皮膚科ブログ

  • HOME
  • 皮膚科ブログ

【ダックスの皮膚科治療】遺伝的な毛並み異常

2021.09.18

こんにちは、ダックスの毛並み治療なども行っている四季の森どうぶつクリニックです。

今回は、ダックスの症例です。

 

【症例】

ダックス 1歳 男の子(去勢済み)

【経過】

〇生後5ヶ月頃から赤み、痒みが出てきた(お腹、目)

〇痒みがあるところを後肢で掻いたり、噛む

〇背中や腰が化膿している

 

それでは、初診時の様子をご覧ください。

 

まず頸下、胸の写真です。

皮膚に赤みがあり、毛が薄くなっているのが分かります。


 

 

次にお腹全体と脇、胸を拡大したものです。


最後に左側面と頸の拡大です。

頸のところは皮膚がガサガサになっています。

 

それでは、初診時から約5か月後と比較してみましょう。

 

 

 

 

 

 

この子は、ダックスにはよくある遺伝的な毛並みの異常があり投薬治療でここまでよくなりました。

皮膚が赤くなってしまっていた首や胸の赤みは無くなりました。

毛が薄くなってしまっていたところは徐々に生え、毛並みも治療前と比べていただくとふわふわになりました。

 

このようにダックスの毛並み異常、その他のわんちゃんの皮膚病でお困りの方は是非当院までご連絡ください。

他にも関東圏にお住まいの方は、継続治療をオンライン診療で行う遠隔診療も行っています。

症状によってはできないこともございますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくは東京サテライトのご案内をご覧ください。

 

【症例報告制作者 】看護師 佐野

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop