アポキルが効かない

  • HOME
  • アポキルが効かない

【フレブルの皮膚病治療】アポキルが効かない

2017.10.01

フレンチブルドッグの膿皮症・アトピー性皮膚炎などの皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

今回紹介する症例は「かなり難治性だった」わんちゃんです。

あくまで「だった」であって、当院での治療が難しかったわけではありません。

【症例】

 フレンチブルドッグ 4歳 男の子(去勢済み)

【経過】

 〇生後10ヶ月のころから身体に湿疹ができはじめる

 〇以降今日までの3年間、身体から湿疹が消えたことはない

 〇季節性はない

 〇アトピー検査、食物アレルギー検査を1歳前、3歳前の2回実施済み

 〇細菌感受性試験も2回実施済み

 〇1年前からアポキルを服用、現在毎日服用しているが、この数ヶ月顔の痒みがひどくなった

 〇アレルギー治療、食事療法を続けたが改善せず

それでは初診時の状態です。

初診時に考えられる診断名・原因・治療方針をお伝えしたところ、飼主さまから1つお願いごとをされました。

「あとから『この〇〇〇(薬・サプリ・シャンプーなど)の方がもっとよくておすすめ』と後出しするのはなしでお願いします。」

ということでした。

過去の経験からのリクエストということで、心中もわからなくもありませんが、一般的にはかなりハードルの高い条件です。

とはいえ普段の口癖が「初診時の診極め」ですので、そこは同じ土俵に上がらなければいけません。

とりあえず「絶対ではないですが、まずこれ(初診時の提案)でよくなると思います」とお伝えして治療スタートしました。

それでは7週間後の状態と比較しましょう。

顔の湿疹は消失し、痒みもほとんどなくなりました。

四肢端の赤み・腫れもきれいに改善し、舐め癖もほとんどなくなりました。

写真ではありませんが、身体(胴体)にあった湿疹もきれいになくなりました。

治療成績上はパーフェクトに近いと思います。

※写真は7週間後の比較ですが、痒みの改善は4週間でほぼ達成できています。

そして飼主さまからのリクエストである「治療の後だし」はありませんでした。

初診時の治療方針で飼主さまの満足できるところまで改善させることができたのでよかったと思います。

さて、簡単なまとめです。

アレルギー治療、食事療法で3年間治らない、アポキルを毎日服用していても治らない・・・・・・中々難治性だったようですが、当院の治療方針でこのタイプであれば1~2ヶ月でだいたい改善できます。

おそらくではありますが、治療結果がでない理由は 「アレルギー」と「食事療法」の考え方だと思います。

当院ではこういった皮膚病に対して「アレルギー」と説明することはほとんどありません。

また食事療法についても「アレルギー検査をし、アレルゲン回避の療法食以外食べてはだめ」という指示もほぼしません。

そもそもアレルギー対策やアレルギー食事管理で治る皮膚病は稀ですので、わざわざ稀なところからアプローチすると多くが治らない結果になるのは明白です。

フレンチブルドッグの難治性の多くは今回紹介したような症例のタイプに近いのですが、アレルギーと診断することと、アレルギー食事管理をすることで失敗していることが大半です。

もし同じような症状で慢性的にお困りの方は当院を受診してください。

今回の症例でも使用しましたが、当院のスキンケア&サプリメントが非常に効果的だと思います。

特に四肢の腫れ・炎症をひかせるのに、ヒーリングケアLFプラスが有効だったと思います。

おもしろいはアポキルで改善しないのにサプリメントで改善するところでしょうか。

アポキルの効果が無いわけではないのですが、アポキルの足りないところをサプリメントが補完して相乗効果を生んだという認識がより適切かと考えています。

と、色々かいてみましたが、最大のポイントは「診極め」で、外すことなく「初診時に改善までの軌跡を描けること」かと思います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop