症例別

【愛知県の柴犬の皮膚科専門外来】脱エリザベスカラー

2014.02.14

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック獣医師平川です。

難治性になりやすい柴犬の皮膚病治療についてまとめるために、しばらく柴犬だけで複数の治療症例を紹介していきます。

【症例】

 柴犬 9歳 男の子

【病歴】

 〇3歳から顔の痒み&脱毛
 〇抗生物質と痒み止めで一時的に改善するものの、やめるとすぐに痒がってしまう
 〇治療と再発の繰り返しで、「内服が身体によくない」という理由で休薬し、年々悪化
 〇痒みが強く、傷をつくってしまうため5年間エリザベスカラーを常に装着している

初診時の状態です。

続いて、顔の正面、顔の右側を順にみていきます。

続いて、右前肢の狼爪周囲です。

それでは治療2カ月後の状態と比較してみましょう。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。

5年間装着しつづけたエリザベスカラーは1月半ではずすことができました。

初診時から1年半ほど経過しましたが、それ以降エリザベスカラーをつけなければいけないと感じるほどの再発は1度もありません。

このタイプも完治ではありませんが、治療の継続により「痒みをコントロールする」という当初の目標を高いレベルで維持できています。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

トイ・プードルの皮膚病②

2013.08.25

前回紹介したのトイ・プードルの皮膚病①の続きです。

このような症例で必要なことは、全身の皮膚病変をしっかりと把握することとスキンケアをメインとした治療をすることであるため、被毛のカットを行います。

もちろん絶対条件ではありませんが、最も早く治療結果を出すためにも行うべきと考えています。

それでは初回のスキンケアで全身をカットした状態を診てみましょう。

               

続いて、肩付近の拡大です。

               

続いて、右後肢。

           

同じく右後肢の拡大像です。

           

続いて、背中を上からみた状態です。

               

同じく背中の拡大像です。

             

続いて、右前肢とその拡大像です。

          

同じく右前肢を内側からみたところです。

             

最後に、右後肢の外側面です。

              

左右対称性のため、反対側からの写真は掲載していません。

こういった症例で必要なことは、初診時に「検査⇒診断⇒治療⇒改善」までの道筋を描くことです。

次回、治療後の状態をお示しします。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

トイ・プードルの皮膚病 スキンケア

2013.08.19

1年以上ぶりの症例報告となりました。

改めて、四季の森どうぶつクリニックのHPとして当院の症例報告を行っていきたいと思います。

よろしくお願いします。

今回は、少し珍しいタイプの皮膚病です。

珍しいのは皮膚病の好発犬種ではないトイプードルであることです。

もちろんトイプードルで皮膚病がないわけではないのですが、難治性になりにくいため滅多に困るような皮膚病にはなりません。

それでは初診時の状態を見てみましょう。

             

非常に強い痒みのため、自傷(自ら身体を傷つける)と出血防止のため、エリザベスカラーを常時つけていました。

          

しかも2つ、わんこもそうですが飼主さまもつらい状態ですね。

次に、両眼。

脱毛と大きなフケが認められます。

続いて、右耳。

           

続いて、左耳。

           

続いて、右前肢とその拡大。

     

続いて、左側面全体。

          

続いて、左後肢とその拡大。

続いて、右側面全体と右後肢の拡大。

トイプードルでこのような悪化をしめすタイプはそう多くありません。

初診時では必要な検査、予測できる治療の流れをお伝えしました。

もちろん最も重要なのはスキンケアです。

目標はエリザベスカラーを外した普通のわんちゃんらしい普通の生活をすることです。

1回目のスキンケアの様子は次回お伝えします。

四季の森どうぶつクリニック

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

犬の皮膚病 シーズーの脂漏性皮膚炎

2011.07.21

シーズーに多く認められる脂漏性皮膚炎についての第4回です。

   第1回 シーズーの皮膚病①

   第2回 シーズーの皮膚病②

   第3回 シーズーの皮膚病③

【症例】 

    シーズー   男の子

【症状】

    四肢端、頚部、尾、顔、四肢など、ほぼ全身の脱毛および痒み


【治療経過】

治療前

治療後(5カ月後と約1年後の両方を使用しています)

過去の数々の動物病院でさまざまな治療を受けられ、エリザベスカラーを外すことができない状態でしたが、現在はエリザベスカラーもなく、傷になるような痒みもなくいい状態を維持できています。

完治ではないため、継続した治療を行っていますが、メインとなる治療はスキンケアです。抗生物質や抗真菌剤の投与はほとんどありません。またスキンケアも「殺菌系薬用シャンプー」ではなく、皮膚バリア機能回復のスキンケアを行っています。

「皮膚機能を治す」という意味で、本当の皮膚治療につながった1例と思います。


投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop