膿皮症・湿疹

  • HOME
  • 膿皮症・湿疹

難治性皮膚病治療にサプリメント&スキンケアはどこまで有効か?

2015.11.19

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

今年も学会&セミナーシーズンがやってきました。

今週末は大阪での大きな学会「動物臨床医学研究会 年次大会」に参加し、29日、12月6日、12月13日はすべて名古屋でのセミナー参加です。

2015年のアップデートもラストスパートです♪

では、今日は恒例の「診極め」の症例報告です。

ちょうど1ヶ月前の10月17日に来院されたわんちゃんをその日のうちに紹介しました。

ボストンテリアの皮膚病

診た当日のブログで「1~2ヵ月後には綺麗になる」とお伝えして、今日がちょうど1ヵ月後の再診でしたので比較を紹介したいと思います。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

毛並みは非常に綺麗になりました。

以前の記事を読んでいただきたいのですが、このわんちゃんは2年間ずっとステロイドを投薬していました。

診断名は細菌性膿皮症であり、一般的にはステロイドではなく抗生物質での治療が必要な病気です。

そのため初診時はそのステロイドを止めることができるのか?という検査を行いました。

シンプルに休薬せず、検査を行った理由は「長期間ステロイドを服用していると、急に休薬することで命に関わる体調不良に陥ることがあるから」です。

予測どおり検査結果から「急な休薬はできない」と判断されたため、、初診時から2~3週間かけて徐々に減量してステロイドをゼロにしました。

そして一般的に治療の最優先事項である「抗生物質」は・・・・・・・・・・処方していません。

では何をしたかというと・・・・もちろん当院のスキンケア&サプリメントです。

 メディケア スキンクリーニングオイル
 メディケア シャンプー
 メディケア ローション
 スキンケアECプラス(サプリメント)

初診時だけ院内薬浴をしたのですが、オイルクレンジング後の湿疹をみてみましょう。

診た目が痛々しいくらいですが、スキンケアではここまでする必要性があります。

またスキンケアも非常に重要ですが、この湿疹を根本的にコントロールするにはサプリメントが最も重要だと考えています。

初診時の時点で即ステロイドを休薬できればもう1~2週間早く改善したと思うのですが、ステロイドを服用していても1ヶ月でここまで綺麗にすることができます。

参考までに皮膚全体のトラブルが改善しているわけではありません。

ステロイドを休薬したことで数日前から顔・四肢端・耳の痒みが認められるようになりましたが、これも想定の範囲内で初診時に「おそらく顔・四肢端の痒みがでるでしょう」とお伝えしていました。

もちろん今日からこの顔・四肢端・耳の治療が始めています。

皮膚の診断名と治療が1つであることはあまりありません。

病変に応じて治療方針を変えることが重要です。

顔・耳・四肢端すべて、おそらく2~4週間後には綺麗になっているでしょう。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop