皮膚科ブログ

  • HOME
  • 皮膚科ブログ

【チワワの皮膚科診療】ホルモン異常と心因性へのアプローチ

2021.07.23

心因性の噛み癖などの治療にも力を入れている皮膚科専門の動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回はチワワの症例です。

 

 

【症例】

チワワ  11歳9ヶ月  男の子(去勢済み)

 

【経過】

〇元々皮膚トラブルはなかった

〇2年前から急に左手を舐める&噛む、身体に湿疹

〇ステロイドなどを服用したが改善しない

〇エリザベスカラーをつけている

 

 

それでは初診時の写真をご覧下さい。

まずは全体の姿です。

 

 

胸から股まで毛が薄いのが分かります。

 

こちらは首の写真です。

 

そして、胸とお腹の部分です。

薄毛と、赤み、所々に湿疹があります。

 

 

次は腕です。

こちらも毛が薄い状態です。

 

特に左には舐め壊し、噛み壊した様な跡もあります。


 

こちらは側面の写真です。

 

 

 

 

それでは治療後の状態と比較してみましょう。

並べてみると、全体的に毛量が増えたのがお分かり頂けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは側面の毛をめっくったところです。

アンダーコートが再生しています。

 

 

治療後の写真は4ヶ月後のものです。

今回は腸内免疫の改善と、投薬治療を行いました。

ホルモン異常へのアプローチに加え、心因性へのアプローチも行いました。手を舐め壊したり、噛み壊したりするのは心因性が原因の場合があります。

 

目を離す時にはつけていましたが、2ヶ月後にはエリザベスカラーが外せるようになりました。4ヶ月後には完全に外せています。

毛はアンダーコートも再生してボリュームが出て、毛の質も柔らかくなったように見えます。

今回、腸内環境を整える為と(スキンケアECプラス)、心因性へのアプローチに(パーソナルケアPⅡプラス)サプリメントも使っています。

 

 

このように中々治らない、原因が分からない、など、わんちゃんの皮膚の事でお悩みの方はぜひ当院までご相談下さい。

尚、関東にお住いの方は東京サテライトで初診を診させて頂き、再診をオンライン診療で行う継続治療を受けることもできます。

疾患によっては適応外になることもありますが、ご希望の方はご相談ください。

詳しくは東京サテライトのご案内をご覧ください。

 

 

【症例報告制作者】 看護師 森

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop