膿皮症・湿疹

  • HOME
  • 膿皮症・湿疹

【フレンチブルドッグの皮膚病】膿皮症と隠れた基礎疾患

2021.02.24

こんにちは、東京のサテライトクリニックを開設し、

遠隔での治療にも力を入れている四季の森どうぶつクリニックです。

今回はそんな東京のサテライトクリニックでの診察後、

オンラインの診療のみで大きな改善をしたフレンチブルドッグの症例をご紹介します。

【症例】

フレンチブルドッグ×ペキニーズ

男の子 去勢済み 2歳

【経過】

2か月前から痒み、湿疹が出始めた

掻く、手足をなめる

 

それでは初診時の状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療後との比較を見てみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます

 

 

この症例は一見膿皮症に見えるのですが、抗生物質の投与だけでは改善しません。

それは隠れた基礎疾患があるからです。

その基礎疾患とは、初診時の写真を見てわかるように「毛並みの異常」です。

アンダーコートがなく、全体的に毛が薄くなっています。

フレンチブルドッグでは毛の長さがないので見落とされがちですが、

アンダーコートがないのは大きな異常です。

その「毛並みの異常」が治療されないままに膿皮症の治療をするから改善しないのです。

なのでこの症例も抗生物質を投与せずに「毛並みの治療」をすることで膿皮症が改善しました。

今回の症例のポイントは、胸や首や腹部の毛並みがしっかり改善されていることです。

フレンチブルドッグの子でなかなか膿皮症が改善しないという場合は、

この症例のように基礎疾患が隠れているのかもしれません。

当院ではそういった別の要因からの治療も行っていますので、

皮膚病がなかなか改善せずに悩んでいる方はぜひ当院までご相談ください。

 

また関東地方にお住まいの方や、愛知県のクリニックの受診が難しい方には

東京のサテライトクリニックをお勧めします。

このサテライトクリニックでは、初診時のみ直接会って診察をします。

その後はZOOMやメール等を使用してオンラインで診察をし、

お支払いの確認後、ご自宅にお薬を郵送でお届けするといった流れになります。

東京のサテライトクリニックでの診察をご希望の方は、

必ず注意事項をお読みいただいた上でこちらのフォームよりお申し込みください。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop