膿皮症・湿疹の治療

  • HOME
  • 膿皮症・湿疹の治療

初診時の診極めⅡ 原因と治療は別次元

2015.09.07

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

最近は雨が続いていますね。

今日は先週に紹介したポメラニアンの症例の続きです。

8月31日の初診時の状態を当日紹介し「何をすべきか」とお話したので、今日2回目の再診時の状況を紹介します。

【症例】

 ポメラニアン 1歳半 男の子

【病歴】

 〇2ヶ月前から痒みを伴う皮膚病
 〇抗生物質、ステロイド(0.5mg/kg)を継続するも改善せず
 〇食事療法(アミノペプチド)継続中

まずは初診時の状態です。

痒みの強い頚部の状態です。

わかりにくいため、毛をかきわけてみましょう。

こういったときはしっかりと病変部を確認するため、そして治療のためにも毛をカットした方がいいです。

頚部のやや右側の拡大です。

続いて、右上腕~方にかけての拡大。

頚部の左側の拡大です。

続いて、頚部を右側から。

上の写真の拡大です。

続いて、左後ろ足の内側(膝の内側)。

上の写真の拡大です。

前回の記事でこう記しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日最優先で行うべき治療法は?

そして今後予測される治療方針は?

すべて初診時に判定可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこから1週間後の今日を比較してみましょう。

写真をクリックを拡大してみることができます。

初診時に行った検査は2回目の本日お伝えしました。

きれいに改善させてから原因を伝えるというなんとも不思議な流れですが、当院ではめずらしくありません。

よく「検査してみないと原因わからないですよね?」と飼主さまからいわれますが、今回のように「原因が特定されていなくても治療法はわかる」ということは珍しくありません。

むしろ初診時に治療法がわからなければ、検査してもわからないとすら思います。

初診時には「原因を追究する」とともに、「治療法を導くこと」がとても重要です。

当院の初診を受けられる方には今回同様に、初診時に「必要な治療はこうでしょう!」とお伝えするようにしています。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop