脂漏症の治療

  • HOME
  • 脂漏症の治療

【犬の皮膚科専門外来】パグの慢性脂漏性皮膚炎

2013.10.29

こんんちは、四季の森どうぶつクリニック獣医師の平川です。

当院では難治性皮膚疾患として筆頭にあげられるフレンチ・ブルドッグ、柴、シーズーが多く来院していますが、パグも難治性になりやすい犬種の1つです。

前の3犬種との違いは飼育頭数の違いで、決して「パグの皮膚病はフレンチ・柴・シーズーよりも治しやすい」というものではありません。

では、今回の症例を紹介します。

【症例】

 5歳 パグ 女の子

【過去の病歴】

 〇4歳まで皮膚病なく、1年前から痒みを伴う皮膚病

 〇かかりつけで「アトピー?」と診断され、ステロイド含有スプレーなどで改善なし

それでは初診時の状態をみていきましょう。

それでは各病変を、まずは頚部から。

頚部の拡大です。

前胸部の拡大。

続いて、右前肢。

若干わかりにくいかと思いますので、角度を変えて拡大してみます。

まずは肘の内側から。

続いて、右前腕の外側から。

続いて、左前肢も同様の病変が認められます。

内側からみてみましょう。

続いて、腹側の全体をみてみましょう。

胸部を拡大してみます。

続いて、両後肢をみてみましょう。

続いて、後ろから大腿部~会陰を見てみましょう。

最後に尾をみてみましょう。

背中以外、ほぼ全身の皮膚病が認められました。

このように全身に重度の慢性皮膚疾患が認められる場合でも、初診時に「なぜこのような状態になってしまったのか?」「どのように治すのか」「治療後どこまで改善できるか」のストーリーを描くことが重要です。

検査も治療も「少しずつやっていきましょう」ではないと考えています。

まずはカルテをよくみて、

 「5歳の女の子のパグ」、「1年前まで皮膚病はなし」、「この1年で悪化・拡大」

とあります。

続いて皮膚病変をよく確認します。

 「頚部、腹側、四肢の脂漏が重度で、背側に病変は少ない」

カルテの情報と、パッとみた症例の皮膚病変だけでも十分すぎるほどストーリーを描くことができます。

続いて検査について考えていきますが、一般的な皮膚科領域での検査は

 一般皮膚検査:細菌、マラセチア、ダニなどを顕微鏡での病原体確認

 細菌培養検査

 内分泌ホルモン検査

 アレルギー検査

 超音波画像検査

が挙げられますが、この中で行うべき検査をピックアップします。

そしてでてくるであろう結果を予測して治療計画を立てます。

今回も予想範囲内(というよりも予測通り)の検査結果となり、治療も順調な改善を示しました。

次回この治療後の状態を紹介します。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop