脱毛・アロペシアXの治療

  • HOME
  • 脱毛・アロペシアXの治療

【チワワの皮膚科専門外来】チワワに多い脱毛症

2017.10.07

チワワのアトピーや脂漏症の皮膚病治療に力をいれている皮膚科専門病院、四季の森どうぶつクリニックです。

チワワに起きやすい皮膚病といえば、アトピー、脂漏性皮膚炎、心因性皮膚病などがありますが、もう一つ大事な皮膚疾患があります。

それが脱毛症、珍しい皮膚病ではなく、かなりの症例数がいます。

当初は症状がなく生後数ヶ月から徐々に薄くなるため、飼主さま自身も異常に気づかないことが多く、相当数が見過ごされているのが現状です。

今日紹介するのは先日のチワワの脱毛症に続き、同じ脱毛症のわんちゃんです。

【症例】

 チワワ 2歳 男の子(去勢済み)

【経過】

 〇仔犬購入時から眉間に小さい円形脱毛があった。その円形脱毛が拡大していき初診時の状態に至る。

 〇額は一部被毛再生のあるところもある。

 〇耳介がガサガサしていて脱毛がみられる。

 〇痒みはない。

 〇過去の投薬歴:初診時の2ヵ月前から内服(カビのお薬)をスタートしている。

まずは全体からみていきましょう。

続いて、顔の右側。

続いて、右耳の耳介。

続いて、左耳の耳介。

続いて、後頭部。

続いて、頚部。

続いて、胸部。

それでは、この初診時から3ヶ月後の状態と比較してみましょう。
※画像をクリックすると拡大してみることができます。

頭部はまったく問題ないレベルまで改善しました。

頚部も初診時では地肌がみえるじょうたいでしたが、かなりフサフサの状態になってきました。

胸部はわかりにくいかもしれませんが、ほとんど無かった部位にも毛の再生がみとめられました。

写真にはありませんが、尾も太くなった(毛がふえた)ということです。

今回は頭部の脱毛症と、頚部・胸の脱毛症の原因がことなります。

また耳も少しだけ病態が異なります。

治療という側面ではある程度かぶるのですが、それぞれ「なぜ脱毛しているのか?」を把握していなければ綺麗な治療はできません。

初診時にゴールまでの軌跡を描いて治療プランを立てる必要があります。

今回の症例でも初診時に各部位での脱毛の原因を示し、予測どおりの治療結果をだすことができました。

四季の森どうぶつクリニック
平川

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop