スキンケアECプラス

  • HOME
  • スキンケアECプラス

時には診極めの甘さも2~診・誤る~

2015.10.10

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

深まる秋の夜長に虫の音を聞きながら・・・・・といえばお洒落なはじまりですが、最近寒いので窓をしめているためあまり聞こえません(笑)

それでは先日のブログ、時には診極めの甘さも~診・誤る~の続きです。

まずは初診時の状態です。

タイトルにも「診極めの甘さ」と書きましたが、わずか1ヶ月でここまで改善しました。

※画像をクリックすると大きくすることができます。

顔の痒みのコントロール、数年ぶりの顔の被毛の再生、四肢端の痒みコントロール、胸部皮膚炎の改善・・・

こうみるといつも通り初診時の判断に大きなミスはなかったようにみえなくもありませんが、問題はここからです。

初診から2ヵ月を越えたころから背中の痒みと脱毛が・・・

これは自然と毛がぬけているのではなく、痒みで噛んだり掻いたりすることで毛並みが悪くなっています。

胸の拡大です。

続いて、右大腿部の尾側と、その拡大です。

ニキビのように膿をもった湿疹がみとめられます。

確かに初診時にはなかったので、一概に初診時の判断が間違っていたとまでは思わないのですが、なにせここから苦戦しました。

初診時に3ヶ月時点で苦戦していることなんて想定していなかったため、そういった意味で「想定外」でした。

このように一見改善したようで、あとから苦戦するようなことは稀なのですが、皮膚病が常に1つの原因、病態からきているとはかぎりませんので、こういうときは「一から再スタート」です。

具体的には「過去の自己否定」、初診時に自分が下した診断すら自ら否定して捨て去ることが必要です。

それができなければ過去にとらわれたまま前にすすめません。

次回も続きます。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop