アトピー・アレルギー

  • HOME
  • アトピー・アレルギー

【0.1秒の診極め】原因不明の痒み~その後~

2017.10.14

トイプードルの痒みを伴う皮膚病治療に力を入れている皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

ちょうど1ヶ月前にトイプードルの皮膚病で「以前の病院で原因不明と言われた」というわんちゃんについて記事を書きました。

「治療後にこれだけよくなりました」ではなく、「今日来院されて、今日から治療します」という症例紹介でした。

 9月15日にUPしたブログ記事  【0.1秒の診極め】原因不明の痒み

心因性と診断し、2週間後、4週間後(先日)と受診していただき、予測通りの改善をみとめましたので治療後を紹介します。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

局所であるため、その拡大も比較して見ましょう。

右半身の大腿部外側にも同じような病変がありましたので、その比較も紹介します。

ガジガジとかじっていたため、局所的に毛がなくなっていましたが、4週間でほぼ100%の毛並みに戻りました。

前回の記事で書いたように診断は「心因性の痒み」です。

診断のための有効な検査は一切無く、「経験」だけです。

今回治療比較が4週間後の写真になっていますが、2週間後はどうだったのか?というと、ここが意外と興味深いポイントです。

実は2週間後の時点で飼主さまはこうおっしゃっていました。

「特にかわらず痒そう」

ただ、僕の診た目での診断は

「よくなってます。診断は心因性、方向性は変えず1種類お薬を増やしましょう」

でした。

その次の3回目の診察が上の写真の通りで、明らかな改善が認められています。

ポイントは3つ、

①初診時の診断
 原因が心因性の場合、その他の治療アプローチでの改善はほぼ見込めません。治療方針のブレをさけるためにも初診時に把握するのがベストです。

②押し切る治療方針
 飼主さまの見ていることと、獣医師が診察で診なければいけないポイントが必ずしも一致するとは限りません。そして治療方針が合っていることと、飼主さまの評価がリンクするとも限りません。
 飼主さまの「よくなっていない」という判断は一つの評価として受け止めますが、診るべきポイントを押さえると「改善している」と評価することは可能です。ブレてはいけません。

③微調整の手段を準備しておくこと
 今回は初診時にすでに「再診時に改善が不十分だったときの次のプラン」を用意していました。その改善のための治療プランが初診時の治療アプローチの変更ではなく、「追加治療」であることが初診時にわかっていることがとても重要です。

基本的で簡単なようですが、本当はかなり大変です。

それでは今回の治療で必須のサプリメントを紹介します。

 ヒーリングケアLFプラス

です。

トイプードル、シーズー、ヨークシャーテリア、ダックスなどのわんちゃんで非常によく使っています。

こちらの商品は以下のオンラインショップからお買い求めいただけます。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop