脂漏症の治療

  • HOME
  • 脂漏症の治療

【犬の皮膚科専門外来】パグの慢性脂漏性皮膚炎②

2013.10.30

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック獣医師の平川です。

前回のパグの慢性脂漏性皮膚炎の続きです。

初診時から3カ月後の状態と比較して見ていきましょう。

まずは頚部から。


※クリックすると拡大します。

重度の脂漏がなくなり、皮膚機能がほぼ正常にもどってきているのがわかると思います。

それに伴い被毛の再生も認められました。

続いて右前肢です。


※クリックすると拡大します。

この右前肢も重度の脂漏が認められ、硬い痂皮が大量に付着していましたが、サラサラの皮膚に改善しました。

この右前肢を拡大してみましょう。


※クリックすると拡大します。

硬くザラザラとした皮膚が柔らかくなっています。

続いて同様の状態だった左前肢です。


※クリックすると拡大します。

同じく拡大してみてみましょう。

拡大するのは左前腕の内側面です。皮脂が多く分泌され、慢性的な炎症により硬くなる部位でもあります。


※クリックすると拡大します。

右前肢と同様に皮膚のコンディションが改善し、サラサラになっています。

皮膚のコンディションがよくなると、被毛も見違えるように美しくなります。

続いて腹側全体をみてみましょう。


※クリックすると拡大します。

まだ被毛が完全に再生していない部位もありますが。皮膚はきれいになっています。

拡大してみてみましょう。

まずは胸部の拡大。


※クリックすると拡大します。

部分的に残っていますが、見違える皮膚機能再生が認められます。

続いて、後肢です。


※クリックすると拡大します。

この部位はほぼ綺麗に改善しました。

続いて、大腿部~会陰です。


※クリックすると拡大します。

この部位もまだ病変部が残っていますが、順調に改善しています。

続いて、尾の比較です。


※クリックすると拡大します。

ここは非常に綺麗に改善しました。

全体としては8~90%改善したというところです。

一部被毛の再生がない部位もありますが、これは極めて重度の炎症が慢性的に続いたため、被毛再生が起こらないほど不可逆的なダメージを受けたものだと思います。

軽症のうちにこの治療ができていれば、本来の状態に戻ったと思われます。

大事なことはこの治療後までのストーリーを、初診時に描くことです。

考えられる原因、必要な検査、必要な治療、どこまで改善できるか、を診極めることですね。

四季の森どうぶつクリニック  平川

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop