皮膚科ブログ

  • HOME
  • 院長平川の天真爛漫ブログ

【教育機関に学ぶ男女の生き方】かわいさ&強さ

2019.04.21

こんにちは、獣医師の平川です。

そろそろ夏一歩手前の暑さも感じるので今更かもしれませんが、春らしいブログを書いてみます。

 

社会人になったことで春のイベント(入園・入学や卒業)とは無縁の人生を16年過ごしてきましたが、ついに娘①が幼稚園に入園となったことで、人生2回目の入園・入学・卒業という春イベントを数多く経験するスタートラインに立つことになりました。

そんな入園・入学に関する春のニュースとしては、先日「東京大学入学式 上野千鶴子さんの祝辞」が話題になりましたね。

ぜひ全文章をよんていただきたいのですが、今日のブログでフォーカスを当てるのは以下の部分です。

・・・・・・・・・・・・

そうやって東大に頑張って進学した男女学生を待っているのは、どんな環境でしょうか。他大学との合コン(合同コンパ)で東大の男子学生はもてます。東大の女子学生からはこんな話を聞きました。「キミ、どこの大学?」と訊かれたら、「東京、の、大学…」と答えるのだそうです。なぜかといえば「東大」といえば、退かれるから、だそうです。なぜ男子学生は東大生であることに誇りが持てるのに、女子学生は答えに躊躇するのでしょうか。なぜなら、男性の価値と成績のよさは一致しているのに、女性の価値と成績のよさとのあいだには、ねじれがあるからです。女子は子どものときから「かわいい」ことを期待されます。ところで「かわいい」とはどんな価値でしょうか?愛される、選ばれる、守ってもらえる価値には、相手を絶対におびやかさないという保証が含まれています。だから女子は、自分が成績がいいことや、東大生であることを隠そうとするのです。」

・・・・・・・・・・・・

ここにフォーカスを当てた理由は先日の娘①の幼稚園での理事長(たぶん)のお話に同じような話があったからです。

理事長はこんなことをお話されていました。

「男の子が泣くなんてみっともない!」

男の子だからみっともない、と言うことですね。

言いたいことはわかります。

男は強くなくては社会で生きていけない、という現実が待っているからです。

男女逆バージョンではありますが、上野さんの祝辞も女性が社会にでたときの現実をお話されたのではないかと思います。

ただつい最近問題となった医学部男子優遇の件もそうですが、「男の子だから」「女の子だから」という枠はよくないというに流れになっていますよね?

でも実際の教育機関や現実社会の一般の視線そのものは男女平等ではないのではないかと思っています。

では現代社会が作り出した男女不平等か?というと、個人的にはそうではないと思います。

 

ここで考察したいことは「男のモテる条件」です。

世代で異なると思いますが、子供時代にモテの最強条件は1つ、「強さ」です。

優しいも大事ですが、強ければ圧倒的にモテます。

理由は「足が速い」とモテるからです。

大人になって「足が速い」がモテる条件の上位にくることはないと思うので、「強さ」というのは本能が求める条件なのだと思います。

もちろん大人になると「強さ」は経済的強さに置き換わることはみなさんご存知の通りで、昔の経済的強さは身体の強さに比例していたことを考えると「男は強くなくてはいけない」というのは今も昔も変わらないので、今後もしばらく続くかなと思います。

もちろん無人島で1人で生きるのであれば泣き虫とかかわいさとか関係なく、我が道を進むでいいと思います。

しかしヒトは1人では生きていくには弱いので、社会の中で生きていかなければいけません。

社会の中で生きていくには「誰かの価値観に寄り添って生きる」ことも必要です。

この「誰かの価値観に寄り添って生きる」というのは仕事でもプライべートでも共通のことかと思います。

僕は娘①が社会にでるまでに「誰かの価値観に寄り添って生きる」を伝えたいと思っています。

そういった意味で、上野さんの「女子のかわいさ」と理事長の「男は強く」というお話はとても印象に残りました。

 

え?僕の幼稚園時代ですか???

母曰く、入園から2ヵ月くらい泣いてばかりだったそうです(^^;

え?小学校時代ですか?

モテなかったということは・・・そういうことだったんでしょうね(涙)

当時はわからないことでしたが、なにせ早生まれ(3月)でしたからね。

メンタル(泣き虫)もそうですが、早生まれ(肉体的な差)も大きかったかなとというのが行き着いた言い訳です(笑)

 

だからでしょうか?

子供時代にできなかったことを、今遊園地で取り返してます(笑)

 

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【皮膚科セミナー開催】獣医師向け「心因性皮膚疾患」

2019.04.19

獣医師向けセミナー開催のお知らせ

 

テーマ

心因性皮膚疾患の診断・治療の実際

1)舐める&掻く&齧る=痒いではない

2)舐め癖は存在する?

3)掻き壊しの理由は?

4)心因性=ストレスではない

5)実際の治療薬の使い方

 

開催日時 当院:月・木・金の夜間

     訪問:火曜日午後または水曜

 

セミナーについてのお問合せ

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【遊園地に学ぶ遺伝学】操作系能力は誰似?

2019.04.11

2019年の抱負に「夢中になる」を選んだ四季の森どうぶつクリニックの平川です。

 

私事ですが、つい先日娘①がついに幼稚園に入りました。

これでしばらく平日の休診日に丸1日遊びに行くことができなくなりました(涙)

ということで、入園式の前日のラスト平日休みを利用してまたまた鈴鹿サーキットへ行ってきました。

 

まずは夫婦でタイムアタック、「DreamR」です。

前回までは0.05秒差(麻衣子先生の勝ち)と僅差でしたが、

麻衣子先生は1分22秒26と1秒以上タイムをあげ、僕は1分23秒78と1秒以上の差をつけられて完敗でした(涙)

1秒というは相当な差ですので、根本的に何かを変えなければいけないタイムだと認識しています。

皮膚病治療でいうと、「アポキルが効かない。何かが足りない」というくらい何か決定的に違うのだと思います。

参考までに麻衣子先生は2回目で1分22秒21とさらにタイムをあげて、月間記録1分21秒台まであとわずかに迫ってます。

 

続いて僕がはまっている「プッチパワーショベル」、娘①がいると操作に集中できないので麻衣子先生に預けて大人一人でチャレンジ(笑)

結果は、

本日最高記録&個人最高の180でした。

月間記録目安の200越えまであとわずか!

さて、3歳なりたての娘①ですが、そんな夫婦に似たのか・・・

プッチのテストフライトで本日最高記録325点!

これは2名乗車で、パイロット(娘①)と後部座席補助(僕)でシューティングするものです。

パイロットは高さをあわせる操縦を、後ろ(僕)がボタン(発射)でスコアを稼ぎます。

※パイロットも余裕があれば操縦しながらボタン(発射)でスコアが稼げます。

飛行機の操縦は操縦桿を下に向けると機体が上昇、操縦桿を上げると機体が下降するという、手と機体の動きが逆になるというものです。

そのため「機体上げて!」と指示したら操縦桿を下げなければいけません。

最近この操作能力が上がり、「ちょっとあげて・・・はい、次少しさげて」ができるようになってきました。

キャスト?さんにきいたところ、過去最高は535ということで、娘①がもう少し大きくなって操作しながらシューティイングできるようになれば2倍のスコアがだせそうなので射程圏内に入ったと思います。

 

最後は2019年3月にオープンしたばかりのアトラクション、ACROBIKEです。

土日はなんと3時間待ち、ディズニー並みの人気ですね。

有料のファストライドもありますが、平日のため待ち時間は説明合わせて15分とほぼありませんでした。

今までスクーターしか乗ったことなかったので、これが人生初のバイクらしい?バイクです(笑)

大人は最初から乗れますが、子供はトレーニング用のアトラクションでミッションをクリアしてライセンスをゲットしなければ遊べないという子供心を刺激するアトラクションになっています。

まだまだしばらく遊べそうです♪

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【四季の森どうぶつクリニック・求人】シャンプースタッフ・トリマー・動物看護士

2019.04.09

愛知県豊明市の四季の森どうぶつクリニックの求人案内です。

詳細・お問合せページ

【職種】

動物看護士・トリマー・シャンプースタッフ

【業務】

メイン:薬浴(シャンプー)、診療補助など

サブ:調剤、受付など

その他:動物病院業務全般(事務・在庫管理・清掃など)

【経験】

動物看護士、トリミング系の専門学校出身、または勤務経験がある方を優先して採用します。

【条件】

時給1200円~1500円

年2回賞与あり(能力・業績に応じて) 

※当院では毎年パートにも賞与の支給実績があります。

【勤務時間】

 1日3~9時間(休憩1時間)でメイン勤務時間は9~13時です。

 週1~5日

【その他】

雇用保険・労災

制服貸与

交通費支給

詳細・お問合せページ

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【時代の流れに乗る】診察時間変更のお知らせ

2019.04.09

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

院内・HPですでに掲示していますが、5月から診察時間を一部変更することにしました。

大きな変更点は以下の通りです。

①日曜診療が「月1回(たまに2回)」になります。

②日曜日に薬浴のみを受け付ける診療日を月1回設けました。

③月曜・土曜の午後が5時までとなります。

④火曜日午前を薬浴・初診で対応します。※日曜休診の週のみ

基本は完全予約のため、HP及びご予約のお電話でご確認いただければ大丈夫です。

 

一番大きな変更点は毎週診療していた日曜午前が月1回に減ったことです。

2009年開業以来ずっと日曜診療を続けてきたのでこの半年延々悩みましたが、長期的にみると今やっておかなければいけないことかと思って決断しました。

理由はごく一般的なことで、「土日両方開けると従業員が続かない」で自分も含めて全員が「人間らしい生活を」と思っています。

利便性が低下するのは承知ですが、誰かの犠牲による利便性向上は不本意なので、アンバランスなことは是正していこうと思っています。

このご時世なのか、「24時間働けますか」の時代を生きてきた年配の飼主さまからも「従業員を守らないとね」と理解をいただけているのが本当にうれしく思います。

 

参考までにGWは4月28日(日)~5月3日(金)と5月6(月)~8日(水)までの合計8日間お休みいただきます。

5月4日(土)全日と5月5日(日)午前は診療します。

 

休みが多い当院ですが、これからも「当院でしか受けられな医療」でみなさまにいいサービスを提供していきたいと思います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【痒い?or 癖?】犬の皮膚病に新しいアプローチ「性格」

2019.04.09

犬の舐め癖・掻き壊しと言ったアポキルが効かない痒い皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

手を舐める、足を舐めるといった指間・足裏の痒い皮膚病がときに「癖」と言われていることがあります。

「本当に痒いのか?癖なのでは?」

特にフレンチブルドッグ・シーズー・トイプードルに多く、その他マルチーズなどの小型犬や柴犬で多くみます。

特徴の一つとして、今の標準的な皮膚科治療である「食事療法」「スキンケア」「アポキル(痒み止め)」では中々改善しないことです。

「癖」以外にも改善しにくい皮膚病として、皮膚炎がないのに急に出血・傷になるくらい掻いてしまう「掻き壊し」タイプのわんちゃんもめずらしくありません。

「そんなに痒いの??」

犬種としてはやはりフレンチブルドッグ、柴犬に極端に多い傾向があり、同じく「食事療法」「スキンケア」「アポキル(痒み止め)」では中々コントロールできず、エリザベスカラーや洋服で防ぐ以外難しいという症例によく遭遇しています。

 

本当に痒いの?

→痒みであればアポキル(痒み止め)で改善すると思います。

 

そんなに痒いの?

→ずっと掻いていないのであれば、そこまで痒くないのだと思います。

 

「癖」や「やりすぎ」の痒み症状による皮膚病は確かにあります。

こういった皮膚病の原因の一つとして「心因性」という視点があり、当院ではこの心因性に積極的にアプローチしてきました。

投薬治療としては「ストレス障害対策として抗不安薬」、サプリメントとしては「ストレス対策としてヒーリングケアLFプラス」が相当します。

確かにこの治療法でかなりのわんちゃんが改善しますが、ストレス対策では改善しないわんちゃんもいますし、本当に「ストレスが原因なのか?」と思うシーンもあります。

そこでこの1年は「ストレスではない性格による皮膚病」と視点を変えて治療方針を立てることで新しい治療ができるようになったと感じています。

【症例】

 チャイクレ

【経過】

 〇約5年前から当院受診

 〇約2年前まで抗不安薬でほぼコントロール済

 〇家族構成の変化により治療成績低下

それでは再発するようになったときの写真です。

 

 

右前腕(手首の少し上)を舐め続けることでびらん・潰瘍になっています。

以前は抗不安薬・ヒーリングケアLFプラスでずっとコントロールできていたのですが、家族構成の変化によりぶり返してしまい、最近はずっとコントロール不能になっていました。

そこで「ストレス対策」から「癖」という視点に切り替えて治療内容を変えてみました。

半年以上ぶりに綺麗に改善し、今のところ再発なしです。

被毛が茶色ではなくなっていることが、短期的な改善ではなく長期間舐めていないことの証明でもあります。

「ストレスで舐めている?」という視点ではなく、「癖」「性格」という視点でアプローチしたのが奏功しています。

投薬治療もそうですが、このタイプにはサプリメントも非常に有効だと思います。

ようやく完成した「パーソナルケアPⅡ+」です。

正直なところ癖や性格が薬やサプリメントで変わるのか?という意見が大半かと思いますが、

今見つかっていない答えは想定外にある

きっと5年後10年後にはスタンダードになるでしょう。

柴犬の掻き壊し、フレンチの舐め癖&掻き壊し、シーズーの舐め癖には非常にいいだろうと期待しています。

 

今「性格」「癖」に対する新しい治療について、世界初の症例報告を執筆中です。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【舐め癖・掻き壊し対策】パーソナルケアPⅡ+は誰に効く?

2019.03.29

犬の手舐め・足舐め・掻き壊しなど、アポキル・ステロイドが効かない痒み治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

以前からお話している「パーソナルケアPⅡ+」、当初の予定より遅れてしまいましたが4月4日に納品されることになりました。

4月にオンラインショップを新サイトへ引っ越し予定なので、撮影&ページ作成を行い5月から販売開始を予定しています。

以前のヒーリングケアLFプラスの主成分(ラクティウム)に加え、癖・こだわり・突発的な行動などの感情コントロールに対して新しく2成分を惜しみなく配合したものです。

とりあえず、我が家では僕と娘①が服用予定です。

僕はストレスに弱く疲労してしまうタイプなので、もっと感情のコントロールができるようになればなぁと期待しています。

まぁ娘①に関しては、ちょうどイヤイヤ期?をこじらせて大変というのもあるので(笑)

 

発売はまだですが、既存オンラインショップページに簡単な説明・告知を掲載しました。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【診療を支える愛機】21年目の新パートナー

2019.03.18

こんにちは、獣医師の平川です。

本日、僕が獣医師になってからずっとともに過ごしてきた聴診器がついに引退を迎えることになりました。

大学4年生のときに人生初の聴診器を購入して以来、在学3年、勤務医7年、開業10年の合計20年を共に過ごしてきたまさに獣医人生のパートナーとも言うべき愛機でした。

 

聴診器と一言にいっても、機種によって聞こえ方はさまざまです。

「診療に必要なのは『違和感』を信じること」

が信条ということもあり、慣れた聴診器を買い替えるつもりはなかったのですが・・・

樹脂の部分が劣化して、音漏れするようになってしまいました(涙)

20年前の大学時代にカタログから選んで購入した聴診器がまだあるのかと探したところ・・・

 

ありました!!

同じ色でもよかったのですが、今回は自分に合う色を選んでみました。

※僕に合う色はパステルカラーの反対のくすんだ色だそうです。

 

余談ではありますが、個人的に好きなカラーはオレンジです。

なので新しいパーソナルケアPⅡ+のデザインもオレンジを入れています。

パーソナルケアと銘打って、僕の個人的個性が色濃くでています(笑)

これは今手元にある医薬品、サプリメントなどではカバーできなかった問題点をカバーできる画期的なサプリメントだと考えています。

3月下旬納品なので間もなくです。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【ディズニーに学ぶ働き方】個性の輝き

2019.03.16

こんにちは、ディズニーから帰ってきてもう3日も働いたのに「次いついこうかな」と模索している獣医師の平川です。

現実逃避を兼ねてディズニーの余韻に浸っているブログにしばしお付き合いください(笑)

 

個人的な意見ですが、ディズニーで楽しみにしているのはキャストの存在です。

案内してくれるキャスト、アトラクション内のキャスト、清掃のキャスト・・・たくさんいますよね。

一見目立たないですが、隙間からは厨房内スタッフ、植栽で草むしりやキャラクターの中などでも働いている人が多くいます。

ディズニーにほとんど行ったことないのにディズニーで働くキャストについての本を何冊か読んだことがあるので、知識・興味については「キャスト>アトラクション」です。

今回のディズニー研修でキラリと光ったのはこちら、

アカペラのキャストさんです。

ユニフォームもそうですが、かっこいいですね!

思わず魅入ってしまいました。

きっとこのパフォーマンス中の満足度は本人にしか得られない絶対的なものだろうなと思います。

 

ちょっと話は反れますが、先日初USJでもショーを楽しみました。

僕の中で歌って踊れるイケメンは特別な存在で、僕もこんな能力をもって生まれたら・・・と何度思ったことか(笑)

6年ピアノやっても楽譜は読めないし、音痴だし・・・ダンスは僕がやると麻衣子先生曰く「ドリフにしか見えない」と芸術系のセンスはありません(涙)

だから余計にパフォーマンス系のキラキラ感に惹かれてしまうのだと思います。

 

他にもさまざまなパフォーマンスしているキャストさんがいて、パフォーマンスしている人を見るとみんな生き生きと仕事していて、ディズニーにいると「人は多彩だな」と思います。

そして個性を生かして得意分野で輝ける場を提供しているディズニーは本当に素敵な世界だと思います。

獣医師引退したら働いてみたい職場No1です!

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

【ディズニーに学ぶアニバーサリー企画】医療の10周年

2019.03.15

こんにちは、獣医師の平川です。

先日ディズニー研修旅行に行ったお話をしましたが、今ディズニーは35周年アニバーサリーのイベント中です。

僕もディズニーホテルに宿泊した特典だった?のか、35周年のグッズをもらえました。

 

ディズニーファンではなくとも、滞在中のディズニーを楽しむ素敵なグッズだと思います。

そんな35周年を迎えたディズニーに遠く及びませんが、当院もつい先日の3月9日に開業10周年を迎えることができました。

ふり返れば開業した当初の「開業10年」という数字へのあこがれはとても強いものでした。

だからこそ、「開業10周年の時はうちも何か特別なことをやろう!」なんて色々考えていました。

が!

現実の10周年の夜は・・・ディズニー出発前日の準備のため「かつや」でした(笑)

※もちろん財布に常備しているクーポン(かつやのクーポン記事)使いましたよ♪

 

そんな個人のイベントはさておき、病院としては毎年春のプレゼントを用意しているので、開業当初は「10周年記念プレゼント」を考えていましたが、年々「飼主さまは病院に何を期待しているのか?」を考えるようになり、結局いつも通りのまま、特別な「10」というプレゼントは作りませんでした。

「来院する飼主さまはこれ(10周年)を喜ぶのだろうか?」

どれだけ考えても自信をもって「Yes!」といえないことが、飼主向けのアニバーサリー企画を断念した理由です。

 

ディズニーと異なり、確かに憧れたアニバーサリーグッズは作れませんでしたが、10周年にふさわしい研修旅行ができたのかな?とは思います。

ふり返れば開業後数年は旅行どころかほぼ休みもなく働いていましたし、外食なんて贅沢で宅配弁当1つを麻衣子先生2人で分けて食べたり、暖房は駐車場に車が入ってからつける・・・など中々寒い時代を過ごしました(^^;

そんな過酷な時代から、病院を休診にして従業員を連れてディズニーに行けたというのは記念グッズとして形には残りませんでしたが、アニバーサリーとしてとてもいい思い出ができました。

 

飼主さま向けとしては本業の「特別な医療」で、飼主さまの希望に応えたいと思っています。

これが当院のこれからの治療成績を、一つ上のステージに上げる画期的なサプリメントになると思います。

※診療での処方は3月末から、オンラインショップでの販売はGW明けを予定しています。

10年前の開業時にこんなアプローチが存在するとは想像もしなかったものです。

ディズニーのアニバーサリー企画とは趣がことなりますが、当院の15周年・20周年には今よりもっといい医療が提供できるように努力していきたいと思います。

みなさまに支えられての10周年に感謝の気持ちを忘れず、今後もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop