スキンケアECプラス

  • HOME
  • スキンケアECプラス

【皮膚科専門病院】シーズーの脂漏&マラセチアの治療

2017.01.15

シーズーの脂漏性マラセチア性皮膚炎の治療に力をいれている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

過去数年にわたってシーズーの治療症例を報告していますが、必ず重要といっているのがスキンケアですよね。

だた・・・皮膚病の治療にスキンケアと書くと響きはいいのですが、皮膚病の基本がスキンケアにあるとは思っていません。

大事なんですが、「大事なものは一つではない。」ですのでスキンケアという言葉にあまりこだわっていては本当の意味のいい治療はできないとすら思っています。

ただ、それでもスキンケアがかなり重要になっている皮膚病があります。

それがシーズーに非常に多く認められ、典型的な難治性皮膚炎になるこの脂漏性マラセチア性皮膚炎です。

【症例】

 シーズー  3歳1ヵ月  男の子(未去勢)

【症歴】

 〇2才のころから発症して、1年間改善なし

 〇かかりつけ動物病院で改善なく、当院を受診

それでは初診時の状態です。

まずは顔正面から。

続いて、下顎~頚部。

続いて、わき~肘の内側です。

続いて、腹部全体。

続いて、右後ろ足のスネ~カカト~甲の部分です。

続いて、左後肢の膝の内側です。

初診時から約半年後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

※脱毛疾患ではないので極端な変化ではにようにみえるかもしれませんが、脂漏がなくなっているため、被毛がサラサラになっているところをみてください。

痒み、臭い、フケ、べたつき、すべてでほぼ綺麗に改善しました。

今回のような脂漏性のわんちゃんでは被毛が長くなると悪化しやすいのですが、治療後ではこれだけ長い被毛の状態でも皮膚コンディションがいい状態でキープできていることがポイントです。

また、シャンプーして数日後にはフケと臭いが・・・というのがよくある状況ですが、シャンプーして1~2週間経過してもフケ・臭いなどもほぼありません。

ここで最初にお話したスキンケアについて再度お話しようと思います。

これだけの皮膚病をスキンケアだけで臨むのはかなり無理があります。

個人的には「スキンケアだけでやってみましょう」なんて言った事もありませんし、思ったことすらありません。

適切な医療を併用してこそのスキンケアであり、スキンケアがあってこその投薬治療の効果がでてきます。

要するに「相乗効果があってこその治療成績」です。

今回の症例では「あまりお薬に頼らないようにしましょう」とかではなく、そこそこの投薬治療をしていますが、「お薬は使いこなしてこそ」と考えています。

もちろんスキンケアとサプリメントは基本中の基本です。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop