院長平川の天真爛漫ブログ

  • HOME
  • 院長平川の天真爛漫ブログ

この獣医にしてこの建物あり

2014.06.24

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック院長平川です。

前回の記事で「新しい病院に看板はございません」というお話をしましたが、この「病院なのに、外に看板がない」ことへのリアクションが人それぞれ違うことが非常に興味深かったのでブログで書いてみることにしました。

移転して約10日ですが、多く聞かれたのが・・・

 ●病院の前の道を2~3回通り過ぎてしまった
 ●病院とわからなくて、入っていいのか悩んだ
 ●レストランにみえて入れなかったけど、ちょうどわんちゃんが出てきたので入れました。
 ●入り口の前で病院に確認の電話をして入りました

移転の数ヶ月前から受付で周知してきたつもりだったので、何の問題もないかと勝手に考えていたのですが、予想以上に見た目の印象が与える影響は大きいということが再認識できました。

見た目が重要といえば・・・ですが、メラビアンの法則という言葉をご存知でしょうか?

僕も従業員向けの院内セミナーで何度か紹介したことがあるのですが、アメリカの心理学者が提唱した概念で「人は第一印象を3~5秒で判断し、そのほとんどを視覚情報から得る」という内容です。

ですが、小さいころから大人たちには「人を見た目で判断しちゃだめ」ということも教えられてきましたが、実際はどうでしょうか?

人それぞれ色々な価値観があるとは思いますが、僕個人としては「人の判断基準は見た目から」と思っています。

では、当院が5年の歳月をかけてたどり着いたこの新病院は・・・どんな印象を伝えられているのか?

みなさまからのご意見を参考に、客観的に判断すると・・・

1.建物に看板は一切ない

 ⇒家ではなさそうだけど・・・一目見て動物病院とわかる・・・・・・いや、一人もいないと思います。

2.入り口

 

⇒確かに入りやすい雰囲気は少ないかも・・・

3.動物病院なのに電話番号も診察時間も休みも書いていない

⇒初めての人や、通りがかりの人には不親切かも・・・

・・・・・・・・・・・・何か心にひっかかる・・・・・・

あっ!!

僕にそっくり!?

今までも色々な人に言われてきましたが、「絶対普通の仕事についてないのはわかるけど、何やってる人かわからない」・・・新病院の第一印象と似たようなものでしょうか。

また、麻衣子先生には「とっつきにくそうなんだから、もっと笑顔で!!」と指摘されます。

個人的には笑顔を心がけているのですが、麻衣子先生には「顔がひきつっている」といわれます・・・・すいませんm(_ _)m

そして「親切」について、親切も大事な要素かと思いますが、僕個人は親切を心がける前に「自分らしく」を最優先にしています。

『この親にしてこの子あり』という言葉もありますが、この獣医にしてこの建物あり・・・・・・・・やはり「見た目で判断する」というのは正しいのかもしれませんね(苦笑)

ブログランキングに参加しています♪
応援していただける方は下のボタンを押してください♪

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop