スキンケアECプラス

  • HOME
  • スキンケアECプラス

シーズーの脂漏・マラセチア・アトピーそして「心因性」皮膚病治療

2018.01.24

シーズーの痒みを伴うアトピー・アレルギー・脂漏症・マラセチアによる皮膚病治療に力をいれている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

シーズーの皮膚病はシンプルなようで非常に奥が深いです。

キーワードとして、「アレルギー」「アトピー」「マラセチア性皮膚炎」「脂漏症」「シャンプー」「スキンケア」「アポキル」「ステロイド」・・・色々とありますが、意外と知られていない原因があります。

「心因性掻痒症」

知られていないというより、「触れられていない」という方が正しいかもしれませんね。

顕微鏡でもみえない、血液検査でもみえない、画像診断でもみえない、飼主さまからの主訴にもない、証拠もない・・・これほど「無視」されている病気もめずらしいです。

今日はそんなシーズーの典型の1つ、脂漏とマラセチアと心因性の組み合わせのわんちゃんの症例報告です。

【症例】

 シーズー

【経過】

 〇

すでに当院の治療を受けて半年以上経過するのである程度改善している状況です。

どうしても「腕」と「わき」と「内股」の赤み・皮膚炎、脂漏、舐める(痒み)がのこるため心因性を疑いました。

心因性に対するアプローチを行う前の皮膚の状態を紹介します。

まず右腕。

その拡大。

続いて、左腕。

同じくその拡大。

同じく左腕の脇に近い肘内側の拡大。

続いて、腹部。

腹部の臍部分の拡大。

毛をカットした内股の拡大。

心因性のアプローチを行った4週間後の写真と比較してみましょう。

※部分的に2週間後の写真を使っています。

痒みゼロとまではいきませんが、劇的に改善しました。

皮膚炎もほぼなくなり、強い脂漏もほとんどなくなりました。

もちろん舐めるのも劇的に少なくなっています。

皮膚病の原因が常に1つということはあまりありません。

基本は複数の原因が複雑に関係して難治性になっています。

その中で心因性というのは最後の最後に残るものかな?と思っています。

心因性以外の診断・治療が適切に行われている状況で、心因性による痒みだけを残した状況で適切なアプローチをすると劇的に改善する可能性が高いです。

投薬治療も併用しましたが、当院のヒーリングケアLFプラスも併用しています。

このわんちゃんではアトピー対策としてアポキルとスキンケアECプラスが、心因性には抗不安薬とLFプラスの相性が非常にいいですね。

このヒーリングケアLFプラスもまもなく新しい商品に切り替わります。

当院のスキンケア&サプリメントはオンラインショップでお買い求めいただけます。

適切な診断・治療のもとご利用いただければきっとお役に立てると思います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop