膿皮症・湿疹の治療

  • HOME
  • 膿皮症・湿疹の治療

【犬の皮膚科専門外来】シェルティの慢性皮膚炎の治療

2014.01.11

2014年 謹賀新年

それでは、今年最初の症例報告です。

前回紹介したシェルティと同じ犬種ですが、同じ時期に来院された別のシェルティの慢性皮膚炎の治療症例を紹介します。

【症例】

7歳 シェルティ 女の子

【病歴】

 〇3歳のころから背中に痒みと痂皮・脱毛を伴う皮膚病で治療を継続している
 〇初回は抗生物質、抗ヒスタミン剤、ステロイド、抗真菌剤で治癒したが、2年前からは少しずつ悪化して今に至る
 〇最近は痒みが強く、よく眠れない

それでは症例をみてみましょう。

病変はまず左右の口唇の脱毛と痒みから。

若干わかりにくいかもしれませんが、口唇周囲に炎症・脱毛が認められます。

続いて背中全体です。

本来であれば立派な被毛で地肌が見えることはないのですが、脱毛が多く地肌が見えています。

この背中を拡大してみてみましょう。

では、続いて腹部です。

この腹部を拡大してみてみましょう。

続いて、四肢端の病変ですが、四肢すべてに同様の病変が認められたため、右前肢のみ掲載します。

それではこの指間を広げてみてみましょう。

※クリックするこどで拡大できます。

その他、両耳の外耳炎も併発しており、ほぼ全身に強い皮膚炎、痒みが認められました。

それでは、この状態から2カ月半後と比較してみましょう。

まずは右口唇から。

※クリックすると大きくなります。

ほぼ100%に近い毛並みまで回復したと思われます。

では拡大してみていきましょう。

※クリックすると拡大できます。

同じく背中の拡大です。

被毛をかき分けても綺麗で密な被毛が十分に回復してきました。

続いて、腹部です。

※クリックすると拡大してみることができます。

上記で拡大した病変部と同じ部位を比較してみましょう。


※クリックすると拡大して見ることができます。


※クリックすると拡大してみることができます。

最期に、右前肢端です。

同じく指の間をみてみましょう。

意外と治療が難しいのがこの指の間の皮膚炎かもしれませんね。

全身でもほぼ痒みがなく、そして元気にもなりました。

今回の症例の治療で大事なことは、この病変をみて病気のメカニズムを2つ考えなければいけないことです。

すべての病変部が同じ治療で改善するわけではありません。

そのことを初回にお伝えし、順に治療をステップアップしていくことで、スムーズな診療を行うことができます。

四季の森どうぶつクリニック
平川将人

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop