皮膚科ブログ

  • HOME
  • 院長平川の天真爛漫ブログ

動物病院建設日記 ~スタッフルーム~

2014.03.29

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック院長平川です。

さて、昨日まで新病院移転に伴い、今の病院にないものの紹介としてエアコンコンプレックスお手洗いコンプレックスのお話をしました。

貧しくて苦労した話しならどの病院にも負けないくらいたくさんあるので、毎日でもブログが書けそうです(苦笑)

そして他にも新病院では今の病院にないものが色々と増えているのですが、今日紹介するのは「スタッフルーム」です。

動物病院の従業員はやはり女性が多く、女性のための職場づくりを大事にしなければいけません。

開業時に私と麻衣子先生だけだった病院も、2年目、3年目、4年目に一人ずつ従業員が増え、今年も4人目が新しく入っています。

やはり従業員が質のいい仕事をするためにもスタッフルームが必要になるため、

ちゃんと作りました!

着替え、昼食、従業員同士のミーティングが行えます。

十分な収納と、ビジネスマナーのための洗面化粧台も用意しています。

なにより僕の勉強部屋より広い(笑)

今までも従業員から「スタッフルームがほしい」と要望があり、苦労させて申し訳ないと思い続けていたこともあり、このスタッフルームができることで胸のつかえがとれたような気持ちよさがあります。

新築オープンの際は、このスタッフルールもぜひみなさまにもご利用・・・・・・・・はできないのですが、従業員がよりよい労働環境により提供できる質の高い医療サービスで、みなさまへ還元できればと期待しています。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

動物病院建築日記 ~トイレ~

2014.03.28

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック院長平川です。

さて、前回のブログで天井エアコンについて個人的な想いを書いてみました。

その続きですが、今回は・・・・

「病院のお手洗い」です。

やはり振りかえること5年前・・・本当に貧しい開業準備でしたので、計画当初にあった「来院される飼主さまがペットと一緒に入る用のお手洗い」は予算の都合上かなり早い段階で諦めざるを得ませんでした。
※今の病院では病院裏口から入り従業員共用お手洗い。

ただ多くの動物病院では待合室にわんちゃんと一緒に入れるお手洗いがあることと、予想以上に病院でお手洗いを利用される方が多いこともあり、そのたびに「やはりお手洗いはつくるべきだった・・・」と反省しました。(みなさまゴメンナサイ)

と、5年超にも及ぶ長い長い反省期間を経て・・・

ちゃんと作ります!

なんて大げさなことを書きましたが、動物病院にお客様用お手洗いはほぼ常識、ペット同伴お手洗いもほぼ標準になりつつあるくらいのため、特別なことではありません。

ただ開業時の自分(病院)にそんな力がなく、できなかったここととしてコンプレックスとなっていたものでした

そのため一般的にはごく普通のことなのかもしれませんが、個人的には「ようやく自分の力でつくることができたお客様用お手洗い」としてとても思い入れのあるトイレです。

広々立派!とまではいきませんが、わんこと一緒に入れるスペースにしたので、ご来院の際は僕の5年超の反省を込めた思い入れのあるこのお手洗いをぜひご利用ください(笑)

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

動物病院建築日記 ~電気工事~

2014.03.27

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック院長平川です。

動物病院は冬の仕事量が少なく、春に急に忙しくなるため冬のうちに心身ともに休むことが重要と考えているのですが・・・

今年はイレギュラーな新築工事の準備ですでにちょっと疲労が・・・このあとの春が大変です(苦笑)

さて、新病院は

柱に黒い物体がいくつも付いています。

これは、

コンセントやスイッチ類です。

建物工事は柱の次にコンセント・スイッチの電気配線なんですね。

そのため天井をみると、

エアコンもすでについています。

エアコンといえば苦い思い出があるのですが・・・

5年前の開業準備のとき、今以上にもっと貧しく金銭的な余裕がなかったため、当院が開業する前のここを使っていた事務所が置いていった業務用エアコンをそのまま使うことにしました。

ですが、そのエアコンが中々言うことを聞いてくれないタイプで・・・極端に冷え切るまで働くこともあれば突然温度調整で止まることも・・・(苦笑)

そんなエアコンを見るたびに「貧しい開業」を噛みしめ「次こそは!!」と思っていたこともあり、店舗としては当たり前の天井エアコンなのですが、僕個人的には前回できなかったことができるようになった証として感慨深いものがあります。

他にも今の病院ではできなかったことを次の病院でつくったものがありますので、また紹介しますね♪

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

7年間未発見の溝?

2014.03.25

こんにちは、院長の平川です。

随分と温かくなりましたね♪

陽のあたる車の中は暑いくらいです。

もう冬に戻ることはなさそうです。

さて、動物病院の移転計画が始まってから週1回は僕、麻衣子先生、施工店の方の3名で打合せをしています。

実際の工事を進めていくと、「ここはどうしますか?」とわずかに残った未確定部分のファイナルアンサーを求められるので、その都度

僕 「ここは〇〇〇〇のようにしてください。だよね?」

麻衣子先生 「うん」

というような感じで進みます。

僕と麻衣子先生は夫婦としてはまだ2年ですが、一緒に仕事してもう7年越えましたのでお互いの思考回路のほとんどを把握しているつもりです。

有線LANでつながっているのではないか?と思うくらいなのですが・・・・・・・・・・先日の「受付デザイン」の部分でプチバトル勃発!?

二人の意見が合いません(笑)

今の病院の受付を施工店の方含め3人で囲みながら、僕と麻衣子先生が『あ~でもない、こ~でもない』とやりあっていたのですが、施工店の方にすれば「そういうのは打合せの前に二人で詰めておいてください」と思っていたことでしょう(反省)

まぁ僕も「まさかここで意見が分かれるとは・・・」と思いました。

7年も一緒に仕事しても埋まってなかった溝を久しぶりに発見できたという意味ではおもしろかったです(笑)

移転計画はお金だけではなく情熱も必要とするのでとてもエネルギーのいることなのですが、飼主さまに支えられての結果という側面ではものすごく恵まれた機会でもあると思うので、感謝の気持ちを忘れず楽しみながらいい病院づくりができればと思っています。

今まで気付かなかった夫婦の溝も埋まりますからね♪

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

動物病院建築日記 ~図面~

2014.03.21

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック平川です。

新病院の進捗はというと、

待合室のサッシが入りました。

病院の正面入り口も、

まだ扉はありませんが、万が一の脱走防止と省エネ(暑さ・寒さ対策)のために2重扉にしました。

中の状態は、

まだまだ壁は出来ていませんが、ここらか詳細を詰めていかなければいけません。

最も難関となる受付のデザインを悩むのですが・・・

実際の受付のところで麻衣子先生が腕組みで考え中・・・・・・・(笑)

そして、今日は午後の休診時間を使い麻衣子先生、僕、施工店の方の3人で6時間以上の打合せを行いました。

最後の30分は3人ともオーバーヒートしたように頭から煙がでたような状態になり、「今日はここまでにしましょう!」となりました。

頭の中で実際に無いゼロにイメージを足して形にしていく作業にはとてつもないエネルギーを要します。

夜寝る前は、閉じた瞼の裏に病院の3Dシュミレーションが出てくるほどです。

考えすぎると頭が冴えて眠れなくなってしまうことも多く、思いついたことを書きとめるために起きて絵を描きだすこともあります。

ただ、寝ずに思いついたプランにも関わらず、絵心のない僕が書いた出来は非常に残念で・・・諦めもついて眠れたりするのですけどね(笑)

ある程度の図面はできているので、今回はかすかに紹介します♪

左上が平面図、下半分が外観&受付のイメージ図です。

小さくてわからないとは思いますが、完成をお楽しみにしてください♪

・・・・・・・・・・・・・・と言いたいところですが、継続治療をしながらの移転になるため、おそらく一部未完成のまま引越し&新病院の診察開始になると思います。

さて、ブログは病院の進捗報告ばかりですが、診療に関する努力も日々行っています。

来週は獣医師同士の症例発表会で

 〇検査で判定しにくい内分泌疾患 ~皮膚病から確定診断へ~
 〇柴犬に認められたアレルギー性皮膚炎・・・・・に診えてしまう心因性掻痒性皮膚疾患の治療

について詳しく解説します。

個人的にも非常にいい経験&自信になった症例です。

当院の皮膚科診療を受診された方には、「うちの子と一緒・・・・」と思っていただける症例を複数おみせし、どのような原因だったのか、どのように治療したのか、治療の結果どこまでよくなったのか・・・とわかりやすく解説しています。

痒みを伴う皮膚疾患でお困りの方は一度ご相談ください。

四季の森どうぶつクリニック
平川将人

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

動物病院建築日記 ~建て方~

2014.03.15

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック院長平川です。

さて、新病院は建て方が始まりました。

あっという間ですが、

もう屋根までできました。

内部は、

壁はまだできていませんが、部屋のサイズはより正確に把握できるようになりました。

おおよそ予想通りで、特に違和感無く間取りをつくれたと思います。

そろそろ詳細なところを詰めていきます。

次の難題は受付のデザインです。

治療のメインは診療技術かもしれませんが、病院としての中枢機能はこの受付ですので、十分に高い機能性をもった受付にしたいと思います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

「クリニック」から「スキンケアセンター」へ

2014.03.10

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック院長平川です。

今日は予想もしていなかった一時的な吹雪で、思わず山に行きたくなってしまいました(笑)

さて、そんな吹雪の中でも病院建築現場は進み、

さっきまで吹雪いていたとは思えない青空の下、足場が組まれていました♪

建設に詳しい方ならわかるのかもしれませんが、今回建設する新病院は

『平屋』です。

移転のお知らせ後、

「立派なビル建てるの?(笑)」

と聞かれることもあるのですが、まだまだそんな力はありません。

それでも「スキンケアセンター」というようにセンターと付けたのは、僕なりのこだわった理由があります。

一般的に「動物病院」の名称は、

一昔前

 ・〇〇〇動物病院
 ・〇〇〇犬猫病院
 ・〇〇〇獣医科

からはじまり、ここ10~20年は

 ・〇〇〇動物クリニック
 ・動物病院〇〇〇
 ・〇〇〇動物医療センター

などさまざまなバリエーションが増えてきました。

その中で開業時は自分の医療設備・技術を客観的に評価し、病院の一歩手前のイメージで「クリニック」とつけました。

そして開業から5年、

「皮膚病を皮膚の表面で治し、皮膚機能を改善させることに
関しては誰にも負けない」

という僕の中の小さな自負の表れもあり、センターという名称を使うことを決めました。

もちろんセンターを名乗るからには結果が重要ですので、そこは自分を追い込み、自分に大きな負荷をかけて臨む覚悟です。

もう1点、ときどき「皮膚病しか診ないの?」と心配されますが、一般診療も常に全力で行っていますので、今まで通りですからご安心ください!

よりよい医療提供のため、病気の診極めだけでなく、自分の技術・知識の診極めも重要視し、自分の力不足を感じたときはよりよい医療機関を適切にご紹介いたします。

がんばります♪

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

動物病院建築日記 ~配管&断熱材~

2014.03.08

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの院長平川です。

また真冬のような寒さが戻っていますが、3月も半ばにさしかかろうとしているのでもう春は目の前です。

新病院の進捗ですが、

先日基礎内部の配管工事が行われました。

ここは新病院のメインでもあるスキンケアルームです。

給湯器3台、シンク3台・・・そして治療成績にかかわる秘密の機器も設置予定です♪

今日はさらにすすみ、

病院の入口の階段ができていました。

建物内部では、断熱材が敷き詰められていました。

来週末には建物の大きさがわかると思います♪

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

動物病院建築日記 ~基礎完成~

2014.03.01

こんにちは、院長の平川です。

2月も終わり、ここ最近は寒さも和らぎ春が近いようですね♪

さて、病院は基礎が完成したようです!

完成はまだまだ先ですが、

記念すべき第1歩として、正面入り口から入ってみます。

今回の目的はおおよその空間把握、どの程度の広さがあるか・・・などのイメージのためです。

一般的には壁がないと狭く感じるので、この時点での空間把握はよほど慣れていないと正確な把握はできません。

矢印が正面入口の通路で、正面が受付です。

入って右側が待合、左は・・・お楽しみに♪

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

病院のデザイン

2014.02.28

こんにちは、院長の平川です。

移転のお知らせをして以降ですが、時々・・・いや頻繁に「次の病院もこんな雰囲気?」と聞かれます。

こんな雰囲気、というのは・・・

非常にモクモク(木&木)している雰囲気です。

診察室も

一枚板を使った机にしました。

開業して1年弱の頃なので、今と少しディスプレイが違うところもありますが、「暖かい雰囲気」を作ってみました。

デザイン設計事務所を入れずに僕と麻衣子先生二人でデザインした病院ですので、多くの方が「この雰囲気が好き」と言ってくださることがとてもうれしい半面・・・・・「前の方がよかった」と言われないように次の病院のデザインへのプレッシャーも大きくなっています(汗)

新しい病院の詳細はまだ最終決定ではありませんが、今とは違った雰囲気にする予定です。

開業1年目のように患者さまも少なく、僕と麻衣子先生2人だけでときどき来院される飼主さまと受付でのんびり話せるこじんまりとした病院であればこの雰囲気でいいと思いますし、個人的にも「次はログハウスで病院を作ろう」と思っていたぐらいですが、病院の成長とともにそれだけではいけないところも出てきたため、新しい病院作りをしていく方向で考えています。

で・す・が!

今の病院のいいところも残せれば、とも思っています。

どんな病院になるか、ブログを見ながら楽しみにしていただきたいと思います。

また移転のお知らせの一環として、

看板をつくることが一般的だと思いますが、当院は「広告費はかけない」スタンスですので、デザイン性がない手作り感満載ですけれども外に向かって張り出してみました。

これをするのは開業前以来で、

開業直前も同じように掲示しました。

なんだか懐かしいですね。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop