スキンケアECプラス

  • HOME
  • スキンケアECプラス

犬の膿皮症を再発させない方法

2018.01.22

犬の皮膚病のみを行う皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

今回はペキニーズの症例です。

【症例】

 ペキニーズ  女の子(避妊未) 6歳8ヵ月

【経過】

 〇約1歳頃からずっと(良くなったり悪くなったり繰り返し) 

 〇全身の痒み

それでは初診時の状態をみてみましょう。

頚部

胸部とその拡大

背中とその拡大

わかりにくいため、毛をカットしたあとの状態もみてみましょう。

それでは初診時から約2か月後の状態と比較してみましょう。

毛刈り前との比較写真、毛刈り後との比較写真の両方を使います。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

痒みはほとんどなく、湿疹・フケもありません。

いつも紹介している症例に比べると重症度が軽めですが、飼主さまは「はじめてよくなった」と評価していただけました。

なお、今回の症例の診断名は細菌による膿皮症です。

そのため抗生物質が必要になるのですが、問題は抗生物質をやめた後に再発させないことです。

今回は抗生物質をやめて約1か月後の状態で撮影しています。

抗生物質をやめても再発していないのがポイントですが、今回の治療で「再発防止」に役に立ったのはサプリメント「スキンケアECプラス」です。

抗生物質は膿皮症を治しますが、膿皮症の原因を治すことはできません。

このスキンケアECプラスは膿皮症の原因にアプローチしていますので、抗生物質をやめたあとの再発防止に役立ちます。

今回の症例ではスキンケア&サプリメントが非常に役に立つタイプです。

当院のオンラインショップでお買い求めいただけます。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop