アトピー・アレルギー

  • HOME
  • アトピー・アレルギー

【柴犬の皮膚病治療】少し変わった体質

2017.01.13

犬の皮膚病治療を専門に行う動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

今回は柴犬の痒みを伴う皮膚病の症例報告ですが、典型的ではなく少し変化のあるタイプの難治性皮膚炎の治療症例です。

【症例】

 柴犬  3歳  男の子(去勢済み)

【症歴】

 〇かかりつけ動物病院で、抗生物質・抗ヒスタミン剤・ステロイドを併用するも改善なく当院受診

それでは初診時の状態です。

続いて、右前腕です。

続いて、左前腕です。

同じく左前腕の外側です。

写真を撮影するのを忘れていたため、10ヵ月後とやや比較時間があいていますが、治療後の状態と比較してみましょう。

※クリックすると写真を大きくすることができます。

柴犬の典型的な皮膚病に見えなくもないのですが、少しだけ違うタイプです。

柴犬ならこう!というアプローチもあるのですが、今回のような少し異なるタイプのわんちゃんにはその子に合わせた治療プランが必要です。

今回の柴犬には、他の柴犬では通常行わないあることを併用しています。

飼主さまにもその効果を実感していただいているので、2年近く経過した今でもこの「他の柴犬ではほとんどやらない治療」を継続しています。

こういったわずかな体質の差は検査や数値ではあらわせないため、わんちゃんの体質に合った治療方針を組み合わせるにはいかに皮膚を正確に把握できるか、だと思います。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop