膿皮症・湿疹

  • HOME
  • 膿皮症・湿疹

【皮膚科専門外来】フレンチブルドッグの皮膚病治療

2014.02.01

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック獣医師平川です。

さて、今日はフレンチブルドッグの難治性皮膚疾患についてです。
「痒みが強く、なかなか治らない」と当院の皮膚科診療を受診される中でも多くを占めるのがこのフレンチブルドッグですが、今回紹介する症例はそんなフレンチブルドッグの難治性になり易い典型的な皮膚疾患の1つです。

【症例】

 フレンチブルドッグ 3歳10カ月 女の子

【過去の病歴】

 〇生後1歳前からお腹の湿疹の再発を繰り返す
 〇2歳ごろまでは、抗生物質と痒み止めの2種類で改善していた
 〇但し、内服をやめるとすぐに再発する
 〇この1年は赤い湿疹だけでなく、皮膚がめくれるような脱毛が全身に広がる
 〇痒みは非常に強い(頚部、ワキ、腕、お腹~お尻、顔、耳、四肢端)
  ※痒みがないところはない

さて、初診時の状態です。

まずは顔正面から。

つづいて、右の顔の拡大です。

これでは皮膚病のようにみえないかもしれませんが、非常に痒い部位の一つです。
細かい白いフケがあり、べたつきが認められます。

続いて、左耳です。

続いて、左半身です。


※画像をクリックすると拡大できます。

病変を分かり易くみるため、斜め後ろからみてみましょう。

斜め後ろからみると、病変の数が多いことがわかりやすくなると思います。

その一つを拡大してみましょう。

同じように右半身をみてみましょう。


※画像をクリックすると拡大できます。

続いて、四肢端ですが四肢に同じ病変が認められるため1つだけみてみましょう。

この指の間をそれぞれ拡大してみましょう。


※画像をクリックすると拡大できます。

続いて、足の裏です。

続いて、胸部(腹側)です。

続いて腹部です。

同じく、腹部の病変部がある拡大です。

左内股の拡大です。

最後に、左内股の拡大です。

これが難治性皮膚疾患のフレンチブルドッグの典型の1つです。

さて、ここから治療後の状態と比較してみましょう。


※画像をクリックすると拡大できます。

赤みが少ないのでわかりにくいかもしれませんが、毛並みが綺麗になっていることが皮膚コンディションが改善している証拠です。

続いて、左耳です。


※画像をクリックすると拡大できます。

続いて、左右から状態です。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。

続いて、四肢端の比較です。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。

続いて、胸~腹部~内股です。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。


※画像をクリックすると拡大できます。

この比較写真に要した治療機関はわずか6週間です。

ただ完治ではなく、今でも継続治療を行っています。

大事なことはフレンチブルドッグを知ることです。

教科書的に診断名を当てはめて、治療を選択しても治らないこともめずらしくありません。

それは「木を見て森を見ず」と同じことで、本質的なところの評価が不十分といえます。

やはりフレンチブルドッグには他犬種にはない独特の体質があるため、それにあった病変の診方、治療選択肢があります。

フレンチブルドッグの体質をよく知る

これに尽きます。

 

四季の森どうぶつクリニック
獣医師 平川将人

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop