アポキルが効かない

  • HOME
  • アポキルが効かない

アポキル&シャンプーで改善しないシーズーの皮膚病

2018.02.03

シーズーのアトピー・アレルギー・脂漏・マラセチアといった痒い皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

シーズーの皮膚病治療で重要な要素の1つはスキンケアであり、当院では昔からシーズーのスキンケアに力を入れていますが、スキンケアで何でも治ると思っているわけではありません。

また最近ではアポキルという非常にいいお薬がでて治療成績を向上させていますが、アポキルがどんな痒みも抑えることができるわけではありません。

今回紹介するのはそんな「スキンケアやアポキルでも抑えきれない痒み」についての症例報告です。

【症例】

 シーズー 2歳9カ月 男の子(去勢済)

【経過】

 〇1歳になる前からの痒みを伴う皮膚病

 〇9カ月前からアポキルを服用継続しているが、明らかな改善が認められない

 〇食事療法として複数試しているがよくならない

 〇当院で3件目の動物病院

それでは初診時の状態です。

まずは正面から。

続いて、右耳。

続いて、左耳と拡大。

続いて、頚部とその拡大。

続いて、右前腕と脇部分の拡大。

続いて、左腕とその拡大。

続いて、胸部と左右の脇の拡大です。

続いて、腹部とその拡大です。

同じく右内股、膝のやや上あたりの拡大です。

続いて、左膝の拡大です。

続いて、右膝~右すねの拡大です。

最後に四肢端として、右前肢の指の間と足裏をみてみましょう。

こういった症例の場合、院内薬浴が非常に奏功するためカットさせていただきました。

以上が初診時の状態の紹介です。

それでは初診時の薬浴の次の診察(わずか12日後)の状態をみてみましょう。

皮膚の発赤がほぼ消失、もちろん痒み・臭い・フケ・べたつきもほとんどありません。

アポキルを服用する、抗真菌剤を服用する、こまめにシャンプーする、食事療法をする・・・・どれも間違っていませんし、特に問題となる治療プランではありません。

ここで重要なのは「パズルのピース」です。

もう一つピースを足せばうまくいくのです。

そのピースの不足に気づくことが重要ですね。

参考までにこまめにシャンプーすることが悪いわけではないのですが、上記の12日間は一度もシャンプーしていません。

そして治療後の改善写真も「薬浴前」の状態ですので、こまめにシャンプーしなくてもここまで改善します。

よくシーズーの脂漏・マラセチアでは「こまめにシャンプー」と言われていますが、シャンプーで治る皮膚病と治らない皮膚病があり、今回の症例では「シャンプーの回数が問題ではない」ということです。

スキンケアに力を入れてこだわりにこだわった自分が言うのもおかしな話ですが、個人的には「シーズーの脂漏・マラセチアにスキンケアは必須だけれども、シャンプーでは治らない」が行き着いた答えです。

シーズーの皮膚病でお困りの方は当院の治療&薬浴をぜひ受けてみてください。

典型的であればあるほど劇的に改善が見込めます。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop