脱毛・アロペシアXの治療

  • HOME
  • 脱毛・アロペシアXの治療

ミニチュア・ダックスフンドの痒み治療と脱毛症

2015.11.07

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

あっ・・・・・という間に1週間が経ちました。

明日は下町ロケット、前回以上に手に汗握る展開になりそうで麻衣子先生と一緒に楽しみにしています!

さて、今日はいつもの症例とはちょっと違った雰囲気の症例を紹介します。

症例はミニチュアダックスフンド、痒みを主訴に来院されました。

もちろん痒みの治療を行って、100%とはいえなくもそこそこのレベルまで改善しました・・・・が、

比較的短期間で再発する、または当初の予想以上の治療継続が必要という状態が続きました。

そこで元々気になっていた「脱毛症」を再評価することに・・・

この脱毛症、受診当初から認められたのですが、飼主さまからの主訴になかった(こういうものと思っていたそうです)ので痒みの治療を最優先にして、脱毛症は後からやりましょうという流れにしていました。

しかし再発頻度も気になったため、脱毛症が関係しているのでは?と疑い、脱毛症の治療を始めました。

その前後を紹介します。

え?脱毛症??

そんな感じがしますよね。

でもこれは初診時の時点で主訴になくても「脱毛がある」と把握しておかなければいけません。

もちろんこの脱毛症は「美容上の問題で、治療の必要はない」といわれていますが、それは教科書上の話です。

証明はされていませんが、この脱毛症はただ毛が少なくなるだけで美容状の問題だけではなく、皮膚コンディションの低下を引き起こすものと考えていて、理論上のそうですがいずれそれを実証されるレポートがでると確信しています。

では、治療後の状態をみてみましょう。

※画像をクリックすると大きくすることができます。

一見「首から毛が生えた」「耳の飾り毛が増えた」だけ・・に見えますが、重要なのはそこではありません。

この治療により全身の皮膚コンディションが改善し、痒みの治療成績が改善し、ほとんど投薬治療が必要いらないレベルに到達しました。

何がいいたいのかというと、

「現在の動物医療ではこの脱毛症が『美容上の問題であり、治療するかしないかは飼主の希望に沿う』と定義されていることにより、疾患としての治療の意味が過小評価され皮膚病全体の治療成績低下の要因になっている。」

ということです。

あともう一つは、

本当は「被毛を含めた皮膚に影響を及ぼす疾患であり、皮膚コンディションの低下および脱毛を引き起こす疾患」であるにも関わらず、脱毛症という名前にまどわされ「毛が抜けるだけの病気」と獣医師が誤解していることです。

そのため想像以上に見落とされている可能性が高いです。

はい、僕も過去10年間ほとんどアプローチしていませんでした。

そしてたくさん見過ごしていたと思います。

中には明らかな脱毛症が認められず、皮膚コンディションの低下・毛質の変化だけという症例もかなりいます。

教科書的な診断名の「脱毛」という命名がよくないのだと思います。

脱毛であり、美容上の問題であり、治療はしなくてもQOL(生活の質)には影響ない・・・・・

教科書にそうかかれてしまうと軽視されるのも仕方ないで、今後の改善を期待しましょう。

「教科書では病気は治らない」というのが僕の口癖なのですが、やはり本を読むだけでなく、皮膚をよく診ること・・・これに尽きます。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop