脂漏症

【フレブルの皮膚病】アトピー&脂漏でもここまで改善する

2017.01.14

フレンチブルドッグに多いアレルギー・アトピー性皮膚炎、膿皮症、脂漏症などの皮膚病治療に力をいれている動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

名古屋も雪で真っ白!寒いですね♪

明日のスキー場は深いパウダースノーで楽しそうです(笑)

それでは、今日はフレンチブルドッグの典型的な皮膚病の1つ、アトピー性・脂漏性皮膚炎の治療症例です。

【症例】

 フレンチブルドッグ  7歳  女の子(未避妊)

【症歴】

 〇生後6ヶ月からの発症

 〇季節性があり、夏に最も悪化する

それでは初診時の状態です。

まずは顔正面。

続いて、頚部。

続いて、右前腕です。

同じく右前肢端です。

同じく右前肢端の内側(親指周囲)です。

続いて、左前腕です。

続いて、胸部です。

続いて、仰向けの胸~腹部です。

続いて、左後肢の甲~足首あたりです。

フレンチブルドッグの皮膚病の中でもかなりの重度で、慢性化している状態です。

治療2~3ヶ月で劇的に改善し、今でも月1回継続治療をつづけられています。

もう2年以上経過しているのですが、2年継続して治療をつづけるとどこまでよくなるか?

初診時と継続治療した約2年後の状態と比較してみましょう。

※画像をクリックすると大きくすることができます。

非常に綺麗になっています。

治療のスタートラインが非常に重度かつ慢性だったため、部分的に被毛の再生が不十分ですが、かなりの改善といえるでしょう。

症状の改善に2年かかったわけではなく、痒みや赤み、べたつきなどの症状は2~3ヶ月で随分とよくなっていました。

大事なことは、主な症状が改善した後も欠かさすことなく治療し続けたことで、皮膚コンディション・毛並みがここまで改善したということです。

主な症状である痒み・べたつきなどの症状が改善した治療2~3ヶ月で治療をやめていたら、すぐに最初の状態まで再発していたでしょう。

こういった皮膚疾患には投薬治療も重要ですが、スキンケアやサプリメントも非常に重要になっています。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop