スキンケアECプラス

  • HOME
  • スキンケアECプラス

【フレンチブルドッグの皮膚病治療】体質改善の実際

2017.10.31

フレンチブルドッグの皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

日中は陽の暖かさを感じ、夜はひんやりと・・・随分と秋が深まってきましたね。

先日は東京であん動物病院の大石先生と皮膚科診療を開催しました。

11月7日(火)は静岡市のあん動物病院で診療サポートを行います。

静岡市近隣で通院できる方はあん動物病院の大石先生までご相談ください。

今日紹介する症例は、フレンチブルドッグの皮膚病重症例の気になるその後についてです。

以前にも紹介したことがあり、そのときのブログが平成29年2月6日です。

  【フレンチブルドッグの皮膚病治療】全身の重症症例

治療9週の時点で随分と改善したので、途中経過として掲載しました。

そしてブログの最後はこう締め括りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あとは「もっとよくなる」、そして「再発させない」が重要です。

もう一度フワフワ&サラサラの被毛に回復させ、お薬がなくても再発もない状態へ導きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、初診の状態からみてみましょう。

まずは顔、エリザベスカラーを装着しています。

つづいて、頚部。

続いて、頚部左側~左の腕にかけて。

続いて、左前肢。

同じく左前肢の先端です。

続いて、右前肢。

続いて、胸部。

続いて、腹部。

続いて、身体左側です。

同じく左側、前肢。

同じく左側から、後肢。

この初診から約1年後の現在です。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

「もっとよくする」、「再発させない」とは書くのは簡単ですが、相当苦労しました。

現在は抗生物質も服用することなくいい状態を維持できるようになってきました。

もちろん絶対抗生物質をつかうことはない、とまではいきませんが、かなりキープできる体質になってきています。

もちろん再発させないためには当院のスキンケアECプラスが必須です。

これがなければ湿疹再発、抗生物質継続は否めないでしょう。

専用のオンラインショップでお求めいただけます。

もちろんスキンケアとサプリメントだけで治るわけではないです。

正しい診断、適切な投薬治療があってこそです。

ただ、投薬治療だけではここまでの体質改善は不可能だったでしょう。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop