エリザベスカラーを外したい

  • HOME
  • エリザベスカラーを外したい

【愛知県の柴犬の皮膚科専門外来】脱エリザベスカラー

2014.02.14

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック獣医師平川です。

難治性になりやすい柴犬の皮膚病治療についてまとめるために、しばらく柴犬だけで複数の治療症例を紹介していきます。

【症例】

 柴犬 9歳 男の子

【病歴】

 〇3歳から顔の痒み&脱毛
 〇抗生物質と痒み止めで一時的に改善するものの、やめるとすぐに痒がってしまう
 〇治療と再発の繰り返しで、「内服が身体によくない」という理由で休薬し、年々悪化
 〇痒みが強く、傷をつくってしまうため5年間エリザベスカラーを常に装着している

初診時の状態です。

続いて、顔の正面、顔の右側を順にみていきます。

続いて、右前肢の狼爪周囲です。

それでは治療2カ月後の状態と比較してみましょう。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。

5年間装着しつづけたエリザベスカラーは1月半ではずすことができました。

初診時から1年半ほど経過しましたが、それ以降エリザベスカラーをつけなければいけないと感じるほどの再発は1度もありません。

このタイプも完治ではありませんが、治療の継続により「痒みをコントロールする」という当初の目標を高いレベルで維持できています。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop