脱毛・アロペシアXの治療

  • HOME
  • 脱毛・アロペシアXの治療

耳の先端でフケを伴う脱毛症「耳介辺縁皮膚症」

2016.10.02

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

看護師の協力を得れるようになってから症例報告が随分と楽になっています♪

今回は今まで掲載しなかったような症例も紹介しようと思います。

症例はチワワちゃん、耳の脱毛です。

元々通院されていたわんちゃんなので、初診ではありませんが「トラブルに気づいた最初の診察のとき」を紹介します。

特徴は耳の脱毛、特に辺縁でフケを伴って束になって抜け落ちます。

めずらしい皮膚病ではなく、結構よくあります。

診たことない先生はいないと思います。

進行すると激しい症状がでることもあるのですが、多くのわんちゃんで無症状ですし、「これが原因!」と特定することも困難なため、個人的には「攻め込みにくい皮膚病の一つ」でした・・・(苦笑)

長年しっくりくる「上手な治し方」を掴みきれていなかったのですが、最近は発症の原因を推測できるようになったり、治療成績も随分と高くなりなんとなく掴めた気がしています。

では、治療後と比較してみましょう。

おおよそ2~3ヶ月で改善が認められます。

最近治療したわんちゃんはみな予測どおりに改善したので、知り合いの先生にもコツを伝えてみました。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop