湿疹・膿皮症

  • HOME
  • 湿疹・膿皮症

トイプードルの膿皮症治療

2017.03.24

トイプードルの皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

梅雨・・・・・・・昨年同様に雨の降らない梅雨ですね。

ただ気温があがってきて、湿疹の出やすい季節になっています。

さて、今日はそんな梅雨~夏に多くなる湿疹タイプの皮膚病、『膿皮症』の症例報告です。

【症例】

 トイ・プードル   7歳6ヵ月   男の子(去勢済)

【症歴】

 〇1年前から発症

 〇過去2件の動物病院で膿皮症と診断されるも改善されず

それでは初診時の状態をみてみましょう。

続いて、頚部です。

同じく頚部の湿疹の拡大です。

続いて、胸~腹部です。

同じく胸の湿疹の拡大です。

続いて、背中です。

同じく、背中の湿疹の拡大です。


同じく背中の湿疹の拡大です。

ほぼ全身に無数の湿疹がありました。

それでは8週間後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

湿疹はなくなり、非常に綺麗になりました。

当院での診断ですが、過去の2件の動物病院の診断と同じく「膿皮症」という診断です。

このタイプの場合は大きく分けて2つのことを考えます。

「できた湿疹を治す」ための治療法と、「できないようにする」ための治療です。

というのも、できた湿疹を治すための治療である抗生物質は、「湿疹ができる原因は治さない」からです。

簡単にいうと、「抗生物質を止めると再発する」です。

当院では治療と、再発予防の両方にアプローチできるようにしています。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop