

カットしてわかりやすいようにしてみました。

(※治療上は必ずしも必要としない状況で、カットの目的にご理解いただいた飼主さまに感謝します。)

まずは頚部から。


※クリックすると拡大できます。

同じく、頚部の拡大。


※クリックすると拡大できます。

続いて、右からみた状態です。


※クリックすると拡大できます。

同じく、右からの肩付近の拡大です。

続いて、仰向けの胸部です。


※クリックすると拡大できます。

同じく胸部の中心の拡大です。


※クリックすると拡大できます。

同じく、左脇です。


※クリックすると拡大できます。

続いて、右前肢です。


※クリックすると拡大できます。

同じく、右前肢の肘付近の拡大です。


※クリックすると拡大できます。

同じく、右前肢肘付近の側面からの拡大です。


※クリックすると拡大できます。

続いて、右後肢の内側からです。


※クリックすると拡大できます。

同じく右後肢の内側からの拡大です。


※クリックすると拡大できます。

同じく右後肢、仰向けからです。


※クリックすると拡大できます。

すべて、自宅シャンプー後から3~4日経過後の皮膚状態です。

院内でのシャンプーで皮脂や痂皮を除去したあとではありません。

この状態が継続して維持できるレベルまで改善しました。

このタイプのシーズーに認められる症状である「痒み」、「臭い」、「フケ」、「ベタつき」はほぼありません。

この後は綺麗に被毛が再生していくだけですので、一旦終了とし次回は別の症例報告を行いたいと思います。

四季の森どうぶつクリニック

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【犬の皮膚科専門外来】シーズーの脂漏性皮膚炎③ 

2013.09.17

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

夏のうだるような暑さもなくなり、夜には虫の音も聞こえ、心地よい秋になりましたね。

どうしても梅雨~夏にかけて治療成績が落ちやすい皮膚疾患も、少しずつ落ち着いてくる季節になると思います。

さて、典型的なシーズーの難治性皮膚病である『脂漏性マラセチア性皮膚炎』として、初診時の状態全身カットの状態と紹介してきました。

当院に来院する前に受診した2件の動物病院では、「シーズーの脂漏症は治らない」ということで頻繁にシャンプーするようにと指示されていたようですが、もちろんこのタイプはシャンプーしても1~2日後にはベタつき、臭い、フケが戻ってきてしまいます。

また、痒みも非常に強く、飼主さまの中にはノイローゼになってしまう方もいらっしゃいます。

当院にはこういったシーズーの症例が非常に多いのですが、その理由は治療のコンセプトにあります。

従来の医療は皮膚表面を綺麗にするためにシャンプーを頻繁に行い、菌(細菌やマラセチア)を減らすために抗生物質や抗真菌剤を服用し、シャンプーにも抗菌剤を含有させたタイプを使用することが主流でした。

決して間違っている治療ではありませんが、何かが足りないのです。

それが皮膚機能改善のためのスキンケア、このタイプの皮膚病では皮膚機能そのものを改善しないことには根本的には改善しません。

逆にこの皮膚機能を改善させると、劇的に改善します。

今回はまだ治療中ですが、経過を紹介します。

忙しい診療中のことが多いので、各部位全ての撮影ができていないのですが、大事な部分をピックアップして比較して行きます。

まずは、最も治療が難しいと考えられている頚部の脂漏性皮膚炎から。

綺麗になっていますね!

同じく頚部の拡大。

黒の斑点をターゲットに拡大して撮影したのですが、綺麗になるとどの黒い斑点だったかわからなくなってしまったので、黒の斑点の周辺を含めて掲載しました。

画像の中心点は異なるのですが、綺麗になっているのがわかると思います。

続いて、頚部の側面です。

参考までにこの部位の拡大は、

この状態が全体的に広がっていたことを考えると、非常に綺麗になっていますね。

続いて、右前肢。この部位も非常に痒みが強く、治りにくいです。

同じく、拡大してみてみましょう。

同じく、右前肢の側面から。

非常に綺麗になっています。

参考情報ですが、この比較写真は初回のスキンケアから1週間後です。

病院でのスキンケアから3日後に一度自宅でシャンプーしていただき、この写真は7日目のシャンプー前の状態です。

若干フケがあるのて、シャンプー前であることがわかった方もいらっしゃるかもしれませんが、シャンプーして4日も経過したにも関わらず、ベタつきがほとんど認められません。

もちろん臭い、痒みも激減しています。

この治療を1カ月も続けると「今までのは何だったのか?」と思うほどの皮膚機能の改善が認められると思います。

たった1回のスキンケア、たった1週間での改善を考えると、「皮膚が正常に戻ろうとする機能が残っていた」とも考えられますね。

メディカルスキンケアは、この「正常な皮膚機能を回復するためのケア」でもあります。

「シーズーだから・・・」に間違いはありませんが、諦める必要はないと思います。

近いうちに「ほぼ完治」レベルまで到達すると思いますので、他の部位を含めて綺麗になったところをお見せできると思います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

シーズーの脂漏性皮膚炎② ~メディカルスキンケア~

2013.09.13

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです。

 

前回の記事で難治性皮膚疾患として非常に有名なシーズーの脂漏性皮膚炎の初診時の状態を紹介しました。

そしてこのような症例で最も重要で、治療の上で必須なのがスキンケアであるところまでお話しました。

そこで当院ではメディカルスキンケアとして、自宅ではなしえないクオリティのスキンケアを行っています。

このスキンケアを効率よく行うために、そして病変を詳細に把握するために一度全身カット行います。

これは初回のメディカルスキンケア時に行った全身カット後の病変部です。

まずは全体。

続いて、頚部の全体像。

同じく、頚部の拡大。

続いて、右前肢の全体と、前腕~肘の拡大。

同じく、右前肢の外側面の拡大。

続いて、右側面全体。

同じく右側面の拡大(肩付近)。

同じく、右側面拡大(腹側部)。

続いて、腹側胸部。

同じく、腹側胸部の拡大。

続いて、右後肢の内側から。

同じく右後肢膝付近の拡大。

同じく右後肢踵~甲の部分の拡大。

全身のカットを行うと非常にわかりやすく見ることができます。

次回、まだ治療途中ですがメディカルスキンケアの効果をお示しします。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

シーズーの脂漏性皮膚炎① ~メディカルスキンケア~ 

2013.09.12

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックです♪

前回、典型的なフレンチ・ブルドッグの難治性皮膚病の治療を治療前治療後で紹介しました。

4年間治らなかった皮膚病がたった6週間で綺麗になりました。

ただ、当院に特殊な治療薬があるわけではありません。

大事なことは全体を診て、詳細を診て、「診極める」ことです。

その「全体を診る」中で重要なファクターが、「犬種」です。

前回紹介したフレンチ・ブルドッグも難治性になりやすいのですが、今回紹介するシーズーもはるか昔から難治性になりやすい代表的な犬種です。

たしかにシーズーは独特で、他の犬種にはない体質があり、治療は難しいです。

当院でも4年前までは随分と苦労しましたが、今は随分と早く治すことができるようになりました。

まずは症例を紹介します。

【症例】

 10歳 去勢雄 シーズー

【過去の病歴】

 〇5~6年前から皮膚が赤くなり、痒みを伴う

 〇冬より夏が悪化しやすいが、基本的に1年通して痒みがある

 〇この2年で全身のフケ・ベタつきがさらに悪化して、2件の動物病院を受診したが「脂漏性だから仕方がない」と言われている

 〇治療はシャンプーをこまめにするように指示されているが、シャンプーしても2日経つと元に戻ってしまう

それでは初診時の状態を見てみましょう。

全体から。

続いて顔、フケが多いのが特徴の一つです。

同じく顔の拡大です。

被毛に付着した白いのがフケ、その奥に見える皮膚にも大量のフケが認められます。

続いて、シーズーでもっとも治りにくい部位の一つ、頚部の脂漏性皮膚炎。

同じく頚部の拡大です。

同じく頚部、角度を変えて右側面から。

同じく、頚部右側面からの拡大。

続いて、胸部~脇窩(わき)。

同じく脇の拡大。

続いて、右前肢の全体。

同じく右前肢、上腕(肘より上)の拡大。

最後に、指の間の脂漏です。

まさにシーズーの難治性皮膚炎の典型例です。

これに苦労しているのは獣医師の先生方は全国にたくさんいると思いますが、もっと苦労されているのはその飼主さまです。

これを治療してこその皮膚科診療、「アグレッシブに美しく」治していきます。

必要なことは?

もちろんメディカルスキンケア、院内で治療するのがベストです。

次回は病変部確認を兼ねて、全身のカットの状態をお見せします。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

犬の皮膚病 シーズーの脂漏性皮膚炎

2011.07.21

シーズーに多く認められる脂漏性皮膚炎についての第4回です。

   第1回 シーズーの皮膚病①

   第2回 シーズーの皮膚病②

   第3回 シーズーの皮膚病③

【症例】 

    シーズー   男の子

【症状】

    四肢端、頚部、尾、顔、四肢など、ほぼ全身の脱毛および痒み


【治療経過】

治療前

治療後(5カ月後と約1年後の両方を使用しています)

過去の数々の動物病院でさまざまな治療を受けられ、エリザベスカラーを外すことができない状態でしたが、現在はエリザベスカラーもなく、傷になるような痒みもなくいい状態を維持できています。

完治ではないため、継続した治療を行っていますが、メインとなる治療はスキンケアです。抗生物質や抗真菌剤の投与はほとんどありません。またスキンケアも「殺菌系薬用シャンプー」ではなく、皮膚バリア機能回復のスキンケアを行っています。

「皮膚機能を治す」という意味で、本当の皮膚治療につながった1例と思います。


投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop