皮膚科ブログ

  • HOME
  • 皮膚科ブログ

【フレンチブルドッグの皮膚病治療】痒みと薄毛

2021.07.23

フレンチブルドッグのアトピー、脱毛などの治療も行っている皮膚科専門の動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回は、フレンチブルドッグの症例です。

 

【症例】

フレンチブルドッグ  1歳6ヶ月  女の子(不妊手術済)

 

【経過】

〇1歳未満から痒みや皮膚炎が出ている

〇アポキルを服用しても良くなったり悪くなったりを繰り返している

〇耳にも症状あり

 

 

それでは初診時の写真をご覧下さい。

 

 

こちらの顔の写真からは、顔全体に赤みが出ているのがお分かりになると思います。

 

 

 

続いては、首、胸、お腹、股の写真です。

全体的に薄毛であることが分かります。

 

 

 

 

 

 

こちらは前足です。


 

 

そして後足です。

足も地肌の色が分かる程の薄毛です。

 

 

こちらは耳の写真です。

ゴワゴワして硬くなっています。

 

 

 

 

 

それでは治療後の状態と比較してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療後の写真は3ヶ月後のものです。

痒みを抑えるだけのアポキル服用では改善しない例です。

この子はお家でのスキンケアと、腸管免疫の改善、投薬治療を行いました。基礎疾患であるホルモン異常へのアプローチ、投薬が重要になります。

 

この治療を始めてすぐに耳の痒みが減りました。写真でも分かる様に、耳のゴワゴワも無くなり、耳の中が腫れていたのが分かります。

そして顔などの痒みもほぼ無くなり、赤みもひいてきました。

フレンチブルドッグは短毛なので気付きにくいのですが、地肌の色が分かる毛並みは異常な状態なのです。写真で比べてみると本来の毛並みはこんなにも密なんだと言うことがお分かり頂けると思います。

今回の治療にアポキルはほぼ使っていません。隠れた基礎疾患を見極めて治療を行うことが重要です。

 

今回治療に使用したサプリメントやスキンケア商品は獣医師が開発したオリジナルのものです。

気になる方はこちらからご覧いただけます。

サプリメント・スキンケア商品 

 

 

このようにアポキルで治らない、原因が分からない、など、わんちゃんの皮膚の事でお悩みの方はぜひ当院までご相談下さい。

尚、関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診させて頂き、再診をオンライン診療で行う継続治療を受けることもできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくは東京サテライトのご案内をご覧ください。

 

 

【症例報告作成者】  看護師 森

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop