アポキルが効かない

  • HOME
  • アポキルが効かない

【差のつく皮膚病治療】フレブルとアポキルと+?

2017.05.22

こんにちは、フレンチブルドッグの痒みを伴う皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院四季の森どうぶつクリニックです。

暑い日が続いており、わんちゃんの皮膚トラブルも増えてきました。

今からケアを欠かさずつづけることで、いいシーズンにすることができますので、がんばっていきましょう。

それでは今日の症例です。

【症例】

 10歳 フレンチブルドッグ

【病歴】

 〇3年異常前から手先~腕を舐める皮膚病

 〇その他、お腹の皮膚炎、頚部~胸の皮膚炎

 〇過去の治療歴はステロイドの内服と外用薬

   ※ステロイド内服、1年365日のうち100日以上服用、3年以上継続

それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは正面から。

続いて、頚部~前胸部。

同じく前胸部の拡大、黄色の皮脂がびっしりと付着しているのがわかるでしょうか?

続いて、胸部、円形脱毛があり、湿疹があることがわります。

続いて、右前肢。

続いて、左前肢。

同じ部位の拡大をみてみましょう。

同じく左前肢の指先です。

それでは治療後と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

非常に綺麗になりました。

今回の治療にはアポキルを併用しましたが、腕を舐める症状と足先を舐める症状は改善しませんでした。

そのためアポキルに当院のサプリメントを併用したところ、写真のように非常にきれいな改善を認めました。

確かにアポキルは安全性も高く、非常に強力な痒みを抑える作用がありますが、すべての痒みを押さえるわけではありません。

当院のサプリメント、ヒーリングケアLFプラスはこういったアポキルが聞きにくい、特に四肢端や腕を舐めるわんちゃんの体質ケアに非常にお勧めです。

いくつかの商品がありますが、フレンチブルドッグのわんちゃんであれば、掻く・舐めるといった痒み治療のために開発されたスターターセットをお勧めします。

今回のわんちゃんでも、脂漏にはスキンケア、湿疹にはスキンケアECプラス、四肢端の舐める痒みにはヒーリングケアLFプラスと症状に適したケアを行って治療を成功に導くことができました。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop