エリザベスカラーを外したい

  • HOME
  • エリザベスカラーを外したい

フレンチブルドッグの典型的な虫食い湿疹&手舐め&痒い

2018.05.10

フレンチブルドッグのアトピーやアレルギー、舐め癖など痒みを伴う皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

今回は当院で最も受診が多いフレンチブルドッグのわんちゃんです。

【症例】

 フレンチブルドッグ 1歳4ヶ月 女の子(避妊手術未)

【経過】

 〇生後7ヶ月のころから痒み

 〇痒みの部位は身体の側面をかく、四肢端をなめる&噛む、顔をこする

 〇食事を変えても、手作り食でも特に改善しない

 〇今が最も悪い

それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは顔の正面と、側面からです。

続いて、頚部です。

続いて、右前腕です。

続いて、左前腕です。

続いて、わきです。

続いて、内股です。

最後に、身体の側面の湿疹です。

上の写真は左側面で、斜め後ろからみると小さな穴があいたような脱毛があります。

こういった部位を拡大してみると、

このように、赤い湿疹があります。

それでは初診時から4週間後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

最もしつこかった手をなめる癖すらほとんどなくなりました。

舐め癖がひどかったため、エリザベスカラーをつけていたそうですが、これも完全になくすことができました。

初診時からわずか4週間ですが、軌道修正は細菌培養感受性結果が返ってきて抗生物質を変更した1回だけです。

あとは初回の想定どおりの治療方法で改善できました。

このタイプは

【膿皮症】 培養感受性テスト、スキンケア、スキンケアECプラス(サプリメント)

【アトピー】 アポキル、スキンケア

【心因性】 ヒーリングケアLFプラス、向精神薬

といったアプローチで十分よくなります。

アレルギーではないため、アレルギー対策の食事療法はうまくいかない原因になりますので、辞めたほうがいいです。

まだ若く軽度ではありましたが、この体質のわんちゃんであれば当院のスキンケア&ECプラス&LFプラスで改善できるでしょう。

当院がフレンチブルドッグの皮膚疾患のために開発したスキンケア&サプリメントは以下のオンラインショップからお買い求めいただけます。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop