院長平川の天真爛漫ブログ

  • HOME
  • 院長平川の天真爛漫ブログ

【運動会に学ぶモテ学】24年ぶりのトラック競技

2019.10.06

こんにちは、獣医師の平川です。

今日は日曜日、娘①の初「運動会」でした。

当日まで知らなかったのですが、「親子参加競技」があるということで24年ぶりの運動会に参加してきました!

競技は親(基本父親)&子供の組み合わせてで行うリレー競技です。

・バトンの代わりに「小さなカゴ」をもって走る

・前半は親子で手をつないで走る

・トラック3分の1地点で好きな果物カードをカゴに入れる

・残りトラック3分の2は親がおんぶして走る

・果物カードをボードに張り付ける

という競技です。

今年の目標は「夢中になる」ですし、負けず嫌いなのでもちろん全力!です。

もちろん結果は1番!(リレーなので全員のおかげですが!)

中々いい想い出になりました。

 

そんな娘①の初運動会でしたが、麻衣子先生と非常に楽しみにしていたのが「男の子のリレー」です。

  ※男の子のリレーに注目する理由はこちら

   2019年4月21日 【教育機関に学ぶ男女の生き方】かわいさ&強さ

この年齢の男の子の成長にはかなり差が大きいと思いますが、中にはそのたぐいまれな運動神経が開花しつつあり「キラリ」と光る子がでるのではないかと期待していました。

そこで迎えた運動会最後の競技、「年長さん、男の子のリレー(紅組VS白組)」です。

前半に特別早い子はいなかったのですが、中盤過ぎに紅組に差をつけられて負けているときにあらわれた白組の男の子、バトンを受け取ると断トツの速さで先を走っていた赤組の男の子に追い付きます。

カーブの外側という不利な条件でしたが、なにせ断トツの速さなのであっという間に抜き去りました。

今日運動会の中で会場が一番盛り上がった瞬間です。

きっとあの男の子はこの先10年は運動会のエースとして輝き、長いモテ期がくるはずです(笑)

いいなぁ・・ほんとうらやましい

子供時代の男の子のモテの基本は「足が速い」と思っていますからね。

僕も子供時代に足が速ければもっと違った人生が・・・

 

え?今日の僕ですか?

麻衣子先生からは、

「おんぶしてからが速かったよ!まだ若いパパにも負けないね(笑)」

と一応合格の評価をいただけました♪

ところで父親が運動会で走る機会って子供が何歳くらいまであるんでしょうね?

とりあえず2年後、またこのトラック競技で走ることになるはずなので、2年後までは衰えないようにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop