アトピー・アレルギー

  • HOME
  • アトピー・アレルギー

トイプードルの手舐め・足舐め・腕噛みなどしつこい痒み

2018.06.04

トイプードルのアトピー・アレルギーなど、アポキルが効かない痒い皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

当院の高い治療成績を支えるの特徴の1つは「心因性の診断と治療」と考えています。

というのも心因性は数値化できる検査がないため、今の皮膚科診療から置き去りにされており、治療成績に差が出る原因疾患の一つになっています。

逆にいうと、この心因性掻痒症に取り組むことで治療成績は飛躍的に向上します。

今日紹介する症例はそんな典型的な心因性掻痒症のトイプードルのわんちゃんです。

【症例】

 トイプードル 4歳半 女の子 

【経過】

 〇1歳のころから痒み発症

 〇季節性はない

 〇ステロイドは少しだけ効果あり

 〇シクロスポリンによる改善効果はなかった

 〇一番痒みは足の裏を舐める(手舐め、足舐め)、2番目は腕を噛む&舐める

 〇鼻回りの痒み、目の痒み、耳はたまに

 〇背中も噛む

 〇食物アレルギー対策として病院療法食での食事療法継続中

それでは初診時の状態をみてみましょう。

続いて、頚部~前肢です。

続いて、右前肢の腕の内側です。

続いて、左前肢の腕の内側です。

続いて、右前肢端です。

続いて、右前肢端です。

続いて、背中です。

同じく背中のよく噛んでいる部位の拡大です。

続いて、後足の裏、左右です。

それでは初診時から約2か月後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

この写真では大きな変化がないように見えますね。

続いて、右前肢です。

元々赤みがつよくなかっためこの右前肢も変化はわかりにくいかもしれません。

続いて左前肢です。

この左前肢は赤みもなくなり、毛並みもよくなったのがわかると思います。

続いて、背中のその拡大です。

写真ではわかりにくいですが、噛みちぎって毛並みがわるかったものがきれいになりました。

もちろん背中の痒みはゼロになりました。

最後に両後肢に裏です。

綺麗に改善しました。

当院の症例の中では「見た目は重症ではない」のですが、ステロイドや免疫抑制剤を使用して改善しないというのは難治性の部類に入ると思います。

心因性の搔痒にはステロイド、アポキル、免疫抑制剤(シクロスポリン)といった一般的な皮膚科の治療薬での反応が悪く、心因性への直接的な投薬治療をしなければ改善しないままです。

もちろん心因性の痒みだけしかないわけではないため、治療は複数のアプローチを併用は必要です。

肝心の心因性に対する治療ですが、一つは当院が開発したリラックス系(心因性・癖対策)のサプリメント、ヒーリングケアLFプラスです。

初診時にアポキルとこのヒーリングケアLFプラスを処方しただけですが、2回目の診察までには痒みの大半は消失していました。

そしてアポキルとヒーリングケアLFプラスの2つで抑え切れなかった痒みに追加(初診時にすでに伝えていた予定通り)の処方を行い、ほぼすべての痒みが消失しています。

当院の症例報告で時々でてくるこのヒーリングケアLFプラスですが、アポキルとの相性が非常にいいです。

特にトイプードル、マルチーズ、ヨーキー、ポメラニアン、シーズー、チワワなどの小型犬腫の手舐め・足舐め・腕噛み・腰噛みにはかなり効果的です。

アポキルが多少きくけど、残った痒みに何かプラスというときにお勧めです。

このヒーリングケアLFプラスにはアトピーやアレルギーの緩和、免疫系への強化というメリットもあるため、毎日使うことでアポキルを減らすことができるわんちゃんはかなりいるのではないかと思います。

今回紹介したトイプードルのわんちゃんでもアポキルを併用しましたが、今は週2~3回の頓服的服用でほぼ痒みは落ち着いています。

適切な診断・投薬治療の上での使用をお勧めしていますので、お困りの方はぜひ当院を受診してください。

紹介したヒーリングケアLFプラスは当院のオンラインショップからお買い求めいただけます。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop