皮膚科ブログ

  • HOME
  • 皮膚科ブログ

【柴犬の皮膚病専門診療】アポキルの効かない痒み

2021.07.23

こんにちは、柴犬の皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

 

今回は、柴犬の皮膚病の症例です。

 

【症例】

柴犬 5歳 男の子

 

【経過】

〇アポキルが効かない。

〇1歳前から皮膚が弱い。

〇~3歳に顔(目・耳・口)・頸・脇・四肢・内股に痒みが出る。

 

 

それでは初診時の状態を見ていきましょう。

 

まず最初に身体全体です。

 

こちらは肩の部分の拡大です。

 

続いて頚部です。

 

最後に腹部です。

 

初診時から、約半年後の状態と見比べていきましょう。

 

 

 

 

 

初診時よりも、格段に毛量が増しピンクの皮膚が見える範囲が減っています。調子はどんどんよくなり、皮膚の赤みも落ち着いてきました。

そして、診療前は行けなかった散歩が行けるようになるまで回復しました。

また、以前は朝は飼主様が起こしていたのに、自分から朝早くから起きるようになり「自分の犬じゃないみたい」と、飼主様は驚いていました。

 

今回の症例の子は、アポキルが効かず、鼻・下顎を床にこすり付け、満足するまでやったら落ち着くということがあったそうです。

柴犬は純粋な痒みのほかに、「その部分が気になる(心因性掻痒症)」から掻く・噛むという行動をすることがあります。

「痒い」と「気になる」を見分け、症状に合わせた治療を施すことが不可欠になります。

 

当院では、アトピー・アレルギーと心因性とを区別し、その子にとって最も最適な治療法を日々考え、模索しています。

 

【症例報告制作者】看護師 山崎

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop